棋士

対局結果、明日対局

20日(月)のA級順位戦▲佐藤(康)九段戦は矢倉から力戦模様の将棋に。歩以外の駒がなかなかぶつからない将棋でしたが陣形の差で少しペースを握っていたようです。実戦は相手の飛車を奪って敵陣に打ち込んで一手勝ちを目指したのですが自玉の危険度を正確に把握できていなかったようで▲3三銀からいきなり寄りになってしまいました。

これでリーグ成績は4勝3敗に。挑戦の目は完全になくなったので勝ち越しで終えられるように残り2戦頑張りたいと思います。


明日から王将戦七番勝負第2局が行われます。対局場所は大阪府高槻市「山水館」。
初戦黒星で迎えた第2局です。連敗スタートになってしまうとだいぶ苦しくなってしまうのでなんとか悪い流れを食い止めるべく頑張ります。

毎日新聞ニュースサイト

将棋プレミアム

携帯中継
カテゴリ: 棋士

1/21 高崎六段戦

瀬川晶司のシャララ日記 - 水, 01/22/2020 - 22:41
<br />僕の後手でした。対三間飛車の戦型に。<br /><br />いろいろ駆け引きあって、こちらはエルモ囲いから居飛穴へ。<br /><br />やや指せる将棋かと思っていたのですが、相手からの端攻めの厳しさを見誤り苦しい終盤へ。<br /><br />最後は双方一分でこちらが詰むかどうかの勝負でしたが、29手詰を綺麗に詰まされました。<br /><br /><br /><br />4時間の将棋は夕食休憩が無いのですが、対局終わった途端お腹空いてることを思い出します。これは勝ち負け関係ないようです。<br /><br />途中お店寄る気にならず家帰ってうどんを食べました。<br /><br />来週は順位戦があります。気を取り直してまた頑張ります!<a name="more"></a>
カテゴリ: 棋士

明日対局

瀬川晶司のシャララ日記 - 月, 01/20/2020 - 12:45
<br />土日月と三日連続で朝日杯将棋オープン戦が<a href="https://abema.tv/now-on-air/shogi" target="_blank">中継</a>されています。<br /><br />作業の合間に観ていますが熱戦ばかりで惹き込まれました。やっぱり将棋が一番面白い。<br /><br /><br />明日は対局です。棋王戦で高崎六段と。<br /><br />このところの公式戦は3局連続順位戦でした(よく負けている証明になります)。<br />今年はこのようなことがないようにしたいものですが。<br /><br />いい将棋が指せるようベストを尽くして頑張ってきます!<a name="more"></a>
カテゴリ: 棋士

対局結果、明日対局

一昨日の朝日杯△阿久津八段戦は角換わりの将棋に。後手が右玉に構え先手がどう打開するかという将棋でしたが実戦の進行はあまりにも工夫が足りず簡単に形勢を損ねてしまい以下攻めが切れて敗戦。あまりにも見どころがなく恥ずかしい内容でした。

これで本戦の初戦敗退。来期は少しでも上を目指して頑張りたいです。


明日は対局です。A級順位戦7回戦相手は佐藤(康)九段。
4勝2敗で迎えた7回戦です。可能性はかなり低いですが挑戦者の目も残されてはいるので星を伸ばせるべく頑張りたいと思います。

名人戦棋譜速報

携帯中継
カテゴリ: 棋士

対局結果、明日対局

既報の通り王将戦第1局は負け、でした。
振り駒で後手番になり矢倉の将棋に。先手が早囲いを目指したのをみて急戦に出る形になりました。仕掛けてから再び駒組みに戻る展開で1日目の段階ではまずまず、と思っていたのがすでに甘かったようです。2日目早々に戦いに持ち込まれ玉形の不安定さが最後まで祟り最後は大差での終局になりました。

これで七番勝負は黒星スタートに。連敗スタートになってしまうとだいぶ苦しくなってしまうので第2局で離されないように頑張りたいと思います。


明日は対局です。朝日杯本戦相手は阿久津八段。
本戦の開幕戦です。対局開始は10時~で勝った場合は14時から行われる郷田九段ー行方九段戦の勝者と19時から対局という最近ではおなじみのシステムになっております。まずは午前中の対局に集中して頑張りたいと思います。

朝日杯将棋オープン戦中継サイト

AbemaTV

携帯中継
カテゴリ: 棋士

1月14日火曜日 京都、北大路魯山人展に行く

森信雄の日々あれこれ日記 - 水, 01/15/2020 - 00:45
 1月14日火曜日 京都に行く。私の大好きな北大路魯山人展に行く。  金太郎の背後にふーちゃんがいる?  芸術は当意即妙の連続‥ 権兵衛で親子どんぶりを食べる。写真家の西川先生に連れて行ってもらった店のひとつである。  喫茶店に入る。築地と言う店だった。昔のクンパルシータの店の並びである。  少し早めに帰宅する。  夕方からは個人指導2名だった。級位者研究会もあったが少ない。  北大路魯山人の芸術に触れて、少し元気になった‥
カテゴリ: 棋士

対局結果、明日対局

一昨日の叡王戦▲渡辺三冠戦は矢倉力戦の将棋に。序盤早々に位を取られてから駒組みが窮屈になり徐々に模様が悪くなりました。本譜は穴熊に組んで実戦的にチャンスを待たざるを得ませんでしたがスピード勝負できっちり見切られてしまい敗戦。駒組みの軽率さが仇になってしまう結果になりました。

これで叡王戦ベスト8で敗退。来期はさらに上を目指して頑張りたいと思います。


明日から大阪王将杯王将戦が開幕します。第1局の対局場所は静岡県掛川市「掛川城二の丸茶室」。
挑戦が決まってから1ヶ月半以上たちましたがあっという間にこの日が来たという感じです。自分自身の調子はいいとは言い難いですが、シリーズを戦っていくうちに少しでも上向くべく頑張るよりありません。掛川城での開幕は近年の定番になっていて掛川市もあまり訪れたことがないのでその辺りも楽しみにしたいと思います。

毎日新聞ニュースサイト

将棋プレミアム

携帯中継
カテゴリ: 棋士

1/9 山本(博)四段戦

瀬川晶司のシャララ日記 - 金, 01/10/2020 - 13:42
<br />僕の先手でした。対三間飛車の戦型に。<br /><br />三間飛車は相手の得意戦法でもあり、予想された戦型でした。<br /><br />ただ途中向飛車にスイッチされて、思っていた展開とは異なりましたが、これはよくあることです。<br /><br />難しい将棋でしたが、こちらのほうが駒の働きがよかった分、僅かに指せていたようです。なんとか勝つことができました!<br /><br /><br />これで順位戦は4勝4敗となりました。指し分けに戻せたのは嬉しいです。<br /><br />新年いいスタートが切れました。この調子で次も頑張ります!<a name="more"></a>
カテゴリ: 棋士

対局結果、明日対局

昨日の王位戦△阿部(健)七段戦は一手損角換わりの将棋に。中盤辺りから少しペースを握っていたように感じていて実際にその判断は間違ってなかったと思うのですが決めるとなると大変で実戦心理として少し焦りがあったように思います。本譜の進行は攻めが頓挫してしまいいきなり劣勢になり、秒読みの中チャンスが来ていましたがとらえることができず敗戦となりました。

これで久しぶりのリーグ入りを逃す結果に。押している局面が長かっただけに残念ですが、これも実力なので仕方ありません。気持ちを切り替えて頑張ります。
感想戦は難解な終盤の変化を検討しているうちにいつの間にか2時間経過していていました。最近は1時間未満のことがほとんどで久しぶりにみっちり感想戦をした気がします。昨日の将棋は相手玉が自陣のほうまできて双玉形になったこともあって詰将棋でいう「逆王手」の変化が出るなど珍しい筋が多かったです。


明日は対局です。叡王戦本戦相手は渡辺三冠。
ベスト4入をかけた一戦です。渡辺三冠はもうまもなく開幕する王将戦のタイトル保持者でもあるのでいわゆる前哨戦になります。15時対局開始で持ち時間がチェスクロックの3時間ということでタイトル戦とはだいぶ設定が異なりますが与えられた条件で最善を尽くせればと思います。

ニコニコ生放送

携帯中継
カテゴリ: 棋士

明日対局

瀬川晶司のシャララ日記 - 水, 01/08/2020 - 15:07
<br />4日に連盟フットサル部。正月明けだからかいつも以上にキツかったです(笑)<br /><br />5日に指導将棋で仕事始め。<br /><br />6日は指し初め式。快晴でポカポカ陽気でした。この日のように将棋界も明るい一年になりますように。<br /><br /><br />そして明日は対局です。C級2組順位戦で山本(博)四段と。<br /><br />新四段の山本くんは昔からお世話になっている小倉さんの愛弟子です。研究会も一時期一緒でした。<br />明るく誰にでも好かれる性格で人気棋士になっていくと思います。<br /><br />新年いいスタートが切れるようベストを尽くして頑張ってきます!!<a name="more"></a>
カテゴリ: 棋士

教室日記 1月5日

ちゅう太ブログ(上野裕和) - 月, 01/06/2020 - 20:55
本年もよろしくお願いいたします。 【入門クラス】 講座のテーマは「受けの基本」。 受けとは何かから始まり、 「玉を詰まされないように受ける」 「駒を取られないように受ける」 「と金を作られないように受ける」 の3つをじっくりと解説しました。 指導対...
カテゴリ: 棋士

謹賀新年、明日対局

新年あけましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。
今年は例年同様に実家に帰ったりとのんびりしていましたが、来週から王将戦七番勝負が開幕するということもあって気持ちの面ではオフにならないようにしていました。開幕前に対局が2局あってその後もコンスタントに対局が組まれているので本格的に始動といきたいところです。



明日は対局です。王位戦予選相手は阿部(健)七段。
予選の決勝でリーグ入りをかけた一番です。王位リーグからは近年遠ざかっていますので久しぶりのリーグ入り目指して頑張りたいと思います。

携帯中継
カテゴリ: 棋士

奈良に行く 1月4日土曜日

森信雄の日々あれこれ日記 - 土, 01/04/2020 - 22:58
 1月4日土曜日  朝早く出て奈良に行く。奈良国立博物館の、文化財写真の軌跡「法隆寺金堂壁画ガラス原版」を観に行くためである。 混雑を避けて早く家を出る。  久しぶりの奈良である。 鹿せんべいを買って、できるだけもらえそうにない鹿を探す?がすぐに捕まる。   昔よりも鹿が多い気がした‥外国人観光客も多いなあ 博物館の展示を見て回るが、興味深々ながらもすぐにへばる‥普段は縁遠いジャンルながら、歴史の深さをすこしだけ味わえた‥(小学生並みの感想だ) 鹿の戯れの世界に戻る 昼食は百楽に行く。スープとシューマイとチャーハンでお腹がいっぱいになる 混まないうちに大阪の難波に戻り、丸福珈琲店に行く。  名物のホットケーキを食べる  遠巻きながら?文化に触れた気がして、いい一日だった。
カテゴリ: 棋士

明日対局、対局予定(13日まで)

渡辺明ブログ - 金, 01/03/2020 - 13:04
明けましておめでとうございます。明日4日から対局が始まりますが、日程が詰まっていて対局毎に振り返りを書くのが難しいので、次回更新は下記対局が終わってから15日(水)以降にします。 4日(土)A級順位戦7回戦、稲葉八段戦。 名人戦棋譜速報 Abema TV(解説...
カテゴリ: 棋士

あけましておめでとうございます

瀬川晶司のシャララ日記 - 金, 01/03/2020 - 11:49
新年あけましておめでとうございます。<div><br><div>今日はいい天気ですねー布団干しつつ、のんびりAbemaの新春オールスター麻雀大会を観ながら賀状の返事書いてます。ダイチくん強いなーさすが最強位。あくまで今のところですけど。</div><br /><div>初詣行ってきました!</div><div>混雑を避けて、いつもは三が日過ぎた頃なのですが、珍しく元旦に行きました。甘酒の振る舞いもあっていい年明けでした。おみくじは末吉でしたが自分にとっていい事書いてありました。心したいと思います。</div><div><a href="https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/004/959/33/N000/000/000/157801899839155612531.jpeg" target="_blank"><img alt="DCDDEF7E-EDC2-4FEC-BB2E-2E35DBFE6BD5.jpeg" src="https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/004/959/33/N000/000/000/157801899839155612531-thumbnail2.jpeg" width="640" height="480" onclick="location.href = 'https://segawa-challenge.at.webry.info/upload/detail/004/959/33/N000/000/000/157801899839155612531-thumbnail2.jpeg.html'; return false;" style="cursor:pointer;" /></a><br></div><br /><div>目標は月並みですが健康第一で。王位を見習って体力作りもしていきたい。ただジョギングは苦手なので(笑)水泳などで頑張ります。</div><br /><div>あとは自分で決めたやるべき事をちゃんとやって、後悔少ない一年にしたいと思います。</div><br /><div>今年も本ブログともども宜しくお願いします。</div><div>皆様にとって健やかな一年でありますようお祈り申し上げます。</div><br /><br /><br /></div><a name="more"></a>
カテゴリ: 棋士

2020年元旦の日記

森信雄の日々あれこれ日記 - 水, 01/01/2020 - 22:55
   元旦の朝は早く目を覚ましたので、表に出るといい朝焼けだった。11時に親戚の集まりで食事をする。義母の喪中なので静かに過ごす。  午後に満願寺に向かう。お寺の初詣はいいらしいのと、義母のおおらかかな笑顔が浮かんで「いいんじゃないの、行ってらっしゃい」と言ってくれそうである‥  夕方は少し休み、家族で夕食の後はレンタルDVDで「名もなく貧しく美しく」を見る。ラストシーンは心が重くなったが、自分の心が弱くなったせいもあるかなあ‥  自分を励ます意味で、昨日の紅白で聞いた、たけしの「浅草キッド」をYoutubeで聞き直した‥  昨年は呑気な自分にもきつい一年だったが、今年もあまりいい方向には向かわないかなあと、いつもながら悲観的居直りの心情である。私の場合は内面で考えるといつも暗い思考なので、何も考えないで!子ども達への指導対局や、創作など仕事三昧の日々にしたいなあと思う。  本年もよろしくお願いします。
カテゴリ: 棋士

園田競馬 指導対局会 12月29日

森信雄の写真あれこれ - 火, 12/31/2019 - 00:24
 年末のイベント「園田競馬指導対局」が12月29日に開かれた。    ふーちゃん背伸びする    金太郎が偵察に来る?    朝日がまぶしい‥力が湧いてくる      昨年から室内で開いている。寒さに震えながら外のテントでやるのも風情があったが...
カテゴリ: 棋士

よいお年を

瀬川晶司のシャララ日記 - 月, 12/30/2019 - 16:18
<br />年末ですね。仕事も雑用も終えていまは実家でのんびりしています。<br /><br />今年を簡単に振り返ります。<br /><br />対局に関すると4月~12月までの成績は8勝12敗の負け越し。特に若手にはほとんど勝てず。作戦も迷走していたように思います。<br /><br />必然的に対局も少なく、12月対局は順位戦1局のみでした。おかげで今月は忘年会で忙しかったです(笑)その分リフレッシュはできましたが。<br /><br />竜王戦5組に残留できたのがせめても救いで墜落を必死に避ける低空飛行の一年でした。改善箇所は分かっているのでなんとか修正して来年は巻き返していきたいと思います。年末は対局で忙しくなりたいものです。<br /><br />対局以外だと?と考えたところ、仕事はコンスタントにさせて頂きましたが、地方遠征は岡崎、静岡ぐらいで遠出は例年になく少なかったような。大きなことは3月にNECとの所属契約が終了したことでしょうか。NECには長い間、面倒見ていただき感謝しかありません。<br />もっとも現在もNEC将棋部師範や、その他イベント等でお手伝いもさせて頂いているので、関係はそんな変わっておらず、相変わらずお世話になっています。<br /><br />嬉しいことは11月末に映画「泣き虫しょったんの奇跡」DVD&ブルーレイ発売されたことです。色々ありましたがこうして形になって本当によかったなと。正月はゆっくり映画を観返そうと思います。ご購入頂いた方々本当にありがとうございました!<br /><br />ブログご覧の皆さま、更新少なくて申し訳ないですが今後も続けていくつもりですので<br />来年もどうぞ宜しくお願いします。よいお年をお迎えください!<a name="more"></a>
カテゴリ: 棋士

対局結果

昨日の叡王戦△塚田九段戦は角換わり腰掛け銀の将棋に。先手は流行の▲4八金▲2九飛型、後手は最近では珍しい△5二金△8一飛型ということでやや古い形になりました。仕掛けのところは前例もあり、後手の△6五桂に対して▲7三角が工夫の一手で駒損ながら攻めが続く形になりペースを握っていたようです。実戦も攻めがつながり勝ちになりました。

これで叡王戦はベスト8進出です。次の相手は渡辺三冠と強敵ですが頑張りたいと思います。
この対局が将棋界全体でみても年内の指し納めになったようです。29日に対局が入ることはレアケースですが、これは私の対局日程が最大であった場合を考慮してのことと思われます。実際は竜王戦の番勝負も5局目で終わってしまい、棋王戦の方も挑戦者決定戦に勝ち上がれずと12月は大きな勝負に結果を出せない月になってしまいましたが、叡王戦や王位戦など年明け以降に楽しみを残せたのはプラスの材料なのでモチベーションをしっかり保って年を越せそうです。


このブログも年内最後の更新になりそうです。相変わらずの更新頻度で来年は対局以外のことをなるべく多く書くようにしたいと思います。それでは良いお年をお迎えください!
カテゴリ: 棋士

良いお年を。

渡辺明ブログ - 月, 12/30/2019 - 10:18
カーリングの翌日は桐生競艇場へ。桐生競艇はマンガ「モンキーターン」で赤城おろしが吹く中での激戦が印象的で来てみたいと思っていた場所です。この日は穏やかな気候でしたが、それでも時折、冷たい風が吹いていました。 競艇場でレースを検討しながら、中央競馬の...
カテゴリ: 棋士