棋戦中継

対局開始前

竜王戦中継plus - 木, 11/26/2020 - 09:23

(記録係の小高悠太郎三段が準備を進める)
(羽生九段は8時47分の入室)

(豊島竜王は8時50分に姿を見せた)

(駒を並べ終え、対局開始を待つ)

カテゴリ: 棋戦中継

対局開始

竜王戦中継plus - 木, 11/26/2020 - 09:09

9時、定刻どおりに対局が始まりました。
(先手の豊島将之竜王)
(後手の羽生善治九段)

(対局開始直後)

カテゴリ: 棋戦中継

1日目動画中継情報

竜王戦中継plus - 木, 11/26/2020 - 07:51

対局1日目に関する動画中継のご案内です。

■将棋プレミアム

【第33期竜王戦七番勝負第4局1日目】
https://www.igoshogi.net/shogipremium/live/live_info.html?live_id=194e42e79abe30ff34becfb226038344
<日時>11月26日(木) 8時50分開始
<出演>なし

■AbemaTV

【第33期竜王戦七番勝負第4局1日目】
https://abema.tv/channels/shogi/slots/ELuqfLb2ZCFPWw
<日時>11月26日(木) 8時30分から18時50分まで
<出演>中村修九段、近藤誠也七段、村田智穂女流二段、安食総子女流初段

カテゴリ: 棋戦中継

1日目スケジュール

竜王戦中継plus - 木, 11/26/2020 - 07:51

おはようございます。竜王戦第4局は、対局1日目の朝を迎えました。本日のタイムスケジュールは以下のとおりです。午前、午後のおやつは両対局者の控室に運ばれます。

9:00 対局開始
10:00 おやつ
12:30 昼食休憩
13:30 対局再開
15:00 おやつ
18:00 封じ手

(現地の朝は晴れ)

カテゴリ: 棋戦中継

検分

竜王戦中継plus - 水, 11/25/2020 - 17:16

検分は16時57分から始まりました。大きな問題なく、5分ほどで終了しています。

(豊島将之竜王)
(羽生善治九段)
(空調や陽の入り具合を確認する)

(問題なく終了した)

以上で本日のブログ更新を終了します。対局は明日9時開始です。お楽しみに。

カテゴリ: 棋戦中継

歓迎レセプション

竜王戦中継plus - 水, 11/25/2020 - 16:31

関係者が鹿児島に降り立ったあと、歓迎のイベントが行われました。
(歓迎の横断幕。鹿児島の方言で「ようこそおいでくださいました」の意)
(羽生九段と立会人の藤井猛九段。豊島竜王は陸路での移動のため、後ほど合流した)
(武将隊との記念撮影)

(豊島竜王も合流して、指宿市立今和泉小学校にて歓迎イベントが行われた)
(児童から花束を受け取る対局者)

カテゴリ: 棋戦中継

第4局は鹿児島指宿市「指宿白水館」にて

竜王戦中継plus - 水, 11/25/2020 - 16:08

豊島将之竜王に羽生善治九段が挑戦する第33期竜王戦七番勝負は、豊島竜王が2勝、羽生九段が1勝で、第4局を迎えました。豊島竜王が初防衛にあと1勝と迫るか、羽生九段が成績を五分に戻すか。注目の第4局は11月26日(木)、27日(金)に鹿児島県指宿市「指宿白水館」で行われます。
対局は9時開始。先手は豊島竜王。持ち時間は各8時間。昼食休憩は12時30分から13時30分まで。1日目の18時を過ぎた時点で、手番側が次の一手を封じ、翌日の9時から指し継がれます。
本局の立会人は藤井猛九段、新聞解説は飯塚祐紀七段、記録係は小高悠太郎三段(所司和晴七段門下)、観戦記の執筆は小暮克洋さんがそれぞれ務めます。また、大盤解説会の解説は佐々木勇気七段、聞き手は貞升南女流初段が担当します(事前申し込み制、完売)。

【主催:読売新聞
【特別協賛:野村證券
【協賛:東急グループ
【協賛:株式会社UACJ
【協賛:旭化成ホームズ株式会社
棋譜中継ページ

インターネット中継は棋譜・コメント入力を飛龍記者、ブログを武蔵が担当します。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

カテゴリ: 棋戦中継

歓迎の夕べ(4)

竜王戦中継plus - 水, 11/11/2020 - 23:56

(豊島竜王とステージに登壇した飯島栄治七段、藤井奈々女流初段。今期の第3局を振り返った)

(自身が採用する戦型でもあり、興味津々で豊島竜王に質問をぶつける飯島七段。飯島七段は読売新聞解説を予定していました)

(藤井女流初段は第3局は現地大盤解説の聞き手を担当していました。福島対局は読売新聞観戦記を執筆する予定でした)

福島からの中継ブログの更新は以上で終了いたします。

カテゴリ: 棋戦中継

歓迎の夕べ(3)

竜王戦中継plus - 水, 11/11/2020 - 23:36

(急遽、福島入りした佐藤康光・日本将棋連盟会長。立会人を務める予定だった島朗九段と竜王戦について語る)

(初代竜王の島九段。竜王戦にまつわるクイズも出題した)

(佐藤康九段は、第6期の竜王)

カテゴリ: 棋戦中継

歓迎の夕べ(2)

竜王戦中継plus - 水, 11/11/2020 - 23:01

(長谷川由紀・読売新聞東北統括本部長は「羽生九段が1日も早く回復され、万全の体調で次回対局が行われることを期待しております」とあいさつ)

(日本将棋連盟常務理事の森下卓九段は羽生九段のコメントを代読しました)

羽生九段のコメントは下記のリンクに掲載してあります。
【第33期竜王戦七番勝負第4局延期のお知らせ】
https://www.shogi.or.jp/news/2020/11/334.html

(中川俊哉・福島民友新聞社代表取締役社長は「日本将棋連盟会長の佐藤康光九段も急遽、駆けつけてくれて、ファンの皆さんと懇親を深めたいということで、楽しい会にしていきたいと願っております」と話しました)

(鈴木正晃・福島県副知事は「福島は来年の3月で、震災から10年になります。国内外の皆さんの温かいご支援によって、福島も少しずつ元気を取り戻しています」と歓迎の言葉)

カテゴリ: 棋戦中継

歓迎の夕べ(1)

竜王戦中継plus - 水, 11/11/2020 - 22:06

開催予定だった福島市「吉川屋」で18時から「歓迎の夕べ」が開催されました。

(ステージに和服で登壇した豊島竜王)


「本日は多くの方にお集まりいただきまして、ありがとうございます。今回は対局をお見せすることができず残念に思っていますし、申し訳なく思っています。この会に参加していただいている方には、少しでも楽しんでいただきたいと思いまして、明日からの対局で着る予定だった和服を着てきました。このあとは竜王戦のこれまでの解説をして、皆さまに楽しんでいただければと思います。体調不良は誰にでも起こることですし、羽生九段の1日も早い、体調の回復をお祈りしていますし、自分自身も気をつけていかねばと思っています。福島の温泉やフルーツを楽しみにしてきましたので、英気を養って、次の対局に向けて頑張っていければと思います。最後になりますが、長く主催していただいている読売新聞社さま、特別協賛の野村ホールディングスさま、また協賛企業の方や第4局の開催にご尽力いただいた方に、厚く御礼申し上げます」

カテゴリ: 棋戦中継

第4局延期のお知らせ

竜王戦中継plus - 水, 11/11/2020 - 16:26

11月12、13日(木、金)に、福島県福島市「吉川屋」で行われる予定だった第33期竜王戦第4局は、挑戦者の羽生善治九段が体調不良を訴えたため、延期することが決定しました。
第4局は11月26、27日(金) 鹿児島県指宿市「指宿白水館」で行われる予定です。
詳細は下記にてご確認ください。

【第33期竜王戦七番勝負第4局延期のお知らせ】
https://www.shogi.or.jp/news/2020/11/334.html

 
カテゴリ: 棋戦中継

感想戦

竜王戦中継plus - 日, 11/08/2020 - 21:29

 
以上で第3局のブログ中継を終了致します。ご観戦いただきまして、誠にありがとうございました。
第4局は11月12・13日(木・金)に福島県福島市「穴原温泉 吉川屋」で行われます。本局同様、そちらにもご期待ください。それでは失礼致します。

カテゴリ: 棋戦中継

局後インタビュー

竜王戦中継plus - 日, 11/08/2020 - 20:18

【豊島将之竜王】

――相掛かりの将棋でした。封じ手のあたりではどう考えておられたか。
「封じ手は▲9五同歩だと思いました。52手目△5六歩まで考えていて、そこで形勢がよく分からなかったです」

――98手目△2六香のあたりは。
「その前のところは予想していたより先手玉が安定してしまったので、失敗してしまったのかと思いましたけど、104手目△2五歩と突くところまで進むと先手玉を危なくできたので……形勢は分かりませんが、少し前と比べれば難しくはできたと思います。ただそのあと、おそらく112手目△2一香と打ったところは寄せ間違えたかもしれません」

――終盤は際どい勝負でした。勝ちを意識されたところは。
「詰みを発見したところです。162手目△4二歩のところは何かあったとは思うのですが」

――2勝1敗とリードしました。
「次局がすぐにありますので、コンディションを整えて頑張ります」

【羽生善治九段】

――本局を振り返って。
「終盤は何かあったかもしれません。ただ分からなかったですね」

――98手目△2六香あたりは豊島竜王がよいと控室でいわれていましたが、そのあと羽生九段が逆転したとの見解もありました。
「そうですね、難しくはなっていると思いましたが。攻められたときの応接に問題があったのかもしれません」

――次局に向けて。
「変わらず、大切に対局をしたいと思います」

カテゴリ: 棋戦中継

終局直後の様子

竜王戦中継plus - 日, 11/08/2020 - 20:12

(接戦を制した豊島竜王)

(羽生九段は逆転しきれなかった)

(感想戦前に主催者インタビューが行われた)

カテゴリ: 棋戦中継

豊島竜王が第3局を制す

竜王戦中継plus - 日, 11/08/2020 - 19:54

七番勝負第3局、▲羽生善治九段-△豊島将之竜王戦は、19時51分、172手で豊島竜王の勝ちとなりました。消費時間は▲羽生7時間59分、△豊島7時間58分。
これで七番勝負は豊島竜王2勝、羽生九段1勝となりました。第4局は11月12、13日(木、金)に、福島県福島市「吉川屋」で指されます。

カテゴリ: 棋戦中継

豊島竜王が押し切ったか

竜王戦中継plus - 日, 11/08/2020 - 19:49

羽生九段が最後の反撃に出ましたが、以下△5三同歩の瞬間に先手玉に詰めろが掛かるのではないかと控室ではいわれています。代えて▲5三桂でも△同歩で、先手玉に詰めろが掛かるといわれていました。

(激しい攻防。ついに終局の時が近づいたようだ)

カテゴリ: 棋戦中継

わずかに後手が抜け出した

竜王戦中継plus - 日, 11/08/2020 - 17:41

 以下▲3六飛に△2五歩が味のよい突き出しだと調べられ、控室では「妙手順だ」との声が上がっています。どこもかしこも駒がぶつかる難解な局面ではありますが、棋士目線では豊島竜王持ちのようです。

(少し前の大盤解説会では、宮本五段が眉間にシワを寄せて考えていた)

カテゴリ: 棋戦中継

嵐山(3)

竜王戦中継plus - 日, 11/08/2020 - 17:00

(渡月橋のすぐ下をのぞいてみた)

 (こちらは桂川右岸)

(昼に屋形船があったあたりの日暮れ模様)

カテゴリ: 棋戦中継

激化の予感

竜王戦中継plus - 日, 11/08/2020 - 16:37

16時台、徐々に両者の着手ペースが上がってきました。この▲2八玉は次に▲3五角△同角▲同飛と角交換をしたとき、以下△6五銀▲同銀△5七角が王手飛車取りにならないように3九玉型を回避した意味です。


「先手は次に▲3五角△同角▲同飛としたあと、▲8三角と打ち込むといった明確な狙いがあります。美濃囲い対居玉という模様なので、堅さを主張に戦えます。対する後手はそうされないよう、何とか動いていきたいですよね。進行の一例は、現局面から△6五銀▲同銀△9九角成▲7七角△同馬▲同金に△3四香(変化図)から先手玉のコビンを攻めてどうかです。その前に△1五歩▲同歩を利かすかなどは考えます」(畠山鎮八段)

いずれにせよ、そろそろ本格的に駒がぶつかってきそうです。

カテゴリ: 棋戦中継