棋戦中継

ファンの前で

竜王戦中継plus - 水, 12/05/2018 - 20:04

インタビューに答えた両対局者は大盤解説会の会場に移動し、ファンの前で一局を振り返るとともに、第6局に向けての抱負を語りました。

カテゴリ: 棋戦中継

終局直後

竜王戦中継plus - 水, 12/05/2018 - 19:03

■羽生善治竜王

――3勝2敗となり、タイトル通算100期まであと1勝となりました。
羽生 目の前の対局に集中していたので、あまり意識していませんでした。
――本局は矢倉になりましたが。
羽生 作戦でした。形勢判断が微妙な感じが、ずっと続いていたと思います。ずっとはっきりしないと思ってやっていました。
――勝ちを確信されたのは。
羽生 ▲3五歩(127手目)と打ったところで、初めてよくなったんじゃないかなと思いました。
――第6局に向けての抱負をお願いします。
羽生 しっかり調整して、いいコンディションで次の対局に向かいたいと思います。

■広瀬章人八段

――一局を振り返っていかがでしょうか。
広瀬 あまり類型のない将棋だったと思います。▲2七角(49手目)と打たれて意表を突かれて、そこから守勢に立たされる展開になってしまったので、ちょっとずつ模様が悪いかなと思っていました。
――第6局に向けての抱負をお願いします。
広瀬 あとがなくなってしまったのですが、次はもう少し内容のいい将棋にできればと思っています。

カテゴリ: 棋戦中継

羽生竜王が3勝目を挙げる

竜王戦中継plus - 水, 12/05/2018 - 18:46

第31期竜王戦七番勝負第5局は、139手で羽生竜王が制しました。終局時刻は18時42分。消費時間は▲羽生7時間53分、△広瀬7時間26分。これにより、シリーズ成績は羽生竜王の3勝2敗に。竜王防衛まであと1勝となりました。第6局は12月12日(水)、13日(木)に、鹿児島県指宿市「指宿白水館」で指されます。

カテゴリ: 棋戦中継

驚きの一段金

竜王戦中継plus - 水, 12/05/2018 - 17:32

羽生竜王は24分使って▲7一金打(97手目)と敵陣一段目に金を打ちました。働きが悪いので、一般的には筋悪とされる金です。控室にも動揺が走りました。しかし、▲3一角という厳しい手を狙って受けにくい攻めのようです。大盤解説会では渡辺明棋王が「いよいよ後手が困った気がします。これはもうすぐ終わりますよ」と話していました。羽生竜王、会心の寄せとなるでしょうか。

カテゴリ: 棋戦中継

決め手があるか

竜王戦中継plus - 水, 12/05/2018 - 17:02

広瀬八段が△4四銀打(96手目)と受けた局面で、羽生竜王が時間を使っています。控室では田中寅九段と千葉七段が検討中。田中寅九段は当初「私は粘れません」と話していましたが、検討を進めて「容易ではない」と風向きが少し変わってきました。ここから▲5二金△同玉▲7二角△5五角▲7七歩△2一飛▲5四銀と後手玉に迫ってよしという話でしたが、そこで△7六桂(参考図)の一発があります。

この桂を▲7六同銀と取ると、△5四銀▲同角成△8四飛で王手馬取りがかかって事件です。先手に決め手はあるでしょうか。

カテゴリ: 棋戦中継

絶妙の3手1組

竜王戦中継plus - 水, 12/05/2018 - 16:17

羽生竜王が絶妙の手順を見せました。広瀬八段が△3一金(84手目)と引いて竜に当てたところで、▲3三桂△4二玉▲7六銀(87手目)が妙手順です。

王手をかける▲3三桂は「形を決めて損」という類の手に思えるのですが、竜にヒモをつけたことで▲7六銀と歩を払う余裕が生まれました。先手は△2一金と竜を取られても、▲同桂成で次に▲3一角という厳しい狙いが残ります。戻って、△3一金には▲1一竜~▲2三桂が自然な攻めに見えるだけに、意表の順でした。

現地大盤解説会には渡辺明棋王が登場。この▲3三桂~▲7六銀について「控室ではまったく見えていませんでした。さすが羽生さんという視野の広さが出ている、プロが感心する3手1組です」と絶賛していました。検討陣の見解は「先手よし」に傾いています。

カテゴリ: 棋戦中継

2日目午後のおやつ

竜王戦中継plus - 水, 12/05/2018 - 15:01

15時、おやつが出されました。羽生竜王は「セル・ノワゼット」、丸柚餅子、オレンジジュース。広瀬八段は「セラヴィ」、加賀紅茶。「セル・ノワゼット」は珠洲の揚げ浜塩入りの塩キャラメルを使い、レモンのコンフィチュールとヘーゼルナッツを合わせたパウンドケーキ。「セラヴィ」はピスタチオ、ベリー、ホワイトチョコレートムースを使ったケーキです。

カテゴリ: 棋戦中継

のとじま水族館

竜王戦中継plus - 水, 12/05/2018 - 14:20

加賀屋からバスで約30分、能登島に渡ると石川県唯一の水族館「のとじま水族館」があります。約500種4万点の海の生物を観察でき、イルカショーやペンギンの散歩、ラッコの食事などのイベントを楽しむことができます。

カテゴリ: 棋戦中継

2日目対局再開

竜王戦中継plus - 水, 12/05/2018 - 13:48

再開時刻の13時30分を過ぎてから、広瀬八段、羽生竜王の順で対局室に戻りました。広瀬八段はいつものポーカーフェイス。羽生竜王は集中した様子で盤上に視線を走らせていました。

カテゴリ: 棋戦中継

2日目昼食休憩

竜王戦中継plus - 水, 12/05/2018 - 12:38

12時30分、羽生竜王の手番で昼食休憩に入りました。消費時間は▲羽生竜王5時間16分、△広瀬八段5時間29分。昼食は羽生竜王が能登前寿司、広瀬八段が能登牛カレーライス。能登前寿司のネタには冬の味覚、ナマコが使われています。対局は13時30分に再開されます。

カテゴリ: 棋戦中継

渡辺明棋王が来訪

竜王戦中継plus - 水, 12/05/2018 - 09:39

9時25分、控室に渡辺明棋王が来訪しました。渡辺明棋王は竜王11期、永世竜王の有資格者です。千葉七段と継ぎ盤を挟んで検討を始めます。「封じ手は意外でしたけど、広瀬さんはこれでバランスが取れていると見ているんでしょうね」と話していました。

カテゴリ: 棋戦中継

封じ手開封

竜王戦中継plus - 水, 12/05/2018 - 09:30

1日目の指し手再現が終わると、田中寅九段が封筒にはさみを入れて封じ手を読み上げました。広瀬八段の封じ手は飛車を浮く△8四飛。前日の予想にはまったく挙がっていなかった手でした。

カテゴリ: 棋戦中継

指し手再現

竜王戦中継plus - 水, 12/05/2018 - 09:25

8時42分に広瀬八段が、8時47分に羽生竜王が入室。2人は駒を並べ、記録係の滝口初段の読み上げに従って1日目の指し手を再現しました。

カテゴリ: 棋戦中継

2日目動画中継

竜王戦中継plus - 水, 12/05/2018 - 08:23

ニコニコ生放送

開始

 開場8時50分 開演9時

解説・聞き手

 深浦康市九段、安食総子女流初段

AbemaTV

開始

 8時30分~

解説

 屋敷伸之九段、及川拓馬六段

聞き手

 竹部さゆり女流三段、香川愛生女流三段

将棋プレミアム

開始

 8時45分~

解説・聞き手

 塚田泰明九段、内田晶(観戦記者)

カテゴリ: 棋戦中継

2日目スケジュール

竜王戦中継plus - 水, 12/05/2018 - 08:23

第5局、2日目の朝を迎えました。現地は曇り。風があり、海面に白い波が見えます。

■2日目スケジュール

 9:00 封じ手開封
 10:00 おやつ
 12:30~13:30 昼食休憩
 15:00 おやつ

カテゴリ: 棋戦中継

大盤解説会情報

竜王戦中継plus - 火, 12/04/2018 - 21:00

■現地

現地の加賀屋では2日目の5日に大盤解説会が予定されていましたが、好評につき、1日目の開催が決まりました。2日目の受付は終了しています。

日時

 12月4日(火)10時30分~
 12月5日(水)9時30分~ ※受付終了

場所

 和倉温泉 加賀屋 コンベンションホール「白鳳」

料金

 2,000円 当日受付

解説

 三枚堂達也六段、頼本奈菜女流1級

問い合わせ

 和倉温泉 加賀屋 TEL:0767-62-1111

■新橋西口SL広場

日時

 12月5日(水)18時開始

場所

 新橋西口SL広場前

料金

 無料

出演

 富岡英作八段、藤森哲也五段、藤森奈津子女流四段

問い合わせ

 新橋商事株式会社 メディア事業部 TEL:03-3503-7339

■東京・将棋会館

日時

 12月5日(水)15時30分開場 16時開始

場所

 将棋会館2階研修室

入場料

 一般 2,000円ほか

解説

 中原誠十六世名人、小倉久史七段

問い合わせ

 日本将棋連盟 道場 TEL:03-3408-6167

■関西将棋会館

日時

 12月5日(水)16時30分受付 17時開始

場所

 関西将棋会館2階道場

料金

 一般 1,500円(道場入場者1,000円)ほか

解説

 桐山清澄九段、藤井奈々女流2級

カテゴリ: 棋戦中継

封じ手予想

竜王戦中継plus - 火, 12/04/2018 - 18:38

田中寅九段、千葉七段、三枚堂六段に封じ手を予想してもらいました。本命手は三棋士とも(1)△6二金(予想図1)。5三の地点を厚くしつつ△5一飛と回る手を作って、先手からの攻めに対応できる形にする意図です。千葉七段は、△5一飛と回る前に8筋の突き捨てを入れておいたほうがいいかもしれないということで、(2)△8六歩(予想図2)も候補手として示しました。
「形勢はまだ難しく、ここからは先手の2七角がどれだけ働くかが形勢を左右する鍵になりそうです」(三枚堂六段)

カテゴリ: 棋戦中継

封じ手

竜王戦中継plus - 火, 12/04/2018 - 18:26

広瀬八段が封じ手を行うために別室に移動。その間、対局室で待つ羽生竜王は険しい表情でした。しばらくして広瀬八段が戻り、封じ手の入った封筒2通を羽生竜王に差し出します。羽生竜王が署名した封筒を広瀬八段が受け取り、立会人の田中寅九段に預けて1日目が終了しました。

カテゴリ: 棋戦中継

広瀬八段が封じて1日目が終了

竜王戦中継plus - 火, 12/04/2018 - 18:04

18時、図の局面で広瀬八段が12分考えて次の手を封じました。1日目の消費時間は▲羽生3時間11分。△広瀬4時間19分。明日は9時から対局が再開されます。

カテゴリ: 棋戦中継

意表の角

竜王戦中継plus - 火, 12/04/2018 - 17:41

本局は先手の羽生竜王が矢倉志向の立ち上がりを選びました。千葉七段は序盤の▲7八金(11手目)に注目します。
「飛車先交換を保留していることで、△6四歩と突きにくくしている意味があります。▲2四歩△同歩▲同飛から▲3四飛で歩を狙う筋があるので。本譜は△8五歩を見て▲5六歩でしたが、こういう流れの将棋はこれまでなかったと思います」

広瀬八段が△5五同角(32手目)と5筋の歩を交換したところで、羽生竜王は▲2四歩△同歩▲2五歩と継ぎ歩で反撃しました。「▲4六銀も自然で、それなら激しい攻め合いになりそうでした」と千葉七段。

羽生竜王の▲2七角(49手目)が決断の一着で、盤上に大きな動きがありました。飛車の利きを止める位置への角打ちは意表を突きます。千葉七段は「もう少し駒組みが続くのかと思ったんですが……。▲1八角が自然ですが、▲1六角の余地がある分、得ということですね。本局の命運をかけた一手になると思います」と話します。

17時30分、この手を見た広瀬八段が長考に沈んでいます。封じ手の定刻は18時。控室では田中寅九段が封じ手の準備を進めています。

カテゴリ: 棋戦中継