と金TOKING

みなさまお早うございます

「煙草1000円」で思いもかけず「将棋史」のトピックを盛り上げていただきました。と金掲示板にも世間を映すTOKINGの場があったほうがいいですね。(♪)

なおTOKINGも「と金」ですよ(歩歩)。HONG KONG(香港)、PING-PONG(ピンポン)と同じ。昔はPEKING(北京)とも書いたし。

さてコメントは「将棋史」などに捉われず幅広くお願いしますが、とりあえずそっちで出た話題と縁があることを二題。

● 尾鷲で内縁の妻が殺した夫の遺体を床下に隠すのを手伝った男逮捕。「象埋めて」と頼まれたという。
● オバマ氏がベルリンのブランデンブルク門の前での演説を希望したが、ベルリン市長は賛成、女首相は反対。ベルリンの壁崩壊の2年前レーガン大統領が、2年後クリントン大統領が演説している(多少不正確かも)。

♪ 当掲示板初期の「と金の歌Ⅰ」にもそのつもりはあったのですが、位置づけとも絡み、当時の情況からすこし理屈っぽいものになってしまいました。今度は気楽に参れますね。

投稿者: 歩曼陀羅華 投稿日時: 火, 07/22/2008 - 09:07 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

上海蟹の取締りに反対

大騒ぎに取締をして、野生化するのを懸命に阻止しようとして居る。

上等な食用になるのだから、在来種のモズクガニを一部の生態系学者の飯の種に保存することなどやめ、昔の鰻、泥鰌、鮒の様に全国至る所の河川、池沼で子供でも天然物が獲れて食べられるようにすべきだと思う。

上海蟹は上海で、生簀から(つまり藁のような物で縛ってない。)自分で選んだのを2千円くらいで、料理してくれたが、話題性は有るものの毛蟹や松葉蟹に比べてずっと小さいし、味もとんでも無く素晴らしいとまでは感じなかった。

しかし、近所の小川でも獲れるようになったら、日本の風土の価値も又増すだろうに。川魚料理屋の復活材料にもなろう。

森五輪(利権?)王がゼレンスキー批判

この御仁の言い分は、「ゼレンスキーがウクライナ国民を苦しめて居る。」、「プーチンだけを咎めるのは間違いだ。」

これは玉川、橋下的。

アメリカの某参謀総長が和平交渉を示唆して非難轟々だが、軍事的に力関係を見れば、アウシェビッツに勝るとも劣らぬ大規模な強制収容・強制移住・強制労働の下に繁栄を気付いたロシア的国家に、ウクライナだけの戦力、兵力、就中兵員数で勝てるわけが無い。

森氏のレベルの発言は誰でも出来るが、五輪汚職の目眩しか、単に自由自在の境地なのか。

頭隠して尻隠さず

統一教会問題、どうも不自然なことが多い。テレビで山口真由氏が必死になって追及を牽制している姿は異様だったが、三浦瑠麗氏は更に「なり振り構わず」やっていて、ただ事でないと言われはじめたらしい。

正論を説いて居るのではなくて、何かが隠れて居ると見るべきだろう。

「こども『家庭』庁」への名称変更も、泉なる人物のデマとして社会的に葬られかけたが、教会側から運動した証拠が出たという。2チャンネルの西村氏の功績だそうな(やはり貴重な人物だ)。ご丁寧に、実際の因果(政治力学、影響力)関係は不明だという用心の言葉を添えて報じられているが、執筆者達も余程怖いのだろう。

産経は勝共の旗手だから、統一教会に未だその初心の一片が真実有るとすれば、支持か非不支持に懸命なのは寧ろ当然だ。

それにしても、暴かれ続けている真相は、誇張されたものでなくて、寧ろ氷山の一角しか現われて居ないと見る方が良さげ。恐ろしや。

山際失念大臣

辞任4日目で党のコロナ対策トップに。

山口大学を出たということは、何か岸田氏と深い縁が有るのか。学歴ロンダリングの臭いもするが、岸田氏は、安部氏と違って学歴に敬意を表するのか。統一教会に怯えているのか。(教会側から暴露を始めたら、幾ら愚民でも自民党に呆れるやも知れぬと戦々恐々としていても不思議ではない。) 獣医師のセンスがコロナ対策に役立つとは思えぬ。

むしろバレない限り物事を隠し通す能力、否胆力が、卓越していることが、コロナ対策に向いていることで「適材適所」なのか。

日本シリーズの引き分け

9時頃作業が一段落して、ふと日本シリーズの2戦目の晩だと思い出し、第一戦の魅力迄は期待せぬが、手遅れかと思いながらテレビを点けたら、手遅れどころではなかった。魅力も尻上がりに高揚。いや大したものでした。

ヤクルトから34番の投手も出て来ました。元祖は、2019年10月6日86歳で死んだ。今思うと愚とそう齢が違うわけでもなかった。苦労も有ったろうが韓国系日本人の最高の英傑だった。

そんなことが頭をよぎる一方で、バス通り裏の路地で、コンニャクボール(軟式テニスのゴム毬に似たもの)を素手で打つ三角ベースの野球が、鬼ごっこや隠れんぼ並みに楽しかった幼時を思い出して居りました。

ヤクルト勝った

日本シリーズの実況放映を観たのは、愚にとっては今世紀になって初めて。大昔スワローズには金田のファンとして応援して居た。時代は変わるものですなあ。

今宵は三冠王の勝ちだった。

ところでアメリカでは投手三冠王も正式な受賞対象になるが、日本にはそれが無いのは不思議だ。

それには巨人の思惑が絡んで居たと見る。つまり最多勝利だけなら最強の打線援護が有る巨人が長年圧倒的に有利だったが、防御率、奪三振は、そうは行かぬ。こんな所にも、日本独特の「商売がらみ」のルールの捻じ曲げが有ったわけだ。

玉川徹氏

ウクライナは降伏すべしと言わんばかりのコメントをした時からおかしくなって居たのではないか。

今度は、事実無根や否やは知る由もないが、そう決め付けられてぐうの音も出ないコメントをしてしまった。

ちょっと早いが賞味期限が来たのやも知れぬ。

国が国民を守る、と言う事。

プーチンが異常なのは誰しも異論の無い所だと思います。
それに比べれば、EUや米国の煮え切らない態度には不安を感じたのは私だけでしょうか。それでふと思い出して、日本国憲法前文を読み返して気が付きました。
”平和を愛する諸国民の公正と信議に信頼して、我らの安全と生存を保持しようと
 決意した”
これはとんでもない間違った決意でしょう。
確かに諸国民は悪く無い人が多い、しかしプーチンが一人居れば、人類が無理心中
させられるかもしれないのが今起こっている事です。
国連での拒否権を無くせば解決する程単純では有りません。日本の上空を飛ぶ旅客機ニミサイルが当たる確率は極めて低いでしょうが、でもゴメンナサイで済む問題では有りません。
個人の犯罪なら未必の故意による殺人は重罪です。国民と呼べるような大きな母集団を信じるのはまだしも少数の為政者(教祖も含め)に馬鹿げた行動をさせない
だけの抑止力が無ければ、安全はおろか生存が保持出来ない事を確認しましょう。
どう努力しても30年後に私はいませんが、30~100年後が少しでも暮らし易い世界に成るように、それこそ政治で有り人間の英知でしょう。

Mネット、JアラートでNHK中断 青森・東京の島に避難指示❓

初めてで御座いますかねえ。久し振りに静かな気分でNHK・FMを聞いて居たら、バルトークが始まった途端ケタタマシイ声で、「北朝鮮から弾道ミサイルと見られる物発射」と男アナが絶叫。そのままテレビもラジオも大地震・台風・線状降水帯並みに指示・解説を続けている。

これは今必要なものでは無いのを、国民に危機感を煽るつもりですな。

愚は戦時中、「東部軍管区情報」で「敵B29○○機が□□方面より△△上空に侵入中」といった放送がラジオに入る度に身構えました。◎

◎しかし今日のラジオのようにヒステリックな叫び方でなく、もっと「淡々と」して居ましたよ。

なお「空襲警報」はラジオでなく、サイレンで、「警戒警報」は町内の今の自警団のようなものが公組織になって、口頭で触れ回って居たような記憶が。

NATOウクライナ入れず

プーチンに理解を示す者は、彼がウクライナのNATO入りに脅えたからだと言って居なかったろうか。

今回の東部4州の剥ぎ取り併合で、ゼレンスキーはNATO入り希望を表明したが、NATO首脳、米独土は極めて冷たい。

それは今になって始まったわけではないと思う。何か変だ。

プーチンは、NATOでなくEU入りに脅えたと言う話だったろうか。そうだとしてもどうも良く分かりませぬ。愚に物事の本質が見えぬからかなあ。(ひょっとしたら愚に見えて居るのが真実・・・なんてことは御座いませぬ。)

イタリア女性首相

悪い報せ。 親ロ。
良い報せ。 台湾侵攻阻止。

連立するベルルスコーニはプーチンと親密だから、イタリアはウクライナ支援から逃げるだろうなあ。

アンドルー王子

性暴力(※)なることで、軍人身分剥奪。女王はお気に入りだったが、王族としては劣位になった。

しかし見上げたことに、カミラについては徹底的に批判的で、チャールズの即位にも反対し続けたそうな。こっちが余程常識人だ。

但しこれから、チャーカミからの報復が始まるラシ。オオコワ。

(※)児童買春とされるが、本人と英王室は完全否定。

プーチン変調

此度の演説、やや悲壮感が有るように見えた。

彼に核を使わせなされ。核抑止幻想は幻想に過ぎぬよ。バイデンは勇気が足りぬ。

ところで今回の彼の主張で、「西側がソ連を崩壊させ、更に今度はロシアを滅ぼそうとして居る。」と言うのは、ホンキなのか単なる侵略の「口実」として使って居るつもりなのか❓ どうも前者らしいという見方が有る。
(ホーネッカーの妄念を思い出す。)

無論、大きく俯瞰して本質を見れば、ヒトラー同樣どちらでも同じことだが、前者の方が厄介だ。

当のロシア国民は、これまでは、「戦争は西の辺境の地の出来事で、領土掠奪なり回復なり、国民生活に影響しないところで順調に出来ているらしいからヨロシ。プーチン・ウラー」だったラシ。そろそろ、自分達にも負担が掛かってくることで、少しは眼が醒めるか。

ヒトラーもスターリンも(東條、ムッソリーニ、チャウシェスクも)やり過ぎた。その場合本人に天罰が降るだけでは済まぬ。今回はプーチンが中国の支持で当分生き延びるにしても、やはりロシア国民にも相応のバチガ当たらねば摂理に反するし、人類が滅びる。

上海共同声明の評価

日本の新聞は、一方でプーチンの孤立と焦りを言い立てつつ、一方でウクライナ台湾問題での中ロ結束と、インド、イランからエジプトの参加までを報じる。

前者は、アメリカの希望的マタは謀略的な観測を引き写したもので、後者は客観的マタは表面的な事実ということになろう。

英女王の崩御で、英印に「幻想」として残って居た筈の連邦観は、消え行くのみだろう。 だからと言って、人口で中国を超えた大インドが(プーチンが揶揄されかけて居るように)、軽々に習の膝下に跪くことはナカロ。

日本は「ロシア(ソ連)理想郷幻想」のせいで終戦に大失敗した。戦後も、今に至るまでその幻想を引きずって居るために、国民が分断されて居る。

今のロシアと中国は、人類史上最悪最凶の野蛮人だ。 日本は、幸い「一衣帯水」に過ぎぬが地続きでない。自民党には誰か居ないのか。当面は経団連の使い走りの林氏で韜晦するにしても。

ギリシャ供与は「戦闘車」でソ連製

ウ軍は使い慣れて居る。その分同数のドイツ製車40台をギリシャに渡す。

ギリシャが戦闘機供与、沖縄は独立模索、琉球王の末裔健在を寿ぐ。

前者は続報が無い。

後者は皆、当該地元政治家達の正体を承知した上で黙って居るだけのこと。最近中国側からの動きも含め、僅かながら顕在化、マタは活発化したらしい。

最後の琉球王の子孫を、最近中国に招待して歓待したそうな。オメデタイことだ。伝統、歴史、由緒は、作りだせぬもの故、尊重すべし。

しかし沖縄国から見れば、優しくてお人好しで外交下手な日本人が、中国よりもずっと与し易いだろう。しかも中華思想で、自分達(漢民族❓)以外は、皆野蛮人で、どうなっても構わない存在だ。

奇妙なことにロシア軍はウクライナ人を同族の人間だとは見ていないようだ。沖縄・琉球国民も、中国政府を甘く見ない方が良いのではないか。

そう言えば、中国は台湾を取る前に、ニューカレドニア❓と沖縄を取るのが戦略的に正しいそうな。アラスカが取れれば更に良し。

つまり周囲からの圧力、脅威を減らすのが先というわけだ。「孫子の兵法」にも叶って居るやも知れぬ。そのくらい雄大な侵略構想を持つか否やは知らず。

日本の行末

歴史的必然だろうが、プーチンと習近平の出現が日本の危機を齎して居る。平和ボケ、ソ連ボケした日本人は相変わらずノンビリして居るが、世界情勢はそう甘くナカロ。 

現実に 中国とロシアの空海軍は日本を威嚇したり、挑発したりして、先日は遂に領海侵犯した。アニメ、テレビゲーム、スポーツでは国はもつまい。

日刊ゲンダイから

「自民を勝たせたら万事休す」の見出し。妙なことに昨夕出たものにはエロ記事無し。

ところで、見出しの方だけれども、恐らく創刊以来の精神の断末魔の叫びだろう。誰が見ても自民が勝つと思うし、確かにそれは立民辺りに期待を掛け続け、夢を託して来たそれなりの良識層にとって「万事休す」やも知れぬ。それも運命だし、それを機に漸く現実に立ち帰って新しい未来を開く者が出ればさらに良し。

但し立民ファンのために言えば、良識層の期待マタは夢は今年で破れても、立民は当面「不滅」で御座いますよ。これ程何にもやらなくても、何か日本社会での既得権のようなもので守られて居るから。(小沢が折角政権交代のために発明した政党助成金が、かくも怠惰で時代錯誤の政党を生かしている。)

共産党は、数年後に党名を変える可能性も見ながら、立民よりも強く生き続けることだろう。こっちの方が真摯で勤勉で一貫して居るようにも見えまする。元々武力革命に失敗した後は政権参加を諦めて居たから、固定ファンを含めて、他とは異質の強さが有る。アゾフ大隊と比べるのはマズいやも知れぬが。

承前

>元々あらゆる人選が出鱈目なのは、やはり安倍総理が始めた「お友達」に税金をバラまく行政思想のせい

その通ーり。

>国民が駄目だ

ご老体は国民?宇宙人?
にくたれ口をきいておこう(笑い)。

やっと見つけた小林「ホロコースト」コントの匂い

◆Brutality at Tokyo Olympics Opening Ceremony … Director sacked over ‘Holocaust’ gag controversy
https://newsbeezer.com/koreaeng/brutality-at-tokyo-olympics-opening-cere...

一シーンの静止画と、文章の説明では、余り強烈な印象は受けませぬが、実際の映像が有れば、十倍か百倍かの迫力があるので御座いませう。

上の記事は、韓国系の人が書いたらしい。日本人の書いたものは見当たりませぬ。

ホリエモン
♦堀江貴文氏 小林賢太郎氏のユダヤ人虐殺ネタ非難に私見「粗探しが先鋭化してきた」
https://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/%e5%a0%80%e6%b1%9f%e8%b2%b4...
(デイリー)

経済については無知な愚なので、法技術的なことは知らぬが、ホリエモンは財・官界が司法を利用し、国民感情も煽って排除の標的にされた同情すべき御仁と思っているので、彼の「被害者センス」からの共感は分かるような気がするので御座います。

それにしても、元々あらゆる人選が出鱈目なのは、やはり安倍総理が始めた「お友達」に税金をバラまく行政思想のせいで御座いませう。

野党・マスコミ・国民が駄目だ。

学術会議もアウンサン・スー・チーさんも

賞味期限切れのところに付け込まれた。

それにしても痛烈だなー。

◆政変ミャンマー、記者が見たスー・チー†の虚像と素顔 (近藤大介)
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e6%94%bf%e5%a4%89%e3%83%9f%e3%8...

東大教育学部卒でこういう人が居るのだなー。国際情報学修士を名乗っている。講談社=ゲンダイの人。

ツィーターの仕組みは良く知らぬが、Google経由でこの人についてのよく分からぬツィート記事をみたら、同じところで、8割虚偽署名事件の高須氏が、近く真相発表するとツィートしていた。

何でも有りの滅茶苦茶な時代になったものだなー。
______

† 1945年6月ご生誕。(歩曼注)

学術会議介入 P5

> 2005年(平成17年)10月1日 - 会員選出方法を日本学術会議が自ら選考する方法へ変更

…なので日本学術会議会員は自分達での政治的思惑が跋扈する内部者のみでの選考方法はよろしいけど、
外部からの聞き耳は持たん…なのも同程度にお下劣と思いまする。

問題の原点は「国庫負担」です。独立したいなら独立予算。

https://www.asahi.com/articles/ASNB57J0ZNB5UTFK017.html?iref=comtop_Them...
『先進国の学術団体は、もっと明確に国から独立していることが多い。学術会議の事務局によると、全米科学アカデミーや英王立協会は民間団体とされ、運営財源も国に依存していないという。』

~~~~~~~~~~

追記…その後の調査で…そ~ではないと判明

https://www.jstage.jst.go.jp/article/tits1996/6/3/6_3_16/_pdf
全米アカデミーは約8割が連邦政府機関からの支出(1億6000万ドル)。
英王立協会は55%(2587万ポンド)が国費。

学術会議介入 P4

2016年から密かに学者側が譲って来たのが明らかになりましたな。愚も若い頃は連絡会員として投票権を持っていたけれども、いつの間にか、選挙運動も投票券も来なくなった。選挙制度が廃止されていた。しかし退会した覚えもないから、まだ2千なんぼの員数に入って居るやも知れませぬ。

マスターと政府が一致して主張されて居る学問の自由とは無関係だというのは、日本の場合は、実態に合わぬ。人事、予算、学生募集に断然不利になるから、任命拒否は学者として迫害されることと実質は同じで御座いますよ。

学術会議介入 P3

遅くなってしまったのですが学術会議のこと。

実はニュースを観ておらず知らなかったので遅れました。

安倍、菅。 反対意見を「一切聞かない」と言っているようなもの。 この態度はとても賛成できません。

100人が全員賛成できる提案は無いと思います。 反対意見も聞いて上で、議論をある程度煮詰めてから、最終的には多数決で物事を決める、それが民主主義でしょう。 最初から反対意見を排除しているのはダメだと思います。

ただし、左派政権でも議論を尽くして多数決で決める、という態度がありません。

政治家は、このような議論を行なって最終的にこのように決まった、と明示すべきだと思います。 まぁ 難しいのでしょう。

学術会議介入 P2

先ず…「学問の自由」を踏みにじる行為…には該当しませんね。この団体は「学問」する機関ではありませんし。

まあ国の特別機関であり運営費を国が出している以上、スポンサーがありこれ横槍を入れるのは不思議でもなんでもない。
それが嫌なら関係者・有志から募金でも募って独立予算にするのは如何でしょうか?(笑)

そもそも新会員候補がどの様な基準で選抜されるかも不明ですね…

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%AD%A6%E8%A1%93%E4%BC...
2005年(平成17年)10月1日 - 会員選出方法を日本学術会議が自ら選考する方法へ変更

「介入」…というからには「〇〇〇氏を入れろ」と言っているのかと思いました。

学術会議介入

ネット報道にはちゃんと書いていないが、2016に人文社会系から初めて出た会長の時、安倍氏に一人拒否されて泣き寝入りした事件が隠されて来たことが露顕した。不見識な話だ。

となると、学術会議側の抗議ーーーー現段階では腰が引けて質問だの要望だの御上品なことを言っているがーーーーの迫力も正当性も大幅に減殺される。

これだと学者と知識人挙げて菅批判しても破壊力は無い。情け無い学者達だ。

テルテル外交 P3

はてね? アメリカ語では「電話してくれ」は「フォーン」で、「テル」は「言えよ」の筈だが。

テルテル外交 P2

大統領選挙が迫っているこの忙しい時に…(笑)

テルテル外交

菅さん外交 前途多難?

「大統領からは24時間いつでも何かあったら電話をして欲しいと。『テル』『テル』と、そういうことで一致した」

------------------------------------------------------
菅首相の「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”
https://news.livedoor.com/article/detail/18941306/

SMAP負け側NHKに出る。P2

件のベートーヴェンなのですが、「ベートーヴェンはエリート・体制のシンボルだから排除するべし!」

https://www.msn.com/en-us/music/news/vox-calls-beethovens-fifth-symphony...

...まあ愉快な見解ですが、これも一種の炎上商法。才能の欠如は炎上で補うしかないのね。

SMAP負け側NHKに出る。

SMAPは工藤静香による木村拓哉の裏切りで明るみに出た喜多川母娘による恣意的な苛め事件が報じられるまで、グループ名を知っていただけで御座いましたが、あれでジャニーズから追放されテレビからも拒まれて来た3人には急に同情して、密かに声援して来ました。

何と今宵稲垣吾郎がNHKのクラシックアワーに登場。しかもベートーベン生誕250年シリーズ全部に出るとかで、いじめ被害者を応援する立場から大喜びで御座います。

更に、12月から1月に掛けて、ベートーベンの舞台までやるそうな。

日本人の芸術的民度が高ければ、紅白歌合戦の審査員になる格もある。

直接に例の女マネージャーの努力のせいかどうか知らねども、彼女こそさぞ喜んでいることだろう。

月旦 (續2)

蜃気楼氏続けて曰く。

⚫️小泉、河野はアゲ底。祖父や父が作ったものの上に居る。

サメの脳みそ、畏るべし。

月旦(續)

菅氏について毎日新聞がしっかり書いているし、TBSもベスト。其れにしても、朝日はダメになったものでございます。

今日の毎日夕刊に載った蜃気楼氏の、鮨屋でのインタビューが面白かった。

氏曰く
⚫️石破は講釈師みたいなところが安倍に嫌われている。
⚫️菅はコハダで、岸田はマグロ。

政治家(や)月旦   奉祝安倍晋三先生御退隠

あそこには勝手に留守番役を買って出て居りましたが、そろそろ「歳三」スレを見限るべきやも知れませぬな。

「酒と女と音楽」のスレは大隆盛なれど、薄汚れた政治家の月旦評で、雑巾馬穴の水ーーーいずれ似たものになる。ーーーを掛けたくない。それ故、このスレを再開しませう。

総理候補群像を拭き拭き撫ぜ撫ぜしませう。

岸田文雄氏 一番有力な御輿に乗って、倉庫の中で静かに、担ぎ出される祭りを待ち侘びて居たが、御輿飾りの木像ーーー或いは黙像ーーーとして、衆目の見る眼が確立してしまった。周りはだいぶ前から焦り出して居たが、今回は本人も焦り出したような。

しかし、岸田氏に「発信力」が無いというが、権力を獲る前に「発信」して居て成功した政治家は、近頃居ましたかなー?

野党の枝野氏だって、何も「発信せず」お山の大将になり、その後も姑息に縄張りの拡大を図っているだけ。念の為なれど、この御仁には、国民糾合、大同団結の理念など無い。残念ながら小沢や連合とは器量が違い過ぎまする。

政権維持が目的化して居て、専ら「理念無き政治」を行うのが、自公連合で有り、それを国民多数も選挙で支持。野党も程よい数で、政治に対する責任は無く、迫害も無く、気楽に温泉に浸かる日本猿と同じ。

と言うわけで、矢張り本命は岸田氏で御座いませぬかなー。

残任期間だ、非常時だということーーーこれらは「口実」に過ぎませぬ。ーーーなどで菅氏を推す勢力が事態を変えなければの話で御坐いますが。

Underwater Basket Weaving P6

prerequisiteより緩い、勧告のような扱いですね。それで大学院に入(い)れるというのは、日本の流儀マタはシステムとは全く違いますね。

ただ、日本だと、ダメな学生が―――能力が低いほど―――授業や指導に文句を付けることがあり、昔は毅然と応対したけれども、近頃は相当にややこしく、教師側が大迷惑することも増えて来ました。だから増々「入口規制」も必要になる。

大学教師の権威の低下、高校教師並みの扱いもほの見える。

日本で大学教員を本務とする者は17万人(恐らく短大を含む)。†  アメリカでは76万人(短大含む)。‡
http://s10851.pcdn.co/wp-content/uploads/2013/10/tabn284.htm
(アメリカ教育統計ダイジェスト 2012年度版 日本語訳)
______

† 愚が現職の頃は、法的に助手を「教員」とは分類して居なかった。現実離れして不合理だったから(※)、改めたらしい。助教の身分を導入したこととも絡むやも知れぬ。

‡ アメリカでは大学教員の73%が非常勤になったそうな。(2011年の上記統計だと全部で152万人だから、ぴったり50%に止まって居る。)

マタ、アメリカではこの他に大学院助手(TA)35万人が統計に記載されている。

(蛇足) 日米の教員数の落差が、そのまま日米の学術格差になって居るとすれば、由々しいことだが、4.5倍も居るアメリカには量的には追いつけないだろうなー。
         _____________

※ 助手が最優秀者だったのは、法学部を筆頭に、理学部の一部、工学部で理学部との境界領域の一部だった。医学部は既に一人前のプロフェッショナルだったから、多少ニュアンスは違うにしても、やはり概ね助教授~教授への最有力候補だったことだろう。(直接昇任出来るか、一旦他大学に出るかは、その学科・教室の慣行による)

Underwater Basket Weaving P5

畑違いの(Computer Scienceとは無縁の)学科から来て ゼンゼンワカリマセ~~ン でも警告を受けた以上、同情・特別扱いはしません…の意味でしょう。

Underwater Basket Weaving P4

じつに味わい深い話ですなー。ただ水中で篭を編むのが、そこまで強い比喩だとは、今一つピンと来ませぬ。

それから最後の文章の「例え貴方の学士専攻が Underwater Basket Weaving でもそれは変わりません。」の意味も、どう取ったら良いのか分かりませんでした。真の意味は「誰も甘やかしませんから、学士専攻が Underwater Basket Weaving だったような人は特に気を付けなさいよ。」ということですか。 

ウィキを読んで、体育学生の成績には、愚も随分困惑させられたことを思い出します。ベトナム戦争も絡むとはアメリカらしい。

不断 その後 P11 「特任」

みなさん。こんばんは。 新年会などで疲れています。 管理人さん、歩曼さん、こんなんは。

「特任」だけではなく「特命」とか「専任」とか、昔は「特別」や「暫定」なども私の業界には存在しました。 だいたいは下の階級を一個上に名のったものでしたが、徐々に非常勤や名義貸しに当たるような「官位乱発状態」もあったようでした。

くだらない・・・ と、一言で切り捨てた一例。

ある民間組織に半年勤めていた頃、腕が良くて愛嬌があって当然人気もあり話もうまい、という形成外科医(F先輩)が居ました。 私も 「お前はおもしろいなぁ 頑張っているし」とかわいがってもらいました。

そのF先輩が、S大学から「臨床教授」を認定されました。 私の出身大学にはそのような制度は無く、私は素直に おめでとうございます と言ったのですが。 「給料も上がらんで迷惑じゃ!」と一蹴されました。 これは正しい判断だと思いました。

Underwater Basket Weaving P3

https://en.wikipedia.org/wiki/Underwater_basket_weaving

役に立ちそうもない(ましてや稼ぐのも絶望的)な専攻・科目の例えです。まさか、Wikiにエントリーがあるとは思いませんでした。(笑)

これを最初に目にしたのはComputer Science専攻修士学生たちのオリエンテーションで配られた注意書に

学士専攻が本校のComputer Scienceでない生徒への注意事項

がありまして…注意書き曰く、

どの科目をどの順番で取るのかは各自の裁量に任せます。もし前提条件である必須科目(学士レベル)を未だ取っていない場合は聴講することを強くお勧めします。そうせずに(身の程知らずが)落第となっても同情・救済しませんので悪しからず。例え貴方の学士専攻が Underwater Basket Weaving でもそれは変わりません。

Underwater Basket Weaving P2

「水の中で笊(ざる)を編む」、虚しい!  (※)

それが大学の専攻で、どういう意味になるのかなー。

昔、と言っても愚がアメリカに居た70年前後には、スタンフォード大だけか全米かは知らず、「三大白痴(idiot)コース」というのがありました。

たしか、社会学、文化人類学と来て、3つめは心理学か(歴)史学だったか?

しかし、今のアメリカではいろいろ変わったのではなかろうか。

文化人類学は、土人の中に分け入るだけの鈍感さと身体の強健さと、大学に入れる程度の知能が有りさえすれば誰にでもできそうだが、学術的には現代的に有意義な結果を豊富に出していると思う。

その頃か、更に前の日本では、長い間社会学や史学は、むしろ深みのある文系学徒にとって人気が有り、尊敬されて居たと思う。

今の日本でどうなっているかも知りたいもので御座います。

※ アメリカだから篭の方が語感に合うやも知れぬ。

Underwater Basket Weaving

…大学の専攻について話す時に比喩として Underwater Basket Weaving が時折使われます。

さて、これの意味するところは?

不断 その後 P10 「特任」

「特任」…も2通り読めますし…

1.諸々の大人の事情で与えるべき役職・階級の都合が付かないので 特任

2.最初から役職・階級の資格はないケド、スポンサー付きの講座の講師が肩書無いと都合悪いので 特任

…この人の場合、一番残念なのは(2)なのにそれを誇るコト。(笑)

不断 その後 P9 「特任」

漫画の『のらくろ』で知ったのだったか、「伍長勤務上等兵」というのが有ったような。

ただ、これは伍長への直系のステップだったらしいけれども、今の大学の「特任」は、フツーの教員の昇任の系列とは全く別ですね。

「診療講師」は、日本社会のフツーの感覚では、賢い肩書付けだったと思いまする。というのは、大学病院の医局で「助手」がとんでもなく高い地位―――一つの講座で教授、助教授、助手2人が標準だから同率3位(講師はこの序列の外)―――だったということは、余程大学のことに精通していなければ知らないし、他の学部では、「助手」はピンからキリまで有った。

医学部でも「解剖助手」というのが、正規の助手とは別枠に有った筈だし、工学部に至っては、時代と学科によって、滅茶苦茶だった。文系私学では教授がお小遣いを渡す程度―――概ね学生上がりのオナゴさん―――でも「助手」だったりした。

だから、一般患者は、「助手」というと、ドクターXのように「アルバイター」なり「補助員」程度に誤解した可能性があり、医療上の信頼感などの面からも拙かったでせう。相手が大学関係者の家庭などで十分な知識が有ればよいが、そうでもなければ、結婚にも支障が生じ得る。

ちなみに愚は助手就任と同時に、良いか悪いか知らねども「企画掛長」併任の辞令を貰い、ついで「室長」になりました。その分研究以外の仕事も大いにイタシマシタが。(言わずもがななれど強い学問的使命感が有った。)

不断 その後 P8

こっちは全部読んでいてもなかなか付いて行けませんが・・・

たぶん「特任」というのは、一個上の階級を標榜することによって 仕事をする意識を高める、ため だそうです。 前にも投稿したかもしれませんね。 私の業界であれば「診療」と「臨床」が該当します。

要するに

特任准教授、というのは一個下の「講師」なのです。

私は大昔にそのような制度を知らず、大学病院に勤務していた頃に私の肩書きが「診療講師」と紹介されていました。 ただの助手、途中から名称が変わって助教だった時代です。

給料を全く上げずに名前だけを一個上の役職を名のらせる! 

これって「労働意欲が沸く」んですか??? 実にくだらない・・・

私は、全く希望しない、と言ってやった。 私は共産党では無いし、イスラム教に成りたいけど成れない、けど。

・・・完了しようと思っていたら。

民放のニュースでアビーが 憲法を改正する と演説している映像が流れました。 私は最近では、ちゃんとした現状にまずまず合っている憲法に改善すべきだ、という理論に傾いています。 しかし

アビーでは憲法改定は無理だ。 頭が悪過ぎる。 人望も無い。 そういうことを本人が最もわかっていない。

現状の中途半端な状況で、志の高い自衛官のムダな犠牲を危惧します。

不断 その後 P7

>もっと迅速にこの結果たどり着けば…ね

愚は、解雇迄5,6年掛かったセルカン事件と、一部混同して書きかけて、投稿直後に手直ししましたが、大澤事件その物は、問題発言が2019年11月24日、処分公表が1月15日だから、2か月足らず。国立大学の手続きとしては、むしろ素早い対応でせう。

なお、妙な所に引用されて居た「2020東大ビジョン」は、よく見てみると、2016(2015?)に学長の提言の形で公表されたもので、今回学外にも陽の目を見たが、処分に関する法的関係はわけが分からぬ。流石に正式な解雇処分公表の少なくとも主文には引用されて居ない。

その分、昔の学部長(今でもこの職は有る。一種の二重構造マタは錯構造)相当の者が、声明文を書いた。

(蛇足) セルカンはあんなものとして、むしろ問題にすべき松村氏は、停職一か月で済んでいた。

蛇足の蛇足 ということは、当時その学科マタは専攻自体がそういう体質だったということらし。

不断 その後P6

http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/news/2020011511159

『東京大学は学問の府であり真理を探求する場です。そのために、多様な人々がそれぞれの立場から自由闊達に議論できることが本質的に重要であるのは言うまでもありません。しかしそれは、SNS等のメディアを含む公の場において、いわれなき個人攻撃や差別をまき散らしてよいことを意味しません。そのような行為は、むしろ自由闊達な議論や言論を封殺し、侵害するものです。一連のSNSへの書き込みについて、私たちはこれを決して許されるものではないと考えています。』

もっと迅速にこの結果たどり着けば…ね。

コピ・ルアク P4  (付)東大司法

>どの辺がトクベツ?…と言われても不明です。

愚の日本での何年か前の記憶と同じで御座いますね。ダイアナ妃が自ら口で噛んで醸された酒のようなものやも知れませぬ。

マタはおみ足で踏んで醸されたワイン。

>東大、特任准教授を懲戒解雇

昔は特任(准)教授というものは無かったけれども、普通のその地位の人の懲戒解雇、昔の分限免職、というのは聞いたことが有りませぬ。有ったとしても、迫害の結果でもなければ大學史には遺さないものでせう。

〇美濃部達吉は、貴族院議員は辞職したが、東大教授の身分は保っていた。

〇セルカンは専任(特に断らないものだが)助教を2010年に、懲戒解雇された。

今回引用されている「東大のビジョン」は2020年

遡及法による不利益処分に見え兼ねませぬなー。

泥棒捕まえて縄を綯う。

(蛇足) 身分問題だから、学内に、法制マタは個別的処分について根強い反対(「強い慎重論」というのが大学用語だ。)が有ったのやも知れぬ。

コピ・ルアク P3

…飲んでみました。

珈琲としては過不足無かったです。どの辺がトクベツ?…と言われても不明です。

ひょっとしたら贋作かもしれませんし…ね。

不断 その後P5

差別的投稿「許されない」 東大、特任准教授を懲戒解雇
https://www.asahi.com/articles/ASN1H43F5N1HUTIL013.html?iref=comtop_8_08
https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/press/z1304_00124.html

…まあこうなるわな。

秀逸なTweet

https://twitter.com/yamaneko_univ/status/1217277539762102272
『大澤昇平、東大最年少懲戒解雇記録を更新したのでは?』

ノーベル賞受賞者でも研究不正??? P3

歩有無(ふうむ) いや不運(ふうん)か 

色々御座いますことで。

オナゴさんの方は、チームの仕事でなくて、一人だったのかなー。それだったら本人にはミスか、発表が時期尚早だったか、いずれにせよ判断がし易かろう。

それでも、本人も釈明で言っているが、ノーベル賞を取って、キャルテックの教授になって居ても、そんなに急いで論文を書く時代なのだなー。昔日本では、論文は書いてから悠然と、しばらく寝かせて置く―――「熟成」する―――のが心得とされていたものだが。

小保方嬢の場合は、一人でなかったこと、本人が最後まで信じていたこと(細胞食か細胞死に伴う発光現象の誤認説が有力だったか)、当時この分野でのデータの誤魔化し、使い回しは、理研に限らず常識だったとされる状況で、スーパーエリートの笹井氏の自殺まで招いた。
         _____________

ソニーの方は、精査に値するが、単にノーベル賞委員会の調査ミスなのか、それともそれぞれの発表・宣伝の仕方に基づいて、マタは、より本質的な技術的成果に基づいて、正当化の余地があるものなのか?

ただ、もともとプライオリティーや受賞に関しては、こういうことは昔から割と多いという印象があるなー。

(蛇足) ビタミンの発見など、戦前の日本人の素晴らしい業績は、皆欧米人のノーベル賞にすり替わったという話がある。そういうことは、多少極論の面も有るが、近頃では高山正之が指摘している。

蛇足の蛇足 高山は、アメリカ(人)の一貫した「日本蔑視」、「日本を貶めること」、「日本人を絶滅させようとしたこと(ハルノート、都市爆撃、原爆、和平拒否)」を、論旨の基調にしている。豊富な事例から見ると、話半分としても相当な説得力がある。

其マタ蛇足 高山の週刊新潮のコラムでは、所詮犬の遠吠えで、散漫になる。アメリカかせいぜいでイギリスまでに的を絞って堂々たる著書にすべきではないか。

更なる蛇足 ソニーの件も、案外アメリカ(人)の思惑が影響しているやも知れぬ。因みにソニー以前に東芝の貢献も有ったようだ。

◆ノーベル化学賞、リチウムイオン電池 日本人研究者が開拓
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201910/CK20191017020001...
(東京新聞)

御仕舞の蛇足 上記記事によると、吉野氏は1985年、ソニーの西氏は1991年となって居り、原理、基礎重視のノーベル賞の性格から見て、東芝、ソニーが外れたことは、一応納得できるのだが。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。