と金TOKING

みなさまお早うございます

「煙草1000円」で思いもかけず「将棋史」のトピックを盛り上げていただきました。と金掲示板にも世間を映すTOKINGの場があったほうがいいですね。(♪)

なおTOKINGも「と金」ですよ(歩歩)。HONG KONG(香港)、PING-PONG(ピンポン)と同じ。昔はPEKING(北京)とも書いたし。

さてコメントは「将棋史」などに捉われず幅広くお願いしますが、とりあえずそっちで出た話題と縁があることを二題。

● 尾鷲で内縁の妻が殺した夫の遺体を床下に隠すのを手伝った男逮捕。「象埋めて」と頼まれたという。
● オバマ氏がベルリンのブランデンブルク門の前での演説を希望したが、ベルリン市長は賛成、女首相は反対。ベルリンの壁崩壊の2年前レーガン大統領が、2年後クリントン大統領が演説している(多少不正確かも)。

♪ 当掲示板初期の「と金の歌Ⅰ」にもそのつもりはあったのですが、位置づけとも絡み、当時の情況からすこし理屈っぽいものになってしまいました。今度は気楽に参れますね。

投稿者: 歩曼陀羅華 投稿日時: 火, 07/22/2008 - 09:07 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

無言の行P92

言葉たらず、謝罪つかまつる。
何度も書くのもいやになってくる。

小生の当時の論調などどうでもいい、というより
今般、取り上げてもいないはず。

あまりに、事実誤認があるので、心ならずも、
書いただけ。一例をあげれば、今回の注。
こだわるなら、LPSAにテルして、確認されたら。

寅氏は、いつからサガワになったか。

大先生のステータスを貶めようとしてか?!

無言の行 P91

諸賢の御議論に活気があって嬉しく思いまする。

以下、投稿とは逆順になりますが、愚見を記しまする。

寅○様>三浦事件に繋がったと、私は考えている

流石に深く重い見方で御座います。

>今となっては、米長干渉がなくとも、空中分解したであろうなと考えさせられることが多く

愚もオナゴさん同士の原始的で凄絶な嫉妬†とそれに連なる男たち(棋士とは限らぬ。石橋母、マイナビの女役員だかなどオナゴさんも混じる。)のショーバイの思惑から、どこかで空中分解したろうとは思いまするが、今のようにLPSAが少数会派になる前に、最初の数年間は多数を擁する主流派としての(少なくとも外見上は)健常な活動期が有り、男の連盟に対してオナゴさん組織として一定の地位を占め、或る程度望ましい制度マタは慣行を作ることが出来たろうと思いまする。

>現在の(一見平和な)状況を受け止め(ざる得ない)ている。

死んだ子の年を数えるように、敗戦や福島原発事故をいつまでも惜しんだり悔やんだりしていても始まらぬことと同じですね。(➡※)

喝采様>事実誤認が散見されます

当時喝采さんがどういう論調で在られたか、覚えて居りませぬが、ポツリポツリとでも誤認個所を指摘して下さいませぬか? 

マタこのように立場や評価が二分する問題では、明かな誤認というよりも、スタンスの違いで、認識が真反対になることも有るやも知れませぬし。

フ博士>第二次寝返りで北尾がLPSAから連盟に切り崩された。

先が見える賢いオナゴさんで、男の佐川国税庁長官と同タイプか? 否、官僚よりクリエーティブだ。

古河氏は別格として、第一次寝返りを象徴するのは矢内氏。‡

>LPSAでは今でも新規の女流プロ認定ができず非常に制限を受けている

やっぱり、一番大事な点は解決していないのですね。それは17名だかの発足になったときに、決まってしまったと言えるでせうけれども。

>渡部女流は、プロ認定されてからLPSA入会・所属を自分で決めた。(中略)素晴らしい決断だと思う

全く同感です。
______

† それから来る凄まじい闘争意欲を、男棋士に媚びることでなくて、もっと棋力アップに生かすべきだった。

‡ LPSAに期待した者から見てA級戦犯。

         ____________

※ 
(蛇足) 責任問題の風化は許すまじ。

蛇足の蛇足 三度許すまじ大愚行。(「三度許すまじ原爆を」の詩句のモジリ。←国民が皆知っているか、音楽をやる人間だけか知らぬ。)

無言の行P90

解説?するには、時系列に真実を並べていかねばならないので、結構時間が掛かるっす。

なので、当時、世間に伝わった事実と、(私が知ってる)真実は幾分違うとは思いますが、
「米長のLPSA潰し」と言うのは端的に記述するニュアンスとして大きく間違っては居ない様に思うっす。

越中さんの仰るように、大きな汚点ではあるのだけれど、米長の死と石橋の自主?退場によって、
棋界全体の核廃棄物?アンタッチャブルとして地下深く埋めた(気になってる)錯覚により、
現実には色々な核融合が必然的に粛々と起こり、三浦事件に繋がったと、私は考えている。

そして、三浦事件も藤井聡太出現によって一息ついてるが、
棋界総出で、<頭隠して尻隠さず>体質は何ら改まることはない。

棋界もファンも一連の事変への認識は薄まっているのだろうが、本件は今日現在も養分を吸収し続けていると考える。

きちんと納付すべき税金を期日までに払わなきゃ、本税よりも延滞税のほうが大きくなるってなもんだ。
直接対象財産相続を受けたものだけにとどまらず、連結した相続人も連帯納付義務があることを知るべきやな!

好き放題言ってるトランプでも、安倍ちゃんよりも支持率高いんやから、
呉越同舟の将棋連盟中心の将棋丸で、米長一派の横暴が許された(大きな支持を集めた)のは必然でっしゃろな。

>米長氏の行為が無ければ、遥かに順調かつ大規模に活動できたものをと今でも残念に思いまする。

本文に関しては、独立当時そうなって欲しいと願いもし、成層圏突破程度の推進力はあったやもしれないが、、
今となっては、米長干渉がなくとも、空中分解したであろうなと考えさせられることが多く、
現在の(一見平和な)状況を受け止め(ざる得ない)ている。

無言の行P89

ケータイですので、言葉足らずは勘案頂ければ幸いです。
米長の女流全員独立阻止をLPSA潰しと表現し、忖度させるのは、さすがに
無理があると思います。
追加説明は、筋としては理解はできます。いくつか
納得出来かねるところはありますが。

越さん。どうもです。解釈ご披露感謝。
ただ、事実誤認が散見されます。
機会があれば、寅氏に解説願えればと思います。

小生、冒頭の理由ゆえ。

無言の行 P88

歩曼さん、喝采さん、御茶園さん、こんばんは。

こっちは高尚過ぎるので、酔っ払いの私にはちょっとだけ。

LPSA潰し ;

正確には、米長氏が女流棋士全員の独立組織設立を「潰した」ことを言うのであると思います。 結果、独立少数でLPSAを名のった。(名のらざるを得なかった}

私の認識は正確ではないかもしれませんが、当時人気が先行し棋力の伴っていなかった女流棋界を米長会長は快く思っていなかった。 女流では(うろ覚えですが)中井、石橋、矢内らが中心となってミネルバという女流棋界を応援する団体を結成し、それを全体として将棋連盟から(友好団体として)独立するのに寄付を募った。 私は出遅れてしまい寄付できなかったが、その寄付金が米長氏の予想をはるかに越えたものであった。

米長氏は驚いた。 女流棋士のほぼ全部は男性の棋士に師事しており、未成年などを理由に師匠や親に圧力を掛けて女流独立を白紙に戻すよう迫った。 その切り崩しで一番割を食ったのが連盟残留派では矢内であり、LPSAとして独立は成ったものの様々な妨害行為を受けたのが中井と石橋である。 第二次寝返りで北尾がLPSAから連盟に切り崩された。 LPSAでは今でも新規の女流プロ認定ができず非常に制限を受けている。

渡部女流は、プロ認定されてからLPSA入会・所属を自分で決めた。 もう一人LPSA所属を決めた女流棋士が居たと記憶しているがはっきりわからない。 素晴らしい決断だと思う。

藤井(聡)ブームに奢らず、子供や女性を中心とした将棋普及を行う団体があってもいいと思います。 中井の脱退、石橋の引退でLPSAの大義が失われそうです。 この辺りは、私よりも正確に寅金さんが解説して下さるでしょう。 忘れてはならない歴史です。 棋界の汚点の一つです。

無言の行 P87

喝采様

米長師のLPSAつぶしにより、50名程度の健常な団体になるところを僅か十数名の片肺団体になった上、棋戦であらゆる妨害を受けた。米長氏の行為が無ければ、遥かに順調かつ大規模に活動できたものをと今でも残念に思いまする。

ま、それでも残留派の核になったオナゴさん達は、あらゆる手段で分裂を謀ったことでは御座いませう。

筆頭者の古河氏が理科大卒であることは、ソータ氏の進学、三浦濡れ衣に関わる丸山氏の立派さとも絡んで、面白い。
         _____________

喝采さんに言われて久し振りにホームページを見たら、十年の節目とか。それなりに女子プロとして棋戦参加し(差別は残って居ないのか? 段丘認定権はどうなったのか?)、オナゴさんへの普及活動をしているのは、不幸中の幸いでは御座います。

中倉代表は都立高出、中倉姉は法政大出。棋力と学歴は反比例するものやも知れませぬが、ともかく超一流以外は、一定の教育を受けている集団の方が信用できまする。

LPSAが少人数とはいえ並みの女流とは意識・意欲が違う知的集団で有るならば、大変結構なことで御座いますが。

無言の行P86

相変わらず、ケータイにつき、手短に。

LPSAは、つぶされてもいない、し、相変わらず
普及活動に励んでいるようですよ。
LPSAのHPで確認下さい。

石橋潰しと混同しているのではないかな。

無言の行 P85

御茶園様>三浦事件の顛末を鑑みるに、むべなるかな

御意のとおり。

>ソータ効果か羽生が元気

マンネリで倦んでいたところ、久々にやりがいが出たので御座いませう。

棋力でなく生涯記録や注目度についてはライバル出現と言えるやもしれませぬが、現段階で羽生氏本人がそういう具体的な認識を持つに至っているとは思いませぬが。

マスター様>将棋が大事なら進学せず、自分が大事なら進学するべし

いつもながら短いが本質を示している言葉。

>自分との付き合いは一生ですよ

重い言葉なれども、上ともども今のソータ氏に分かるのは無理で御座いませう。母親や師匠の心に響いて、本人が良い選択をすることに使えるとヨロシ。
         _____________

愚の個人的好みとしては、高校の勉強をちゃんとやるのは勿論として、なるべく大学にも行って、羽生や渡辺が期待外れに終わったところを超える真のリーダー格の(大山師級の)棋士になって欲しい気がしまする。そこまでの器量が無いのであれば仕方ありませぬが。

なお記録特に有力棋戦優勝(冠)数がいくら伸びても、単にそれだけでは、これからの時代は、棋力がAIに圧倒されることもあり、往時から現在まで続いて来たように持て囃されることは起こらないと思いまする。

なんらかの社会変動が起こり、今どきの若いオナゴさんが議員やスポ―ツ選手を目指すように野望を持ってか、或いはより好ましい在り方として、オナゴさんの嗜み或いは教養の一つとして将棋を指すようにでもなれば別で御座いますが。

(蛇足) 若いオナゴさんへの将棋普及のためには、LPSAつぶしは痛かった。

蛇足の蛇足 世の中(日本社会は)大分前から、オナゴさんのホンネに合わせて大抵のことが動いてきている。米長師は、男尊女卑の自信過剰が災いして、それを見通せなかった。

其マタ蛇足 否、米長師を擁護すれば、残留派のオナゴさんの思惑に絡めとられたと言う見方もできませう。

更なる蛇足 渡辺氏(核兵器使用)は盤外戦術と言う面でのみ大山師(通常兵器を駆使)を遥かに超えた。

無言の行 P84

第30期竜王戦挑戦者決定三番勝負 第1局
羽生の勝ち---松尾 一歩及ばず。

ソータ効果か羽生が元気。

無言の行 P83

> ソータ氏の教育や将来について議論が聞こえて来まする。

…将棋が大事なら進学せず、自分が大事なら進学するべし。
自分との付き合いは一生ですよ。

無言の行 P82

>>>羽生世代程度の見識で済むものだろうか?

三浦事件の顛末を鑑みるに、むべなるかな・・・・。

無言の行 P81

ソータ氏の教育や将来について議論が聞こえて来まする。

やはり最大の問題は、進学で御座いませう。

「昭和の棋士は中卒が当たり前」とされているが、実際には現在の中学1、2年相当の高等小学校卒をそう言っているもので、木村義雄のように書生をしながら慶応と言う一流の旧制中学(現在の中高一貫校の高校2年まで)を出た者は稀である。

棋界や将棋愛好家だけでなくて、当代一級の人物として戦後社会一般の人の心に与えた影響を見ると、大山よりも木村だったのは歴然としていると思うが、その理由は年代と時代の差も有るが、第一にはやはり教育の差だろう。

実に残念だが、羽生氏のサラリーマン向け講演を聴き、渡辺氏のコラムを読みしても、語彙や視野がどこか物足りないのだ。

率直に感想を言うと、丁度以前の囲碁将棋のソフトのように、所々なかなか良い手も指すのだが、肝心なところで、トロンとダメな(稚拙な)手が混じるのと同じ印象が有るのだ。(この二人の違いにまでは立ち入りませぬ。)

第二の理由は、羽生以降は、一般社会の波に殆ど晒されなかった。連盟とファンに大事にされて、羽二重の中に包まれて来たことであろう。
         _____________

それで、チェス棋士について調べて見ました。

カスパロフ(54歳)は、現在「反プーチン」の民主化活動で、奮闘している。2度逮捕されたが、流石に殺されないのはチャスラフスカと同じ。或いはソ連~ロシアと中国政権の差も有るか?

カスパロフはボトビニクのチェス学校で育った。そのボトビニクは3代くらい前のチャンピオンで、愚はトロントの米ソコンピューターチェス試合(1977)の折にサインを貰ったが、工学部出身で、ソ連におけるコンピューターチェスの推進者でもあった。

チェス学校のカリキュラムや、それといわゆる公教育マタは義務教育の関係については、英語ウィキまででは全く分からないが、カスパロフの言行を見ると、知的に彼に及びうる棋士は囲碁を含めても木村義雄しか居ないように見える。

なお一時期インテリが崇敬する囲碁棋士だった高川格は、大阪の高津中学校(旧制)を出て居る。ほぼ同時代の坂田、藤沢らはそうではない。
         _____________

インテリっぽい棋士は、鬼神の如く強くはなれぬものやも知れぬが、ソータ氏が30代40代、マタ50代になったとき、基礎学力や教養の差が、何か大きな影響を持つのではないか?

いやそれ以前に、20代になったとき、コンピューターその他の要因で、将棋棋士の在り方の根底を問われることが起こるやもしれず、そのときに、羽生世代程度の見識で済むものだろうか?

(蛇足) この観点からは、加藤大先生、米長師も比較対象として興味深い。

無言の行 P80

一昨日孫の兄の方がオランダに一か月も遊びに行っているので、孤りで可哀相な弟(その下の二人は保育園)を後楽園に連れて行く途中、東京駅で皇太子ご夫妻が「踊り子」で下田の御用邸に向かわれるところを拝見しました。皇太子殿下は実に堂々と輝いて居られ、雅子様も昔のダイアナ妃に劣らず美しく溌剌として居られました。

皇室を(旧薩長軍閥同様に)自分たちが日本を牛耳るための道具としてしか見ていない亀井静香や日本会議の一味に櫻井よしこ氏が居るが、北朝鮮の更なる挑発に〆たとばかり、「国民は加計学園の問題など忘れろ。」と言い放った。このオナゴさんの正体は何なのだろう。

確かに、今の安倍氏にとっての神風は、北朝鮮のグアム夾叉射撃実験だろう。
         _____________

例の失言続きとされる新大臣氏、「靖国分祀」を望む旨発言した。いずれマスコミや国会で取り上げられたら、地位協定「見直し」同様マタ苦心のぼやかし作文を読み上げるだろうけれども、河野や聖子氏より、国民は信用するのではないだろうか?

そこまで予測できていたとすれば、就任を固辞したのを二階氏が「怒鳴りつけて?」受諾させたのは、大手柄だ。

ただ言うまでもないが、今の日本では、善良な心の持ち主は、企業でも、役所でも、政治家でも力は持てない。この大臣はそのことが良く分かっているのであろう。

無言の行 P79

政治、何やら今度の台風5号に似て、ノロノロと漂って居まする。漸く上陸したらグニャグニャに崩れはじめた。あ、たった今のニュースだと二つに分かれた。目も二つ有る奇観。

あの正直大臣、稲田氏以上の不適任さは確かなれども、気の毒に。

一方で若狭氏は新党立ち上げの顔としては、覇気なく陰気で暗くて見すぼらしくしょぼくれた会見をしたとか。

(ここまで昨夜書きました。)

本当に気の毒で、暗いのは国民なれども、それも天命か自業自得か。

政治批判の傍ら、世界陸上にうつつを抜かしている。

※ マスコミはこの大臣について二階氏の派閥の都合のみによるもので、党のためであっても国民のためでない。「仕事しない」典型と酷評している。

しかし国民全体が台風5号に似ているから、彼等が、天皇をだしに使った帝国陸軍の如く、国民をだしにして、第一に自民党の維持発展を計ることも、咎めるだけ無駄やも知れぬ。

無言の行 P78

おはようございます (相撲界でも朝だけはそう言うらし†)

朝でないマスターさんには「お疲れさんでございます。」が角界の仕来たりのようで御座いますが、カリブ海で豪遊している人には、花街で夜更かしでもしているのでなければ、不適切になるでせうね。

張り手をやり過ぎて手が痛くなることは無いやも知れませぬが、愚は折角の行で多少治りかけたかとも感じていた指がマタ痛くなってきました。

いえ、未だ行中で御座いますよ。(官房長官氏よりは真実の説得力が有ると思いまする。)

酒仙様>横綱相撲との言葉もありますし

ふと思いを致しました。「横綱相撲」の本質は何で御座いませう? 

圧倒的な実力差が有る者が労せずして、弱者を屠る姿に憧れる。スーパーマン、キングコング、各種スポーツのスーパースターを思えば、人類の原初的心情を反映しているもので、「日本的」とまでは言えぬやもしれませぬが、やはり「巨人、大鵬、玉子焼き」を思い出すので御座います。

それに、横綱相撲だけになったら?

正確な記憶は無い([準]犯罪者達のように鮮明に記憶していることを必死になって脳内でも打ち消そうと努めるのでなく、本当に漠然としたもの。)ので御座いますが、相撲人気の低迷は、長い「一強時代」に一番ひどかったのではなかったか?

         _____________

もう何年経ったか分かりませぬが、絶頂期のレンドルやエドベリを観に行った時のことで御座います。二回戦でしたが、レンドルが、足も使わず突っ立って、ゆったりとウォーミングアップのラリーをしているかと勘違いしたら、既にゲームが始まっていたので御座いました。

良く見ると、自然に常人より強いストロークになって居て、相手をコーナーに釘付けにしている。それで返球が少し弱くなったときに、僅かに強く、僅かに角度を付ける(反対サイドに振るわけではない。せいぜいで15度位か?無論相手は、自分からサイドに振る[この場合クロスからストレートを打つ。]ような余裕は全くない。)だけで、確実にポイントを取る。

結局最後まで(2セットだった筈。)それで終わった。

テニスの横綱相撲とはこういうものだと理解しましたが、わざわざ金を払って再び観るほどのものではないと思いました。

エドベリは、未だ多少、動いたり、変えたりするタイプだったし、本人もスパーリングの代わりにやっていたのか、観客へのサービスか、2、3度ネットにも出てきておりましたが。

マスター様>横綱に禁じ手無し でいいでしょ?

いいです(反孫)。
_____

† 富山弁も朝の挨拶だけは同じらし。京都の「おはようさん」以外、地方差は無いのだろうか?

無言の行 P77

「名人に定跡無し」…なら 横綱に禁じ手無し でいいでしょ?

無言の行 P76

教授殿
お怒りは ごもっとも

白鵬 張りて 変化するのは 本人の衰えの自覚でですよ
ルール内であれば何をやってもいい は 一つの考え方です し 否定はしません
でも 横綱に期待するものがありますよね 横綱相撲との言葉もありますし

その昔の横綱 栃の海 舞の海 などは 何をやっても良かったのでしょうが
例えば 北の湖 変化したののかな? 

琴奨菊 相変わらず 負けても突進 
碧山 突き押しのみ コロリともいくけど
宇良 モグル
それでいいのだ

無言の行 P75

おしまいなはんしたか

フ博士>私だって全く好きじゃないし観ていて気持ちのいい物ではない。

その先のご意見を含め、多くの人が、同意するものだと思いまする。

立ち合いに「変わる」問題と似ていますね。それに対しても批判は大昔から有った筈ですが、雷電、前田山が出てくる張り手と違って、何故か古い話は無く、白鳳、日馬富士、把瑠都から、悪しざまに言われるようになったようで御座います。

(蛇足) 横審委員ましてやその長が、好き嫌いだけで物を言う方が、よっぽど気持ちが悪い。

蛇足の蛇足 新撰組(近藤勇)だったら、変わるのは「士道不覚悟」で切腹だったやも知れぬ。

其マタ蛇足 土方歳三は、真の達人だから、変わるのは当たり前としたのではないか?双葉山が張り手を正当としたように。

無言の行 P74

みなさん、こんにちは。

相撲に関して少し私見を述べさせてください。

まず、白鵬はよく頑張っていると思う。 一人横綱になってからも一層努力した。 ただし、最近では全盛期の輝きが失われ、真正面から相手を受け止めることはできずに少し左へ変わったり張り手を多用している。 これは仕方が無いことだと思う。

張り手。 私だって全く好きじゃないし観ていて気持ちのいい物ではない。 しかし「作戦の一つとしてある」のであるから、張り手をまともに食らう方が悪い。 何か工夫すべきである。

それと、横綱が下の者を張るのはどうなんだ、良くないんじゃないか、や、下の者が横綱を張るのは不遜ではないのか、という意見が聞こえてくる。 これはある程度そうだと思う。

ただし、下の者が白鵬に対して張り手を用いるのは、作戦として有効ではないと思われる。 白鵬の方がスピードや張り手の正確性が上だからである。 張り手には空振りするリスクや下手を先に許し易いというデメリットもある。 例えば頭突きで来られると張り手がヒットしにくい。 張り手を有効にさせない努力をすべきである。

雷電為右衛門(漢字?)は「張り手とテッポウ(双手突き)が禁じ手だった」と何かで読んだことがあります。 それほど雷電が強過ぎたのでしょう。 ただこれは現代には当てはまらないと思います。 ルール内で何でもアリだから相撲はおもしろいのだと思っています。

無言の行 P73 

寅○様>衝突し角が丸まりつつ海に流れ、又新たな岩が山から剥がれる事が正常な状態

相撲についての見方を論じ始めると、「ひ」を禁句にした古典落語もあるように、ゲームとして、言葉に出さぬことを約束しない限り、自然に日本人論も出て来てしまいまする。

今もみ消されかけている加計問題も、安倍氏と加計氏が「獣医学部新設」の言葉を口に出したら負けというゲームにカケながらゴルフ、会食を繰り返して居たのでもなければ、この頻繁・親密な交際の間に一言も出ないとは、信じられないと思う人が多い。

(愚は、加計氏が[籠池氏以上に]非常に利口だったとすれば、間接的に(*1)安倍氏に伝わるように大いに工作する一方で、直接安倍氏本人の前では絶対に言葉に出さない戦法を取ったことは、有りうると思っていましたが、先日の閉会中審査を見て、そこまでの完璧なやり方だったわけでなく、安倍氏に嘘が有るという国民多数の受け取り方が、どうも正しいのやも知れぬという見方に変わりつつありまする。)

相撲と日本人論もそれと同じと思うので御座います。
         ___________

ところで、寅○さんがコメント冒頭に書かれたことは、どちらかと言えば比喩だと思いまするが、愚にはググっと(或いはビビッと)来てしまったので御座います。

と申しますのは(←カリフォルニア訛りマタは国会訛り)、昨今の各所の相も変らぬ水害に、何故日本人は、治水の悪い所に町や道路を作り続けるのか、疑問になって来た所だったから。

そこへ、追い打ちをかけるように、

●日本人と中国人の最大の違いは「勤勉さ」、これは地震が理由?=中国
http://m.news.searchina.net/id/1640701

なる記事を読んだから。

愚感を要約するのは、他の事柄についてよりも難しいような気がするけれども、要するに日本人は、あまり将来の見通しを立てず、その都度テキトーにハッピーに生きられれば良い。時々家が流されることが起こるのも、少なくとも祖先から受け継いだ深層心理の中では想定しているのではないかということで御座います。

上記の中国人の見方は、日本人は時々家が地震で壊れることを想定しているから勤勉になったということで、結果として生じる国民性としては別の側面を取り上げているけれども、周期的災害を原因として見ることについては同じで御座います。
         _____________

さて以前将棋掲示板ではなにか一つ将棋にこじつけるという自然なルールが認識されていたことが有りまするが、今回の議論では、何か一つ相撲にこじつけることに努めるべきやも知れませぬ。

張り手、横綱の品格の理事長(境川)、協会、横審による一見尤もらしいようで一貫性の無い基準、或いはダブルスタンダードが、馴れ合いの中で、中期的に回顧すればその都度ご都合主義で行われてゆく相撲界(ファンを含む)。誤解を恐れず言えば、国政に劣らず優れて日本的なので御座います。
______

*1 柳瀬補佐官らには、念入りに、しかし目立たぬ様に下級職員によって詳しく説明し陳情する。陳情を受けた側は「これは総理にはお伝えするわけには行かぬが、必ずうまく行くように取り計らうから。」と約束する。

完全工作(犯罪とは申さぬ。)として足りなかったのは、今治市側のメモに前段の「総理には伝えない」(ホンネを言えば総理の方が先刻承知だから無用。)旨が明記されていないこと。そうして有れば、そこで閉会中審査の勝負は付いていた。

ちょっと抜かったか、官邸側にもともと慢心から来る油断が有ったか。

無言の行 P72 

よこやり賀茂さんと寅金さんと言えば、将棋掲示板界で、将棋を指す技術そのものの話を別にすれば最強のお二人。前門の虎、後門の狼か、(人間の)横槍か、久しぶりに面白いことになりそうで、大いに楽しみで御座いまする。

しかしながら、これまで通り行は続けまする。

この言い方は、歴然とした言行不一致に見えるやもしれませぬが、最近では何と言っても官房長官がこの種の物の言い方を連発して居まする。昨日も、総理と加計氏の度重なる会食が、大臣規範上「何の問題も無い。」とシレっと記者会見で答えていました。

これでは昔の役所(例の不正怠慢の塊の社会保険庁の出先などが極めて悪質だった。)の窓口に市民サ―ビス(説明、苦情受付含む。)をしないために、どうしようもない嘘つき受付係が居た所があったように、今でいえば、嘘つきロボットが配置されているようなもので御座います。

愚から見れば、これは「記憶が無い」を連発して逃げるだけの、明らかに手を汚した官僚達よりも、民主政治にとっては重大な状況で御座います。

(一連の隠蔽工作が官房長官の指図で行われているとすれば、こうなるのは一貫性として当然で御座いますが、そうでなくとも、官房長官の地位の重要性から見れば、罪は遥かに重い。世間は安倍総理の襤褸隠しのためと受け取ってか、この御仁の振る舞いを指弾しないが、日本憲政史上最悪最凶だと思いまする。)

これで官房長官に対して非難が巻き起こらないのは、もしかしたら、悪い意味と言うよりは情けない意味で「日本的」なのかと思いまする。

日本的とは?

自由に歴史の断片を切り取った懐古的な「ご都合日本的こころ」の在り方は多様であり、
衝突し角が丸まりつつ海に流れ、又新たな岩が山から剥がれる事が正常な状態だと解する必要があるのではないか。

日本から砂浜が失われていくのは忍びない・・・

昨今の右左の振り幅の大きさや政治家資質腐敗の顕在化は、ネット~SNS過渡期の正常な範囲とも思う。

危機感はあるものの、致命的な状況を避ける体質が日本国に存在している様子に安心はせずとも、
多少、安堵の疼きは感じる。

しかし、エセ保守に擦り寄るエロ芸者ごときの角隠しを叩く事で、溜飲を下げる風潮は緩すぎるとも言える。

ツールドフランス他では、有力選手が落車やら機械トラブルにあった場合、トップ集団は復旧可能程度と判断した場合は、
回復を待つためにペースを落とすことが義務的な不文律になっている。
半面、昔は汽車ワープにライバル襲撃~スペシャルドーピングが容認的包容されていた事実もある不思議さよ。

国技=日本だけで普及している競技 と考えれば、人種的(文化的習慣の素養)差別はあってしかり。
それを乗り越えてたいと思える才能を持つ人は、俗人・俗物じゃない=素敵。

有利な環境でない場所だからこそモチベーションの上がる体質の者も、世には少なからず存在する。

無言の行 P71

おはようさん

稲田さん、蓮舫さんにつぐ三人目に今井さんが浮上して、素質的には最優秀だった豊田さんはお籠りのままニュースから消えました。

日本社会の根幹から見ての最重要事は、ジョークを避ければ、蓮舫さんの次の党代表で御座いませう。

愚は前原氏では、「遠心力」が増し続けるだけだと思いまする。

野田氏は読み違えたか、狂ったか、民主党惨敗の自爆テロ解散をした男だけれども、その前に「偽メール事件」で実質的に本人と民主党の知的レベルを明確に示し、あまつさえ自分がなれないからと野田氏を党代表=総理にすることを選ぶなど、愚の極み。

要するに、民主党~民進党衰微への路線を、党の中心で引いたのが、前原氏と野田氏で御座います。

前原氏が党代表に返り咲くとすれば、政権について野田氏がやったことのコピーで、曲がりなりにも最有力野党で在り続けて来た政党としての民主・民進にとどめを刺す役割を果たすだけのこと。それには最も相応しい人選とは言えるやも知れませぬ。

それが日本の将来にとって、むしろ良いことになることを望むことは、決して皮肉で御座いませぬ。

(蛇足) 鳩山君は中野氏をパートナーに選び、蓮舫さんは野田氏をパートナーに選んだことで墓穴を掘った。

蛇足の蛇足 安倍氏は稲田さんに眼が眩んで、墓穴を堀りつつある。

         _____________

よこやり賀茂様>「横綱を(下の者が)張ってもよいが、横綱は(下の者を)張ってはいかん」というのが「日本らしさ」じゃないでしょうかね。

面白い意見で御座います。愚から見ると逆説の御つもりかとも受け取れまするが、いずれにせよ真摯にお答えしまする。「丁寧の上にも丁寧に説明を重ねる努力を続けたい。」と思いまするが、取り敢えずは要点を。

1.歴史認識として、下位者が上位者をましてや横綱を張らないのは、「仕来たり」で有ったと解している。
(イ)常識乃至土俵における礼節として張り手も張り差しも控えられて来た。
(ロ)良いか悪いかは別として常識を破った例外的な力士の名は相撲史に時々現れる。
(ハ)愚感としては、目上の者、況や神聖な者や長上者を「張る」のは、非礼・慮外・もっての外の行為だった。これが「仕来たり」の根底に有ったと思う。
(ニ)相撲に張り手有りと擁護した横綱として、戦後の相撲改革にも貢献した双葉山が知られるが、彼自身が張ったとか張られたとかは知らぬ。

2.いわゆる横綱の品格として、張るべきでないという批判が有るが、これは、上述の張り手に限らず、格闘競技としての相撲興行の時代的変化の中で、総合的に判断すべきである。
(ホ)スポーツとしての技の進歩、体力の向上、下位者の捨て身の戦法も増えて居り、千代の富士に代表される不正行為=八百長をしない限り、横綱だけが闘い方に様々な制限=ハンディキャップを付けられて高い勝率を保つことは、今日では困難である。
(へ)これにつき外国人力士に対してだけ、特にヒステリックに批判する傾向が顕著であることは遺憾ながら否定できず、日本国民の恥だと思う。
(ト)以前の横審委員の内館氏、今回の同委員長氏、どれほどの信念・見識で外国人横綱を批判しているのか?

3.下位者が上位者を張ることは、上述の如く一種のタブーに近いことであったが、過去に常識破りの力士が出現したことも有った。近代競技化を目指すのであれば、少なくとも「精神的な禁忌」からは解放されるべきであろう。
(チ)下位者が上位者を張ることは、非力な者が圧倒的に強いものを倒す可能性を多少なりとも増やすための戦法であり、少なからず「心理的要素」をも伴う。(➡4)
(リ)一方で相撲の作法の論拠になっている「神事」は、「精神的な禁忌」と殆ど一体のものであり、それと近代競技化は論理的には相容れない。そして両者の調和を目指すための理性的な議論は、「儲かる興行を続ける」ことだけが大相撲の目的で、それ以外は全てが副次的なものであることを、共通認識としない限り不毛である。
(ヌ)現在までの多くの議論・評論は、如何に尤もらしく述べても、所詮国会の議論の、枝葉、尾鰭、方便、口実、こじ付け、お為ごかし、開き直り、党派、政治家・官僚・評論家の宣伝合戦・我田引水・自己保身のためだということとまるで同じであることは、言わずもがな。

4.「日本的」或いは「日本らしさ」については(二つの語句が同じ意味で記されたという前提で)次の点で同意しまする。
(ル)強者に自制を求め、弱者に同情する心。(一種の判官贔屓)
(ヲ)太平洋戦争のように、弱い側の奇襲・一発勝負に期待する心。
(ワ)日本人でない強者を憎む心。
(カ)何かにつけて外国人を貶める心。
(キ)特に、蒙古人、ハワイ原住民などを蔑む心。(白人と有色人種に対してでは極端に違う。)

5.次の点では、日本人の美徳が失われていることは嘆かわしいことで御座います。
(ク)外国人を客人として大切にもてなすことを忘れでいる。
(ケ)(高見山)~小錦~曙~武蔵丸や朝青龍~白鵬と言った、興行的にも国際友好としても大貢献をした力士への恩を忘れている。

(蛇足) 4と5を合わせると、「大東亜戦争」の愚がまざまざと蘇り、日本の調子が上向く時代がマタ有ったら、マタ黄色人種を馬鹿にし、強大な敵(マタ白人とは限らぬ。)には、マタ博打的な一発勝負を仕掛けることを、日本国民が熱狂的に支持することが危惧されまする。

蛇足の蛇足 以前駒音で、大戦の開戦について、愚が軍部を元凶として批判した時に、今「盤側」に居られる論客の何人かが同盟して愚を論難されました。

愚論を修正すべき段階に至っているとは思いませぬが、当時の国民の中にも、愚かにも戦争を支持する心を持つものが相当に居たかもしれないことは、歴史的には検証されてはいないけれども、上記の議論で期せずして浮かび上がっている悪い意味で「日本的」な心と通じるところであり、マタ議論する機会が有れば、愚としてもマタ心せねばならぬと思いまする。

其マタ蛇足 日本人も愚かだが、21世紀の世界諸国はもっと愚かだし悪い。

更なる蛇足 文明国ではドイツが最も悪い。メルケルのせいかそれを支持するドイツ人のせいかは知らず。

無言の行P70

蓮女史、幹事長人事で躓いたと思っていたが。
政策も、実行も、退任時期もすべて拙劣な元宰相
を幹事長にしては、終わってると思っていました。
オカダが面倒をみると予想していましたが、投げっぱなし。

最大支持団体の労組に手を入れられて、
無策。コレだけ取り上げても、ジエンド。

枝野が、後を継いで、社民化をたどるか。
前原は、維新が体質的にあっているのでは。

明日の監察報告、どうなるかな。

無言の行P69

阿保ノミクスのお陰で、牛肉値上げ。
平気で米国産牛肉にセーフガード。
庶民の敵、関税当局。宰相にスリスリで、
出世もくろむか。サガワ人事の悪弊?

トランプ、出番だろうに。圧力かけろ。

風吹けば式なら、国民ファーストに、益々期待高まる。

陸自トップ、ハラを切る。流石、武人。
省のトップ、島流し相当。政界引退かな。
クニのトップ、権限委譲すべき。取り敢えず、
三木派後継、コームラに。角栄の時にならって。

冷静に見ると、今回のイベント⁈、隣国のパク騒動に似ていると、
他所からは見えるのだろうな。

無能な宰相を支持してきた庶民のツケか。

加えて、シュー、プーの影もちらつく。
これは、都市伝説の類い。

無言の行P68

変人宰相ジュニア、どこがいいのか、全くわからん。

特段、何をやった訳でもない。

親父の尻馬に乗って、原発廃止とか言っていたくらい
しか、思い浮かばない。

親父の郵政民営化は、郵便局に選挙で落とされた
という私怨だが、一応、下等人間の感情としては、
理解は出来るが。小生も下等人間だから。

ジュニアの農協ツブシは、サルマネ。

子供保険、やめてくれよ。
財源云々ではない。
10年後の日本国の姿をどう予測した上での
子供政策なのか。その妥当性の提示がない。
やはり、経済学部卒業に家庭教師を必要とした
親父のご子息ですな。

横浜市長選、どうなるか。
小生、なんの情報もないが。

無言の行 P67

横綱以外の相撲取りが横綱に張り手を使うのは「不敬」なことで、
横綱が張り手を使うのを禁じることは「戯けたこと」である。

つまり横綱は張り手を使ってもかまわんが、下の者が横綱に張り手
を使っちゃいかんと云うことですか?

追加
将棋もでしょうが、大相撲は特に「日本的な」という特性を前面に
打ち出したマーケティングが必要でしょうし、実際その路線でやって
きたことが(わずかなれど)海外でも受け入れられている理由でしょう。

そうした観点からいけば、「横綱を(下の者が)張ってもよいが、
横綱は(下の者を)張ってはいかん」というのが「日本らしさ」じゃ
ないでしょうかね。

無言の行P66

>>> 会津一徹
うん 彼は 偉く潔く 
大平に殉じ その名も 正義 
ま~ 旧制高校卒業の骨か 

あれから 岩手のバカ 1か月の女たらし 実に レベルが低くなった
最低は 民進のドカン 宇宙人 か 
宇宙人など 先進国から相手にされず お隣ばかり行ってる お粗末

>>> 宰相の器にあらず
同感 レベルが低い

その点 自 が偉いのは 中曽根 小泉 国益を言っている

>>> 後藤田、船田
後藤田は まだましか 船田はアウト 進次郎の10年後?

>>> ナカタニ
悪い奴ではないが 所詮 防衛大臣の器

無言の行P65

ムカシ、会津一徹という政治かがいた。
宰相にという声が高まったが、頑固に拒絶した。

イトウ正義という名だったか。

いしば、きしだといった、へたれは、宰相の器にあらず。

後藤田、船田といった、のが政治力をつけねば、
アカンのでは。

イチタは、所詮、通産政務次官まで。

ナカタニの名がでるようでは、リスクが高すぎる。

無言の行 P64  横綱と張り手

なにやら騒がし。

これで思い出すのが、如何にも小物の理事長だった境川が、

 「武蔵丸(当時大関)は曙を張れ」

と記者会見で公然と言って、1~2場所後に、横綱(今より神聖だった。)を張るという前代未聞の不敬かつ下卑たことをし始めたことで御座います。

今、横審委員長だかが、横綱は神様だから自ら張るなとかと、戯けたことを言っているらしいが、張り手問題には、日本の相撲関係者の概ね大型な外国人強者への強い憎悪・反感・差別意識が陰に有り、相当数ファンもそれに感化されていることを忘れるべきではありませぬ。

(蛇足) 稀勢の里が今後優勝することは無理でなかろうか。

         _____________

喝采様>8チャン夕方のニュースで、防衛相と省幹部の会合記録メモ公表。

数日前夕刊フジで、「明日なんて答えよう」と言ったとされるということまでは、触れられて居ましたが、ついに証拠を出したので御座いますね。

昨夜早速ネットで当たったら朝日がネットで引用していました。朝日は、朝刊にも載せた。

(蛇足) 公明党に多少なりとも不戦意識が有るように、産経グループには、べったりにして居る安倍総理に逆らってでも、自衛隊~日本軍を大事にする意識、むしろ人脈が有るらし。

無言の行P63

8チャン夕方のニュースで、防衛相と省幹部の会合記録メモ
公表。

本物なら、大臣虚偽答弁の証明か。

監察結果、今週中らしい。そのネタで審査か。

今治黒塗り、はがせば、ウソつきか、記憶に欠陥
ありそうかの、官邸の高級官僚の悪辣さが晒されるでしょう。

無言の行P62

サガワを栄転させたのは、宰相自身の保身に官僚
人事を使うという国家機構の私物化。

イズミやら首席補佐官の厚顔無恥の答弁の拠り所。
ウソつきの勧めという本でも書いたらよろし。

国家機構を混乱させる大臣を罷免せず、は、幼児的なお友達感覚という
社会性の欠除。

横浜市長、愛媛補選、関心を集めますね。
地域民度が分かったりして。

元宰相のマゴが、おじいちゃんの最後の頃は、
3%だったと、の賜った。

妥協なき官邸は、社会に害悪をふりまく。

無言の行 P61

おしまいなはんしたか

今度は柳瀬と言う人物(首相秘書官)を本命とするスクープ(AERA)。

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83...

萩生田、和泉と誤認逮捕的、的外れ名指しの連続だったのか? 否、全側近上げて絡んでいたことのダメ押しになる証拠で御座います。

無言の行P60

結構、雁首揃えますね。

窮鼠、猫を噛む、にならぬよう、野党の正念場ですか。

ハス女史、目一杯やったらよろし。失うもの皆無か。

イシンがどんな恥をさらすかな。カジノバンザイか。

双方、準備時間は、そこそこある。

8チャン、立ち位置、分かりましたね。

カゴの背後は、ナントカ会議ですか。

無言の行 P59 ドンドン行け幸三

和泉、今井両氏は表に出て来たことが無いから、察しは付くにしても正体は国民は見て居ませぬ。

萩生田氏は前回は国会で尻尾を摑まれるようなことは無かったが、攻める側の大誤算は、その場で、突如山本大臣が全部被りに「踊り」出たことで御座います。†

これが、前川氏側のドジなのか、「そもそも」山本氏焙り出しのステップだったのかは知らぬ。無論犯罪捜査と同じで、真犯人(達)に辿り着くのに、無駄も有れば迂回マタ「間接照準」も有りまする故、どっちでもヨロシ。

その山本氏、一躍大スターになりました。東大の理一(数・物・工系)が3倍近く大膨張し、更に理三(医系)が分離された後とは言え、そこに入った上に、経済学部に進んだというのは、東大でも希少なスーパー秀才(天才の対極だが学問的幅も広く社会的有用性が高い。)やも知れぬ。その後の経歴を見ても、知性重視の西欧型文明国の政治リーダーとしては本命格なのだが、果たして運命や如何に?

ただ、68歳で今の役回りでは、秀才能吏の限界で、もう大した将来は予想できず、気の毒なことになるやも知れぬ。

無論、今回の危機を乗り切り、それに付け込んで既にして始まった中・北の侵入・増長をバネに、安倍氏と日本会議が経団連等と組んで日本を再び全体主義国家にすることに成功すれば、最も有能で恐るべき幹部、もしかしたら継承者にもなることで御座いませう。
        ____________

さて、その山本氏は稲田氏同様、一言で言えば「法廷(的)戦術」に入った。全面否定に徹し。後は裁判官の心証で勝負。最後は最高裁で勝つ。

稲田氏は勿論、現代風の悪い意味のプロだ。刑事事件ならばシレっと否認しまくって無罪を狙い、民事事件ならば、負けそうになったところで、有利な和解を目指す。

山本氏と佐川国税局長官は、そもそも稲田氏の数倍素質的能力が高いから、得になると思えば、上司と弁護士等の指示に従って、どんな戦術でも使える。況や窮地に追い込まれたときに於いてをや。

(蛇足) こういう本来の能力も高く順調に教育訓練を受けた人物が、同時に悪知恵に恵まれていることは珍しい。悪どくあざとい手口は指南されるか、被害者になって凝りてから学ぶものだ。

蛇足の蛇足 その典型が鳩山由紀夫氏で、全く学んでいない。被害を受けたり、誑かされたりしていることも、未だ自覚が無いようだ。

其マタ蛇足 山本氏のタイプは、自信過剰でしゃべり過ぎて失敗する可能性も有り。

稲田氏は、安倍氏から見たらピカピカの才女やも知れぬが、日本社会では至極凡庸なオナゴさんだし、佐川氏は官僚の分を十分に弁えているから、そういうコケ方はすまい。

______

† 変換ミス承知。←人工知能の一つの本質が現れている。

無言の行 P58

おしまいなはんしたか

フ博士>稲田防衛大臣、最悪!

本当にそうやちゃ。

他では報じて居ませぬが、政権べったりのフジテレビだというのも興味深いことで御座います。

官邸の意向を代弁しているだけでなく、防衛省、自衛隊に太いパイプが有るので御座いませう。今宵の夕刊フジは「官邸激怒」の見出しですが、「けしからん。あす、なんて答えよう」というセリフは載っていないような。

喝采様>TVで見る神奈川の政治ヤは、ミナ人相悪く見えるが

確かに左様で御座いますね。

愚がそこまでは感じて来なかったのは、嘘つき・恫喝長官大臣局長達と比べれば大分マシで、せいぜいで意地が悪い小狡く小賢しい小者に見えたから。

後者は人外になりかけている者で御座います。ユーモアも見られる「百鬼夜行図」よりは、リアルに浅ましさが描かれた「餓鬼草紙」を思わせまする。

無言の行P57

陸自が、もうやってられんと。
お嬢大臣、専業主婦しかつとまらんのでは。
と言ったりすると、専業主婦連から、抗議が来ますね。

早く任命責任とって、タイジンされたらよろし。
TVで見る神奈川の政治ヤは、ミナ人相悪く見えるが、
偏見かなぁー。多分、ボスがねぇー。

日本のヒムラーの保身行為を褒めるインテリ掲示板人
を見ると、そんな程度だったのねと。それとも毒まんじゅう?
どうでもよいが。

無言の行 P56

みなさん、こんばんは。

私が何か言える立場ではないですが。 稲田防衛大臣、最悪!

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170720-00000816-fnn-pol

部下の失敗さえも自分が責任を取るのがトップの宿命。 それが「知らん、聞かん」で全部部下のせいにして逃げ回っている。 このような人物は、大臣・議員以前に人間として終わっている。

さて。 自民党はこの人物を永久追放できるか。 国家規模で大きな損失を被りました。

あと、探したけど出てきません。 すみません。 10.22 に安倍政権が終わる、という記事でした。

午前中に何かのnetニュースでした。 もうじき愛媛(3区?)で衆院補欠選挙が行われるそうな。 自民は亡くなった議員の息子が出るそうですが、この選挙区が「加計学園」が獣医学部を建てるその選挙区らしいのです。 民進は元職が出るそうな。 もしも共産党と一本化すれば勝つ可能性がある、と。

これはいろいろな意味でおもしろい。

無言の行 P55

小さきことなれど

横浜林文子市長、オリンピック改善不協力の勢いを作ったことで、不思議に思っていたら、菅氏直属だったアル。当時の小池-二階関係、今明らかになった菅氏の裏のやり口を考え合わせると、良お~く分かるアルネ。

それで今度の横浜市長選、多少面白くなって来たそうな。選挙民の正体見せるヨロシ。

無言の行 P54

酒仙様> 見栄を張ってはいけません

歩歩

>小生に任せてください

武勇伝を楽しみに

喝采様>ヒムラ―

本物について、取り敢えずウィキペディアでざっと全体像を復習しました。生い立ちを詳しく知ったのは初めてと記憶しまするが、陰険な手段で最初はインテリ層から国民~ユダヤ人~ポーランド人を殺戮した点と写真では東條にも似て居まする。背景に(生い立ちを反映した)これらの集団に対する激しい憎悪とコムプレックスを感じる。

(東條は、ヒトラーに比肩するような指導者の器量なく、目一杯評価してせいぜいヒムラーまでの人物が、稲田大臣のように2段階不相応な地位について勘違いし、知識人・若者を殺戮し、国を滅ぼし、したがってマタ望ましい亜細亜秩序を崩壊させたものやも知れぬ。➡蛇足)

当代の和製「ヒムラ―さん」、穏やかで辛抱強い能吏の顔の裏で、以前から親衛隊やゲシュタボと本質的に同じ手口を使っていた。そういう意味ではプーチンにも通じる。

プーチンを大統領に頂くのはロシア人の勝手だけれども、現代日本政府の中枢にいる者が稀代の殺戮者を思い出させるようでは好ましくありませぬ。

>官邸は、なぜTPPにこだわるのか

これも現在の視点から、見直さねばなりませぬが、次の言葉が本質を言い当てていることは間違いないでせう。

>とどのつまり、国富の私物化

(蛇足) 米長師もヒトラーを自称していた。このほうがまだしっくりする。いろいろ根拠が有るが、田中ヒムラ―と対にすると分かりやすい。

無言の行P53

甘いTPP閣僚を嵌めたのは、誰だろうか。

と、いうのが、最近、何度か脳裏をよぎる。

犯した罪は、明白ではあるが。
此れ程明白であるのに、不起訴。
あそに拾われた。

宰相体制を支える三人衆の一人で、バランサー
であった。

TPPでは、コメの風呂人に手を焼かせた。

官邸は、なぜTPPにこだわるのか。
毒まんじゅうを仕込んであるのではないか。
国内の国民保護の制度破壊。農協つぶし。
秘密交渉だから、内容は、国民にはよくわからない。
肉が安くなる?自動車メーカーがさらに儲かる?
などに誤魔化されるとしたら、いやだな。

さて、甘いを嵌めたのは、誰だったのだろう。

無言の行P52

スガヒムラー。ふるさと納税発案?推進者だった
そうな。

自治官僚を恫喝、反対官僚左遷、し拡充推進。

ヒムラーの利益誘導、どの辺りにあるかな?

こいつら、岩盤穴開けと粉飾し、とどのつまり、
国富の私物化じゃん。

公民なのかね。塀の中がお似合いのように思えて
きましたな。

無言の行 P51

>>> 愚は交際有る(歩歩)女専門医さん
教授がこのような見栄を張ってはいけません 笑

小生に任せてください

無言の行 P50

喝采様>マブタの荒れ、(中略)毎朝、洗眼液で洗うも、現状いじ。

愚は交際有る(歩歩)女専門医さんから抗アレルギー点眼薬を貰いましたが一向に効きませぬ。効かなければ次の手立てを考えると言われましたが、今のところ諦めて放置中。海水浴でもしたら塩分とミネラルと紫外線で一気に吹き飛びませぬものか?

明日発売の週刊文春にマタ一つ出ますね。加計&山本。日頃は政治の話をしない某有力私大の獣医学の教授が、加計問題だけは、我々が森友のことしか知らぬうちから遥かに大きい問題が有ると言って居りました。
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E3%80%8C%E5%8A%A0%E8%A8%88%E3%81...

ズブズブは明らかだけれども、国民がいつ目を覚ますのだろう?

世論調査によると、自民党支持者の8~9割が未だ加計新設支持だと言う。「夜明けは遠い。」

無言の行P49

マブタの荒れ、小生も同病?

老人病の一種ですかね?

毎朝、洗眼液で洗うも、現状いじ。

来客か。また。

追記 EUは北鮮の核開発に間接的に支援?
国交があり、普通に貿易をしている?

千畝氏の重要な職場であったリトアニア。
露の侵攻を恐れる。準戦時下か。

西洋カルタは、プーさんの操り人形。
人形劇観戦。

無言の行 P 48

猛暑の効果か、3か月余りも愚の咽喉・気管に繁茂していた黴菌かウヰルスがやっと滅びたらし。

腱鞘炎(?)、脳調もやや改善とも感じるが、眼瞼の荒れ続く。当分無言の行続けるヨロシ。

世界を見ると、ISがやや下火なのはヨロシ。妙な時期に広がった南米原産のヒアリの天敵が、ノミバエとは面白や。

国内では松居一代なるオナゴさんが、競艇選手の傑出した遺伝子を貰ったのか、素晴らしい作戦構想と突破力で、テレビ(ユーチューブ、ブログ)視聴率驀進中。

今週の愚の不快の第一は、ドイツのメルケル奴が、ますます中国にすり寄っていること。
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%80%90%E9%87%8E%E5%8F%A3%E8%A3%95...
このオナゴは東独育ちのリケ(物理)女で、ヒトラーに通じるがっしりした体躯と容貌†の持ち主だから、ヒアリの女王のような本性・器量の限界ははっきりしている。ドイツ人は実利的だから‡このオナゴの下に群れて、EUと言う名のドイチェラントを謳歌してけつかるが、いずれマタ懲りるヨロシ。ヒトラーが滅びたときのように。

不快の第二は、途端に矮小なヒアリのレベルの話やもしれぬが、京都産業大学の獣医学部設置断念発表について、阪大系のY特区委員が、すかさず「準備不足」だったと述べたこと。御用学者はかくも卑小で穢しきもの哉。
         _________

† ヒトラーの人相には、狂気のせいも有るが、未だなにがしかの精神性~高貴さが見受けられる。

‡ 日本人は、右派はカント、ノンポリはゲーテやハイネやゲート―ベン(~ヘーゲル)、左派は(ヘーゲル~)マルクスのせいで、ドイツ人の精神性を買い被って居るが、そろそろ目を覚ました方が良い。古代ギリシャと今のギリシャが違うし、トルストイのせいでロシア人が人道的だと思っていて皇室ぐるみで講和の仲介を当てにしていた失敗が、日本のみならず世界の今の苦難の大本の一つだから。

無言の行P47

根本は、プライバシーを売って、ゼニ稼ぎか、メディア
を活用した、ウップンばらしか。

精神下品なオナゴさんなのだろう。見苦しいと思う。

無言の行 P46

松居某オナゴサン曰く「バイアグラ男(船越)どこからでもかかってこい」

原子力(寄生)委員長某曰く(北朝鮮ミサイル攻撃は原発を狙うよりも)「東京のど真ん中に落とした方がよっぽど良い」

壮快な言葉が流行る。

無言の行 P45

みなかみ様(つらよも P47.5)>立ち読みしなくても、ここで読めるようですよ

ネットを読み始めて先週木曜日発売号だと気づきましたが、少なくとも最初は全く同じ文章だし、棋士たちの言葉も全く同じはずなのに、印象が全く違うことに驚きました。

紙本は縦書き、ネットは横書きですが、それだけでなく、紙本は無論人類何百年の知恵と美学で出来ているのに対して、ネット編集も相当に工夫してあるが、どこか刺激(光学的とか視覚的とか)がきついような。

物書きではないけれども、半ば職業的に、紙とネットで物を書き続けていて、指まで傷めて行に入った人間として、かなり強烈なショックを受けまして御座います。

一つには、紙本は1~2ページ全体を瞬時に読み取る事が多いけれども、ネットでは、行を追って読むから、時間をかけているわけで、その分だけ各棋士の個別的なコメントが頭に入るのやも知れませぬ。

無言の行P44

サッチョウ、左様でございます。
変換しながら、ひょっとすると、とは思いましたが。
最近の日本のミステリーは、警察モノばかりなもので。
それらにひたっていました。

若かりし頃、サッチョウに入庁?した友人と銀座で、
昼飯にカレーを食った時、サッチョウの事を
ウチの会社と言っていた。ナントも違和感を
感じました。

遺伝子工学?、気候変動、社会心理、
行動科学、ポスト構造主義、経済哲学、
真剣に研究してもらいたいものと、
痛感するようになってきましたぇ。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。