第49期 王位戦 第四局

http://event.nishinippon.co.jp/shogi/oui/49oui/

『地元での王位戦が念願だったという深浦王位は「勝ち越して第四局を迎えられたが相手は羽生名人なので油断はできない。内容もいい将棋を目指したい」。羽生名人は「佐世保にはこれまで何度も来ているが、将棋に対する熱い気持ちや活気に応えられるよう白熱した将棋を指したい」と互いに健闘を誓った。』

投稿者: 紫外線 投稿日時: 水, 08/06/2008 - 07:44 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

暑中見舞い

>97手目、65銀に55銀と桂を取るのではなかったか?
>65同銀もあったかも?

この辺の変化は、もう少し涼しくなったら検討しましょう(冗)。

>この3連敗追い上げながら惜しいところで時間がなく落としている気がする、、、

仰るとおり。
羽生名人は時間の使い方は上手だと思っていましたが、今期の王位戦では早くから劣勢になっているせいか、時間の追われていますね。

暑くて

検討は無理、、、

ただ昨日意外だったのが、
97手目、65銀に55銀と桂を取るのではなかったか?
同歩で桂を打たしたのは素直すぎる?
65同銀もあったかも?

この3連敗追い上げながら惜しいところで時間がなく落としている気がする、、、

110手目9五桂

△9五桂は、△8八金以下の詰めろ。△6九銀も、△8八金以下の詰めろ。
(※ 訂正 △6九銀は詰めろでは無いですね。△9五桂も詰めろではなさそうです。)
5五馬がいなくなればこれらの詰めろはなくなります。
そこで、棋譜コメントにあるように、▲8二龍が考えられますが、
△6九銀であれば、▲8二龍 △同馬 ▲同銀成のあとに△7八銀成が厳しい。
△9五桂であれば、上記▲同銀成の局面が△6九銀よりも劣ります。

しかし、指し手が示すように、次の手は▲3四角です。
△6九銀だと、持ち駒は金、桂、歩ですので、▲3四角の王手に合い駒が困ります。
金合いでは先手玉の詰めろが消える。
桂または歩合いでは、次の▲4四銀でしびれてしまう。
(※ 訂正 詰めろなら、この瞬間に詰まされる)
つまり、▲3四角に△4三銀合を用意するために、△9五桂としたのではないでしょうか?

以下、確実に先手勝ち切りましたから、この時点では既に先手が優勢(勝勢?)だったのかもしれませんね。

香打で詰み

終局早かったのですね。今回は深浦さんに早く決めてほしいです。さしたる理由は無いけれども、やっぱり一頃みたいに巨人だけ勝つのとか、佐藤さんをやっつけ過ぎるとか、ちとマンネリ感がありますので。

今度はまた随分間が空くのですね。旧盆のせいですか。

深浦さん、勝利!

123手で、深浦さんが勝ちました。一時は羽生さんの玉が広い所に逃げ出し、とても
捕まらないかと思ったのですが…

羽生さんの110手目9五桂が意味不明の手、あれで決定的に悪くしたようです。それにしても羽生さんらしくない手です。残り時間が少なくなり、あわてて指したのかもしれません。
羽生さんも深浦さんを相手にすると、終盤不思議に時間が無くなりますね。他の対局者では見られない現象です。

これで、深浦さんの3勝1敗。王位のタイトル防衛に大きく近づきました。タイトル1期だけでは、価値がありません。防衛してこそ本当のタイトル保持者。深浦さんの第5局での戦いに期待しています。

本音を言うと、最終局まで縺れて欲しいのですが、そうなるとタイトル防衛が危ないかもしれませんので、なるべく早く防衛を決めて欲しいものです。

再逆転?

98玉に95桂が不要の一手?
69銀で勝ちか?
ここらへんは全てノータイム?
お互いのミスかも?
詳しくは明日検討しないと分からん、、、

深浦王位勝利

深浦王位が勝って故郷に錦を飾りました。
深浦王位強いです。途中怪しいところもありましたが、完勝ではないでしょうか。

羽生名人、追い込まれました。
棋聖戦の再現(3連勝)はあるか?
(今の深浦王位の充実振りからみて難しそう)

???

少し目を離していたら、ずいぶんと進んでいて状況が飲み込めていない!
逆転した(後手勝ちになった)のですか?

逆転?

72銀が92銀(短気者)に続いてのびっくり!
55桂を取られて王手がかかった。
98玉まで。後手玉広い!

▲8六香

今晩は この手なら愚にもわかります。待望の一手ということですか?90手まででは先手が1時間半も時間に差をつけていたのですね。

(ダイナマイト様御教示感謝)

△1九角成(94手目)

なんだかよく分からなくなってきました。
終盤戦というか、中盤戦(中盤と終盤の中間くらい?)がずーっと続いている感じ?
まだ少し先手がリードしているような気がしますが、雰囲気(流れ)的には羽生名人ペースなのか?

△2八龍(78手目)

何だか、形勢が混沌としてきましたね。
▲9二銀は少し急ぎ過ぎたか?
右辺の駒が捌けて玉も堅いので、先手悪くないと思いますが、歩切れのうえに、もし9二の龍が働かないとしたら、かなり大変か?
後手は、左辺の桂・香が働いていないのが鳴きところ。しかし、一頃に比べれば、ずいぶん追い上げた感じがします(並んだか?)。

しかし、第1~3局を見ると、深浦王位は、悪くなってからもまったく崩れません。

これからの勝負と思います!

短気者

91飛に5筋方面に逃げ出す手もあったか?これならちょっと早そう?

暑くてお昼ね?と思ったら寝ても居られない、、、

▲9二銀(71手目)

凄い手が出ました。
深浦王位、一気に決めるつもりでしょうか?
▲4九歩からの構想のようですね。△5二銀打ちを意味の無い手にしようとしている。
これで決まっているのであれば、羽生名人にとってはかなり不本意な1局になるが。

確かに

アマチュアにはとても考え付かない手。いやいや、羽生さんも不意を突かれたに違いない。

△同香、▲9九飛の後、羽生さん、どう指すのか?

▲92銀

これが「プロの手筋」というものですのう。某凡人には考えも及ばないですます。

△5二銀 66手目

64手目に、これは無いのではと思われていた△3九飛。羽生さん、成算があるのか?
66手目は△5二銀ですね。さすがに玉の横腹が開いたままでは戦えなさそう。先手からの
8二金、同玉、6一馬も防いでいます。

ここからは▲4七馬、△1九角成の展開か。そのあと深浦さん、▲8八玉?

昼食休憩?

63手目▲2五馬で昼休みのようです。
封じ手は、予想とおりの▲4三歩で、その後駒を取り合い、▲4四歩(49手目)が予想になかった手。関根名人も、この手を好手と見ているようです。
その後、細かいやり取りが続きましたが、先手がポイントを上げたように思います。後手意表の△5五角(58手目)を打ちましたが、苦し紛れといった感じです。関根名人も、後手苦しいと見ているようです。

細かいやり取りで先手があげたポイントは、
・馬が好位置(攻防の位置)に引けた(2三~2五へ)
・飛車交換できた(この交換は先手が得)
・5筋の歩が切れた
等々

後手は、玉の横腹が開いた状態での開戦はやはり無理であったか?
(△6二金と▲8八玉の交換は損と判断した?)
それとも、関根名人が言われるように誤算があったか?

先手は、▲6八金右~8八玉とすれば鉄壁。
(馬や竜も自陣に利かせそう)
後手陣は、▲4二飛 △6二金 ▲5四歩とされるくらいで嫌になる?

羽生名人の次の一手は?

後手誤算?

封じ手から57銀成と進んだとき45歩があるのではないかと思っていた。44歩があれば更に良い。

現在47飛成りまで。
単に取って42飛で銀が抜ける?誤算?

2日目開局宣言

>あるいは▲4三歩△同飛▲3二角△4二飛▲2三角成△5七銀成と攻め合いに持ち込む。

▲5九金のあと、後手にピッタリの手がありませんね。
・△4六角で後手悪くないと思いましたが、▲2六飛で後手大変と思います。
・△1四角も考えましたが、どれくらい利いているのか微妙です。
・△6二金や△4七飛成しかないようだと、後手苦しい?

>金はそのままほっといて、▲2一角成のほうが、先手、面白いのではないか。

なるほど、桂・香を拾っての8筋攻めは厳しいですね。
しかも▲6六馬と引き付ければ万全(ここまではさせて貰えないか?)!?

間もなく封じ手開封です!

渡辺ブログより

>▲同銀△同飛▲4八歩と辛抱する。あるいは▲4三歩△同飛▲3二角△4二飛▲2三角成△5七銀成と攻め合いに持ち込む。後者だと朝から激しくなります…

竜王も封じ手としては、▲4六同銀か▲4三歩の二つしか考えていないようです。これは
私たち、素人の観戦者と同じで、ここはこの二つしか選択肢が無いみたいですね。

先手の▲2一角成には全然触れられていないところを見ると、銀桂交換ではやはり良くない
ということでしょうか。

う~ん、何か他の手順も存在しているような気がするのですが…

封じ手は?

▲4三歩は有力ですが、△同飛、▲3二角、△4ニ飛、▲2三角成 では、dynamiteさんの
ご指摘通り、遊び駒に働きかけているようで面白くない。

金はそのままほっといて、▲2一角成のほうが、先手、面白いのではないか。
金よりは桂馬の方が役に立ちそうな局面です。

もっとも、後手の飛車が4九の金に当たってくるので、先手も忙しくなりそうですが。

封じ手2

>投稿前に確認したら、ダイナマイト様の②アルネ。でも①は駄目アルのか?

後手の2三金は遊び駒になりそう。であれば、遊ばせておくのが良い。そうすれば自然に先手が良くなる。したがって、「①は駄目アルのか?」の教授の大局観は正しいと思います。ただし、▲4六同銀 △同飛の局面を凌げることが前提。龍を作られて、飛車を捌けないようでは先手つらい。

②の順は、先手馬ができますが、持ち駒の角で遊び駒の金をとるのはイマイチ。対する後手は盤上の銀で、敵陣に迫りながら銀をとり、しかも飛車が金に当たる。▲5九金が中々の手なので、先手も悪くは無いと思いますが、なんとなく気が進まない(私は)。

深浦王位は②を選ぶような気がしますが、①では良くないから②を選ぶのか、一気に決めるために(優勢になるために)②を選ぶのか!?前者であれば、羽生名人の術中にはまっている?後者であれば、故郷に錦を飾れる?

明日は朝から目が離せません!

表敬見学

なんだか分からないが面白い局面アルネ。駒音では両山の見方が対立してるアル。愚は分からないけれど、希望を込めて先手乗りアル。封じ手は駒音で山崎さんが書いた4三歩からの順のにはなんとなく不同意アル。

投稿前に確認したら、ダイナマイト様の②アルネ。でも①は駄目アルのか?

しぇいシェイ

(済みません。老化現象で、今年の暑さのダメージが想像以上に大きいもんで脳のブレーキが利きませぬ。当地の気温は気象庁発表が30度に下がった夕刻でも車で見てる外気温は37.5度でした。)

封じ手

第42手目 後手 4六銀で封じ手のようです。

①▲同銀 △同飛の局面では、どう指すのだろうか?
▲4八飛がある!と思ったら、△5七角で投了ですね。
▲4八歩とは打ちたくないが、、、、
▲3九金では金が玉から離れるので、▲5九金か?
後手は2三金がひどい形なので、△4六同飛の局面を凌げるのであれば、先手が良くなるはず。

②▲4三歩 △同飛 ▲3二角 なら激しくなりますね。
遊び駒になりそうな2三金に働きかけるので、感触がよくない手ですが、①で悪いとしたら、この順に踏み込むしかない?第1~3局の深浦王位をみていると、こちらの順を選びそうな気がしますが、どうだろうか?

深浦王位の封じ手にに注目大です。

42手目、△4六銀で

深浦さんの手が止まっています。どうやらここで封じ手か。ここまでの長考ということは、
深浦さん、▲4三歩を考えているのか、それとも他の手を?

▲4三歩なら、かなり激しい戦いになりそう。その先を見通そうとしての、深浦さんの長考のようですね。

第40手目 後手4六歩

>後手の3五銀が妖しく輝いていますね。

絶妙の言い回しですね!

5三の地点が薄いので、玉を移動しつらいかと思ったのですが、玉を7二に移動してから、△4六歩と仕掛けました!
先手玉は王手飛車のラインに入っていますが、今がチャンスと思ったのでしょうか!?

>羽生さん、時には思いもよらぬ形で戦いに挑むこともあります
>とりあえずの△4六歩の速攻もありますか。

みなもとさんの予想的中!!

40手目、4六歩

40手目で、羽生さんが4六歩を決行。銀交換までは必然と思えるので、その辺りで
封じ手になりそう。しかし、角と銀が交換されているので、明日は激しい将棋に
なりそうですね。

よく見ると

後手の3五銀が妖しく輝いていますね。とりあえずの△4六歩の速攻もありますか。

羽生さん、考慮中。この手も視野に入っているかもしれません。

1日目

やっぱり、ゆっくりと進んでいますね。50手前後で封じ手になるのでしょうか。dynamiteさんの指摘通り、羽生さんの銀と金の位置関係がおかしいので、羽生さんは玉を8二まで移動して、7二金と締める予定か?ただ、羽生さん、時には思いもよらぬ形で戦いに挑むこともあります。どんな陣形になるか、興味を惹かれるところ。

第36手目 後手 6二王

大胆不敵な手。▲8二角を誘っている?
持久戦になっても、後手陣をまとめるは大変だと思うが、先手の次の一手は?

昼食休憩

第30手目 後手 2四歩で昼食休憩になりました。
1日目の午前中で30手も進んでいます。
午後からは長考の連続の予感がしますね。

予想とおりの後手一手損角換りに対し、先手は早繰り銀を採用し、後手は四間飛車で迎え撃ちました。

後手の2,3筋の金・銀が変な形で、後手はまとめるのが難しそうにみえますが、羽生名人の構想や如何に?

戦形予想

今期成績
羽生名人:19勝8敗 勝率:0.704
深浦王位: 7勝4敗 勝率:0.636

対戦成績:羽生名人の21-20。

これまでの戦形
第1局:後手一手損角換相腰掛銀
第2局:2手目3二飛車戦法
第3局:相掛り相腰掛銀(後手中住まい)

こうしてみると、やはり、後手が工夫しているようにみえます。
昔のように、先手に追従していく時代ではないのかもしれませんね。
この流れは続きそうですので、今回もそのような展開になると予想します。
つまり、4手目3三角戦法または後手一手損角換り(先手の対応によっては角交換型振飛車)ではないでしょうか?

深浦王位、地元で気合が入っているようです。
本局も、激しい叩き合いが見られるのではないでしょうか?

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。