第67期 順位戦 B級1組 5回戦

同日に竜王戦決勝第一局が在るので、6等星程度の注目度でしょうが、対局スケジュールは以下の通り。

太字は例によって孤高の選択どす。

(暇)(ブ)(み)(紫)渡辺 明 対 高橋道雄(d) 一応5連勝中だし…
(暇)(ブ)(紫)杉本昌隆 対 堀口一史座(み)(d) 比較的好調で先手の杉本七段を取ります
(d)(暇)(み)(紫)久保利明 対 屋敷伸之(ブ) 相手が悪し…
(暇)(み)(紫)阿部 隆 対 行方尚史(ブ)(d) 行方8段3連敗中
(ブ)(み)(紫)井上慶太 対 畠山 鎮(暇)(d) 井上8段3連勝中、畠山7段3連敗中
(ブ)北浜健介 対 山崎隆之(紫)(み)(暇)(d) 鉄板…だと思う

痛恨の予想全敗を忘れて、予想全勝を目指しまする。


投稿者: 紫外線 投稿日時: 木, 08/28/2008 - 00:07 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

反省

1勝5敗とは・・・
渡辺-高橋は一人勝ち狙いだったので、仕方ないが、
"そろそろ復調1~3"が全敗でした。やはり調子の良くない棋士の勝ちを予想するのはリスクが大きい?
次は、5割目指して頑張る!

よかった

今日はA4のメモ用紙を準備して、中継に臨みました。これぐらいの幅があれば大丈夫だろうと
思っていましたが、実際はぎりぎり。メモの取り方にもう少し工夫が必要なようです。

終盤、高橋さんが時間が無くなり、指し手がバタバタと進んだ時には焦りました。間違いが
あるのではないかと思い、ひやひやしていましたが、確かめている時間が無い。

終盤に時間を残して置け、というのは以前からの私の主張ですが、対局者のみならず、
記録者(つまり、それがし)のためにも時間を残しておいて欲しいものです。
時間切迫のため、最終盤ではほとんど対局を楽しむことができませんでした。
まあ、仕方が無いことではありますが。

確かに、先手全勝

結果報告をしている途中から気付いていたのですが、何か先手勝ちが多い。堀口さんが
僅かに勝ち筋を残していたみたいなのですが、結局負けてしまいました。う~ん、やっぱり
先手が有利なのか。これからの予想に役立てたいデータですね。とりあえず、先手の勝ちを
予想したら、大幅に狂うことは無いようです。

先手全勝

…ですね。でも「鉄板」がハズレとは…むむむ。

結果ならびに成績発表

杉本七段ー堀口七段…119手で、杉本さんの勝ち。堀口さん降級のピンチ。
久保八段ー屋敷九段…91手で、久保さんの勝ち。最後は華麗な寄せ。

成績

 みなもと:4勝2敗
 dynamiteさん:1勝5敗
 ブランコさん:4勝2敗
 紫外線さん:5勝1敗
 暇人さん:4勝2敗

今回もまた、ブランコさん、憎い(紫)印に僅差で敗北。雪辱は9月2日、順位戦C級1組の
一斉対局まで持ち越しとなりました。ブランコさん、頑張れ、立て、立つんだ!

棋譜 渡辺ー高橋

みなもと様、完全完璧でございますう。

渡辺ー高橋戦 9

115手で先手、渡辺さんの勝ち。とりあえず、棋譜報告。

111手から
▲3六桂 △6八歩 ▲4四桂 △6九馬 ▲4八玉 まで。

最後は渡辺さんが必至をかけ、渡辺玉に詰みがなく、先手の勝利となりました。
棋譜が間違っていなければよいがと心配しています。
勝敗予想は今のところ、3勝1敗。まずまずですね。

渡辺ー高橋戦 8

こちらの方も、長くなっていますが渡辺さんがやや有利に思えます。高橋さん、敵陣に
手掛かりがありません。渡辺さん、長考中。何か決め手を探しているようです。

101手から
▲7六同金 △9八馬 ▲7三竜 △7六馬 ▲3五金 △8七馬 ▲8二竜 △3一銀
▲5六角 △3四歩 現在、110手まで

すでに終局した対局もあります。
阿部八段ー行方八段…87手まで、先手阿部八段の勝ち。阿部さん3勝2敗、行方さん1勝4敗。
北浜七段ー山崎七段…99手まで、先手北浜七段の勝ち。北浜さん2勝2敗、山崎さん2勝3敗。
井上八段ー畠山七段…115手まで、先手井上八段の勝ち。井上さん4勝1敗、畠山さん1勝3敗。

目下のところ、それがしは2勝1敗。どうやら5割は保てるか。

渡辺ー高橋 7

残り時間の少ない高橋さんが次々と指すので、棋譜報告が追い付かなくなってきました。
残り時間を多く残している渡辺さんが少し考え込んでくれればいいのですが。

69手目から
▲4六歩 △5七桂成 ▲同金 △5五香 ▲5六歩 △同香 ▲5五歩 △同飛 ▲6六銀
△5七香成 ▲同銀上 △8四角 ▲7五歩 △5四飛 ▲5二歩 △6二金 ▲5一歩成
△同玉 ▲8三竜 △6四飛 ▲6五香 △7三金 ▲8一竜 △5四飛 ▲5五歩 
△4四飛 ▲7一竜 △4二玉 ▲8五歩 △3三玉 ▲8四歩 △7六歩 

現在、100手まで。

終局間近?

歩腰飛車では玉頭攻めは無理だったようですね。
後手は8筋を攻めました。
2八銀が壁になってはいますが、先手の攻めのほうが早そうに見えます。

やはり一人勝ちは無理のようです。

渡辺ー高橋戦 6

私の夕食休憩も終わりました。さあ、終局に向けて集中だ。この将棋も激しくなってきた。
結構、面白い将棋になっています。

46手目から
△8七歩 ▲同金 △8五歩 ▲4八金 △8六歩 ▲同金 △5四飛 ▲7五歩
△8八角 ▲7六飛 △7一歩 ▲8三馬 △8二歩 ▲7四歩 △8三歩 ▲7三歩成
△同銀 ▲同飛成 △6二角 ▲6三竜 △9九角成 ▲6四桂 △4五桂

高橋さん、少ない残り時間(21分)を投入して、考え込んでいます。△4五桂で
攻め合い。いよいよ面白くなってきました。現在、68手まで。

他の棋戦

夕食休憩を利用して、他の棋戦の戦形を紹介。

杉本ー堀口(一)…杉本さん、四間飛車。対堀口さんにはいつも四間飛車とのこと。
久保ー屋敷…久保さん、5筋位取り、中飛車。
阿部ー行方…行方さんの、一手損角換わり。
井上ー畠山(鎮)…大方の予想通り、相矢倉戦。畠山さんは後手でも矢倉を愛用。
北浜ー山崎…山崎さんの四手目3三角戦法。今年に限れば、後手の勝率0.614とのこと。

先手指し易い?

▲6八銀は大きな一手。
後手は攻めるしかないが、手がみえない。やはり玉頭か?
しかし、飛車の位置が・・・
5筋の歩と飛車の位置が逆であれば、後手良しなのだが・・・
後手から早い手がないと、馬で香車を拾われるくらいでも駄目そう。
後手はここ数手が勝負どころだ!

渡辺ー高橋戦 5

前回の棋譜報告からたった2手しか進んでいません。が、ここで夕食休憩に入りそうなので、
一応、報告を。

44手目、△7三桂 ▲6八銀

となったところで、高橋さん、90分を超える長考。消費時間に2時間以上の大差がついて
います。渡辺さんは好形に陣を組むことができました。高橋さん、なんとか手を見つけようと
しての長考のようです。好手を見つけることができるか。

後手苦戦?

先手は馬を作りましたが、後手はその代償をどこに求めるのか?
44手目は△7三桂しかなさそうだが、この後何とか2枚の桂と飛車で先手の玉頭を攻めるしかないか?
しかし、△5四歩~5六歩が間に合いそうもないのが辛い。
(歩の利かない攻めは上手くいかないもの)

渡辺ー高橋戦 4

どちらも高飛車(歩越し飛車)なので、飛車の捌きかたで優劣がつきそうです。ただ、今のところは
渡辺さんの方に馬ができそうなので、その分有利かもしれません。高橋さんは持ち角を
どのように使うかがポイントになりそう。

消費時間に大差がついており、渡辺さん、44分、高橋さん、3時間13分。この差をみると、
高橋さんが苦労しているのかもしれない。

38手目から
△7四同飛 ▲8三角 △7五飛 ▲7六歩 △5五飛 ▲7二角成 現在、43手まで。

空中戦

渡辺竜王は、ひねり飛車にするのかと思いましたが、違うようですね。
高橋9段が、7筋の位に反発してきました。
ここを抑えられては桂馬が働かない。
しばらく小競り合いが続きそう。

渡辺ー高橋戦 3

竜王戦の方は比較的サクサクと進んでいるようですが、こちらは順位戦午後の、例によって
どんよりとした進行。横歩取り戦なので、それほど難解な戦いでもないと思うのですが、
なかなか指し手が進みません。何を考えてるのか?

32手目から
△6二銀 ▲8六歩 △2四飛 ▲2七歩 △7四歩 ▲同歩 現在、37手まで。

高橋さんが、先ほどから長考に沈んでいます。

渡辺ー高橋戦 2

こちらも、昼食休憩に入りました。考えてみると、5~6年前ごろ、渡辺さんは8五飛車戦法で
大活躍していました。高橋さん、相手の得意な8五飛戦法を避けたのかもしれません。
とはいえ、この戦いは渡辺さんの方に利があるはず。なにせ、得意中の得意な戦法です。
しかし、高橋さんもそれは百も承知の上でこの戦法を選んだはず。意地とプライドを賭けての戦い。

24手から
△2四飛 ▲2八銀 △5一金 ▲7五歩 △8四飛 ▲3三角成 △同桂 ▲7七桂

現在、31手目まで。

横歩取り

高橋9段といえば、本格派居飛車党で先手番でも、後手番でも矢倉中心の棋風だったのですが、最近は後手番では横歩取りを愛用していますね。
順位戦初戦の、対屋敷9段戦では8五飛戦法でしたが、本局では、8四飛と引きましたね。
竜王は中住まいに構えそうです。
しばらくは駒組が続きそうですね。

渡辺竜王ー高橋九段戦 1

予想していましたが、どうやら横歩取りの将棋のようです。高橋さん、8五飛戦法をとるか。
昨日放映の銀河戦では、片上五段が郷田九段を相手に8五飛戦法を用いて、快勝していました。
再び流行の気配があるようです。

初手から
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金
▲2四歩 △同歩 ▲同飛 △8六歩 ▲同歩 △同飛 ▲3四飛 △3三角
▲3六飛 △2二銀 ▲5八玉 △4一玉 ▲3八金 △8四飛 ▲8七歩

今のところ、定跡形の出だしです。

追記:高橋さん、8四飛ですね。8五飛戦法は採用しませんでした。

決戦直前

☆★皆様の意気込みを★☆
管理人様 :痛恨の予想全敗を忘れて、予想全勝を目指しまする。
みなもと様:今度こそ、(紫)印に吠え面をかかせてやりたい。
暇 人 様:これまでよくなかった。今度こそ
ブランコ様:今回は勝ち越しに自信なし。
dynamite :何とか、3勝3敗は確保したい!

私が、高橋9段勝ちとしたので、全員の予想が一致する対局はありません。
今回は対局数が少ないので、一人勝ちできれば、かなり有利になります。
特にブランコ様は、一人勝ち予想が2局あります。この2局が的中すれば、他の結果はどうであれ、打倒(紫)印は達成です!
「立て、立つんだジョーォォォ」

ダイ予想

おっ、ライオン丸!我こそは百獣の王ということか!?
今回は皆さん、予想が早いでね。

 渡辺 明 対 高橋道雄 d・・・一人勝ち(大穴)狙い
 杉本昌隆 対 堀口一史座d・・・そろそろ復調?
d久保利明 対 屋敷伸之  ・・・全部後手勝利予想では何だから。
 阿部 隆 対 行方尚史 d・・・そろそろ復調(その2)?
 井上慶太 対 畠山 鎮 d・・・そろそろ復調(その3)?
 北浜健介 対 山崎隆之 d・・・管理人様の「鉄板」という言葉を信じて。

何とか、3勝3敗は確保したい!

予想&応援票

敬称略で勝者のみです。
渡辺・杉本・屋敷・行方・井上・北浜
今回は勝ち越しに自信なし。
(でも、たとえ最悪の結果になってもタイ記録やし。あ、す、すいません。それは言わない約束でした。反省しました。ほんとです。)

予想

(暇)渡辺 明―高橋道雄
(暇)杉本昌隆―堀口一史座
(暇)久保利明―屋敷伸之
(暇)阿部 隆―行方尚史
   井上慶太―畠山 鎮(暇)
   北浜健介―山崎隆之(暇)

これまでよくなかった。今度こそ

(紫)印の予想

6局ですので予想に大して時間は掛かりませんでした。前回に引き続き在りし日のヒーローのビデオを貼り付けますう。

今回は

早々と(紫)印の予想が発表されました。余裕かな?くっ、憎い。しかし、よく見れば、
それがしの予想とほとんど同じですね。対局数が少ないB級1組では当たり前かもしれ
せん。

今回も、渡辺ー高橋戦を中継しようと思っています。いささか平凡過ぎるとは思いますが、
皆さん、注目しているはず。

それがしの予想

いまだ、王位戦第5局の余韻に耽っているところですが、今度はB級1組の対局ですか。
最近、棋戦が盛りだくさん。嬉しいけれど、忙しくもあります。

さて、勝敗予想、このところ不調続きです。私もそろそろ打倒(紫)印をスローガンに
掲げないといけないかも。それでは私の予想を。例によって確率と山勘勝負、たまには
当たって欲しいもの。今度こそ、(紫)印に吠え面をかかせてやりたい。

(み)渡辺 明 対 高橋道雄…これに勝てないようでは、竜王位も危うい。
 杉本昌隆 対 堀口一史座(み)…堀口さん不調なれども、この辺で勝たないと降級も。
(み)久保利明 対 屋敷伸之…屋敷さん、ここで勝ちたいが、相手が強い。
(み)阿部 隆 対 行方尚史…相掛かりか。阿部さんに一日の長が。
(み)井上慶太 対 畠山 鎮…井上さん、このところ好調。畠山さんも苦戦か。
 北浜健介 対 山崎隆之(み)…山崎さん、強敵ですが、頑張って欲しい。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。