蹴球8日制

かつてボランティアで母校(高校)サッカー部の監督を務めていた
青年が書いていた『蹴球7日制』というメルマガがありました。数年
間続き、日々の練習風景や選手集め(監督自ら中学生をスカウトした
こともあり!)、試合での泣き笑いなど、文の上手さもあって大変面
白い読み物でしたが、彼の下で1年生として入部し後に3年生となり
キャプテンを務めた選手が卒業してセミプロチームに入ったあたりで
突然連載が中断し結局そのまま廃刊となってしまいました。

今「蹴球7日制」でググるとブログなどいくつものサイトがヒットし
ますが、どれもかつてのメルマガ『蹴球7日制』とは別の物です。

今回そのメルマガ『蹴球7日制』へのノスタルジーと、「7日では足らん
ぞ、8日だあ!」という内なる声に押され、「蹴球8日制」なるスレッド
を起こすことにしました。サッカーに関するアレコレを書いて行くつ
もりですし、皆さんもうんちく、エピソードいろいろ自由にお書きくだ
さい。

また「蹴球」とは銘打っているものの、他のスポーツでもいっこうに
かまいません。

投稿者: よこやり賀茂 投稿日時: 木, 08/13/2015 - 14:29 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

スーパーラグビー決勝

2018年度のスーパーラグビー・チャンピオンを決める決勝が日曜日に行われ、
クルセイダース(ニュージーランド)がライオンズ(南アフリカ)を37-18で
下し、2年連続、通算9回目の優勝を飾った。
来年日本で開催されるW杯を意識せざるを得ない今年のスーパーラグビーだっ
たが、レギュラーシーズンでもクルセイダースの強さが目立った。勝ち点63は
カンファレンス優勝3チームの中でダントツの1位。得失点差+247も抜きん出た
数字だった。
プレーオフ決勝では、南ア・チャンピオンのライオンズを相手に危なげのない
戦いで完勝と云っても過言ではない勝ち方だった。かつての常勝軍団クルセイ
ダースが戻ってきた感がある。
このチームから多くの選手がオールブラックスに選ばれ、来年のW杯でも間違
いなく優勝候補の筆頭になるだろう。
数こそ少なかったが、この試合でもキックパスが見られた。やはりこのプレー、
来年のW杯でも重要なポイントになりそうだ。

サッカーニュース P71 なでしこアメリカ遠征 2

日本女子代表なでしこは最終戦でオーストラリアにも負け、結局3戦全敗となった。
オーストラリアの出来は決して良くなかったが、日本はプレーに切れがない。また
以前にも増して得点力不足が深刻に思える。FW登録された4人の中で点を取れそう
なのは横山1人だけであとの3人は鋭さが感じられなかった。ただ岩渕の場合、ポジ
ションが下がりめの1.5列ないし2列目だったのでその点は差し引いて考えなければ
ならないが、かつての切れの良いドリブルがここ数年見られないのが気にかかる。

この後なでしこはアジア大会に出場する。そのメンバーも既に発表になっている。

GK
1 池田 咲紀子
18 山下 杏也加

DF
3 鮫島 彩
6 有吉 佐織
4 三宅 史織
2 清水 梨紗
17 國武 愛美
5 市瀬 菜々

MF
7 中島 依美
15 阪口 萌乃
12 増矢 理花
16 隅田 凜
10 籾木 結花
14 長谷川 唯

FW
9 菅澤 優衣香
8 岩渕 真奈
13 横山 久美
11 田中 美南

アメリカ遠征のメンバーから「国内組」を選出した形になっている。日テレ・ベ
レーザから7人、神戸レオネッサから5人、浦和レッズレディースから2人、ノジ
マステラ神奈川相模原・長野パルセイロ・アルビレックス新潟・マイナビベガル
タ仙台から各1人の合計18人。

DFの市瀬が復帰したことと、先のアメリカ遠征で初招集ながら目に付くプレーが
随所に見られた國武が注目だ。

アジア大会女子サッカーで日本はグループCに属し、初戦のタイ戦が8月19日、
次のベトナム戦は8月21日の予定。

サッカーニュース P70 なでしこアメリカ遠征

W杯ロスもようやく癒えてどうにかサッカーを見る意欲が戻って
きた。
で、今なでしこジャパンがアメリカに遠征し、日米豪ブラジルと
いう4ヵ国対抗の国際大会に参加している。初戦はアメリカに2-4で、
2戦目はブラジルに1-2で負けた。残るオーストラリア戦に初勝利を
かける状態になっている。

今年4月なでしこがアジアカップで優勝して来年のW杯出場権を獲
得したとき、「今の戦力では世界で戦えない」と云った意見を述
べたが、今回の4ヵ国対抗を見ているとそれが現実であることが
否応なく分かる。

完敗と云ってもよいアメリカ戦はおくとして、1-2で敗れたブラ
ジル戦では前半は良い試合展開だったが得点を奪えずに終わり、
後半は戦い方を修正してきたブラジルに防戦を強いられる展開に
なり、その圧力に負けたかのように1失点目はチームの中心であ
る鮫島のイージーミスを突かれて決められたものだった。熊谷、
市瀬、宇津木という「本職」が不参加の中で慣れないCBという
ポジションを任されていることを差し引いてもあのミスは痛かった。

後半の追加タイムにサイドから崩して1点を返したが、今の日本
女子代表ではあの形が一番得点に近いのではないかという気がす
る。低いクロスやグラウンダーのクロスなど工夫を加えることで、
高さというハンデを克服し、またサイドからの攻撃を見せること
で中央からの攻めも有力になる。

かつてのような素早いパス回しが難しい現状では攻撃の幅を広げ
る作戦が有効だと思うのだが、どうだろう高倉監督。

サッカーニュース P69

下の方にありました。 私は、サッカーあまり詳しくないし批評できませんが、'80年代のどこか、学生時代にイタリアがカテナティオ(?)とかいう、いわゆるカウンターを狙うサッカーで優勝かもしくは決勝で敗れたのか? TVでは観ていませんが、親しかったサッカー部の友人が多くを語っていたことが思い出されます。

あと。 たぶん私が大学院? どーしてTVを観ていたのかが思い出せませんが、何かのオリンピックでGK川口がスーパーセイブしてブラジルに勝った試合。 観ていました。

声が枯れるほど叫びました。 ルールもわからない状態でしたが、ボーゼンと観ていていきなりスイッチが入った、そんな感じでした。 感動した。

それからサッカーには愛着があります。

私が経験した、順に、柔道、陸上(ハードルと短距離、砲丸投げ)、少年野球、   ん! スポーツと言えるものはそれしかかかわっていないかも・・・   オッサンになって得意なことは、晴れた日に単車を転がす、もうじきスキーを復活する(目が悪くなったのでわからないけど)、   ん! それしか無いかな。 水泳でもやりたいけど時間も場所も無い。 (単車を転がす、はスポーツではないと思います)

もう走れないけど歩くのは好きです。 なんとか今シーズンにスキーを復活させます。 

サッカーニュース P68 W杯3位決定戦

今夜は3位決定戦 ベルギー対イングランド。

色々と見方はあるだろうが客観的に考えればベルギーの方が強い。

問題はモチベーションであり「優勝を逃した」と悲観的に考えるか、
「3位になるチャンスだ」と前向きにとらえるか---大半の選手が
若く次回大会でも活躍が期待できるイングランドは後者の考え方だ
ろう。

ベルギーについては分からない。ただ、所属チーム(チェルシー)で
のプレーと比較すると今大会でのアザールはベストとは云い難い出来
で、本人もその点は不本意だろう。今夜はその名前の通り(アザール
のスペルは「Hazard」)、相手チームにとって危険なプレーを存分
に見せてほしい。

サッカーニュース P67 W杯ベスト4

フランス、ベルギー、イングランド、クロアチア

こうして見るとどこか新鮮な感じがする顔ぶれだ。

フランス
4チームの中で最高の総合力がある。年齢的にも20代の選手が
多く、また日程的にも恵まれているので疲労の回復も比較的
スムーズなはず。20年ぶりの優勝のため次戦はすっきりと勝利
したいところ。

ベルギー
控えのメンバーなど総合的に見た場合ややフランスに劣る。
フランスを10とすると9.5といったところか。
ブラジル戦で見せたデブルイネを真ん中に、右ルカク、左
アザールという配置は破壊力がある。
いまいちおとなしいアザールが爆発すれば決勝進出もある。

イングランド
伝統の4バックから3バックに変えたのが功を奏し久しぶりの
準決勝。このチームではスターリングがいまだ乗り切れてい
ない感がある。総合力は8.5。

クロアチア
もともと攻撃力は高いチームで、本来のモドリッチを前に、ラ
キティッチを後ろに置く縦関係の布陣に戻せば高度な展開力か
らの得点が期待できる。
ただ準々決勝でラキティッチに元気がなかったのと延長戦が
続いたことが気がかり。本来の総合力は9.0だが疲労を考えマ
イナス0.5の8.5。

サッカーニュース P66(のはず)

ここにも「愛国者」はいましたよ。

ベルギー-日本戦は今大会これまでの中で最高のゲームだった。惜しむ
らくは日本が勝者であったら文句なしのベストゲームになっただろう
し、(2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦同様)歴史に残る名勝負と
して語り継がれたことだろう。敗因は突き詰めれば守備。この「守備」
には相手に攻めさせないという意味での攻撃も含まれる。ペルーに対
してフランスが見せたリードしても攻撃の手を緩めない姿勢は結果的
に相手の攻撃機会を減らすことにつながる。とはいえ今の日本にそう
した作戦をとる強さ・したたかさは望めない。高さの面でもフィール
ドプレーヤー中少なくとも2人は190cm前後が必要だ。またゴールキー
パーの力も上げて行かないといけない。ベルギーのフェルトンゲンが
ヘディングで放った山なりのシュートを川島は止められなかったが、
あれは止めなければいけないシュートだった(この大会賀茂が見たと
ころでは川島には止めているべきシュートが3本あった)。
これで「西野ジャパン」は解散する。次の代表がどんな顔ぶれになる
かが今後の楽しみであり、また次の監督には真の意味での世界トップ
クラスの人材を迎えることを検討してほしい。

3時に起きてしまった!

ニッポン 2点目!!!

寝ぼけているかまだ酔っ払っているか・・・ 起きてしまったのです。

少ないチャンスを活かしている。 長友を中心とした左側がいい。 というか守備はとても頑張っている。 あのGKから完璧な2点を獲った!

疲れていてもニッポン頑張れ! あと30分くらい??

サッカーニュース P64

みなさん、こんにちは。

朝のニュースでダイジェストのみ確認している私ですが、西野ジャパンはこれまで良くやっていると思います。 W杯開始直前にボロボロだったチームが予選を突破したんです。

さっき、張本さんが言っていたのですが「西野監督に全部任せた。それでいいんじゃないか。西野監督は試合の内容について謝る必要は無い。私が指示した、でいい」と。

私もそれでいいと思いました。

岡崎の怪我が心配ですが、v.s. ベルギーでは思い切ってプレーすればいいんじゃないでしょうか。 ベルギーは過去最強のようですし。

ところで。

日本も居る左側のヤマには強豪国が多い、イングランドはベルギーに「わざと負けて」反対のヤマに行った、と。

こんなことを考えて幸せになった者はいないと思うのですが、これも作戦なのかなぁ。

サッカーニュース P64 W杯決勝トーナメント

日本はポーランドに負けたことでグループHの2位となり、決勝
トーナメントはウルグアイ、アルゼンチン、フランス、ブラジル
と過去に優勝経験がある4チームと同じ山に入ってしまった。も
っとも視点を変えると最大でそのうちの2チームに勝てば決勝に
進出できるわけだ(チョー楽観的)。でまずは初戦のベルギー戦
をどう戦うかだけど、どう考えてもベルギーに勝てる筋書きが
浮かばない。唯一取り得るのはとにかく守備を徹底的に粘って
0-0のままPK戦まで引っ張るという作戦。PK戦になれば実力も
フィジカルもテクニックも(それほど)関係しない。

今夜はフランス-アルゼンチンとウルグアイ-ポルトガルの2試
合。フランスの攻撃にアルゼンチンの守備という展開が予想され
アルゼンチンのDF陣がフランスの多彩な攻めを防げるかどうか
がカギ。逆にアルゼンチンはフランスの強力なCBの裏をどうや
って突くかだろう。

ウルグアイはこれまで無失点。それをロナウドを中心とするポ
ルトガル攻撃陣がどうこじ開けるか。スペインのラリーガで
何度も対戦しているDFゴディン(相棒ヒメネスの具合が分から
ないが)とロナウドの対決も見もの。

最後にポーランド戦での日本の終わらせ方への批判があるよう
だがあれは当然の対応。勿論見ていて面白くないし格好もよく
ない。だけど今年の女子アジアカップで、なでしこがオースト
ラリアと対戦して最終盤攻めず自陣でボールを回して終わらせ
た時にもここで書いたが、試合の目的(戦略的意味)を考えれば
あの作戦は当然の選択肢の一つである。日本チームは自分たち
が選んだ作戦とその結果に何等負い目を感じる必要はない。

訂正:最初に書いた結論を訂正しました。あの作戦は絶対的な
ものではなくほかにも選択肢はありました。また「正統」とは
云えないものの容認し得るものであることは相手ポーランドの
選手達が特に抗議することなく受け入れていた点からも明白
でしょう。

サッカー観戦

賀茂さんのサッカー書き込みには、<俺サッカー通やで>的な結果論者と違う、
素人が見てもサッカー愛と説得力を感じるヨ。

いとこにも後輩にも元Jリーガーが居り、J初期には彼らに連れられ何度も観戦した。

「今のプレーは凄い!」「あそこに出すか~?」等、ワシには理解でけん所で称賛・失望している。
ゴール=シュート以外は殆ど判らんワシには、スロー映像やら解説のつくテレビのほうがまだ楽しめるので、
いとこのチームのJ1昇格決定戦を除いては、見に来てと言われても、誘わないでと言って、断っている。

サッカーは経験者やら子供指導者・コーチやら、アマながらも好きでサッカーをプレーしている人は、
観戦の楽しみが数倍上なんだろうと思う。

将棋だって、並べ方を知ってるに毛が生えた程度の人と、強い有段者が見る、
プロの芸と言うのは、観戦する楽しみと言うか深さが大きく違うと思う。
出待ちのオバハンで福島のミスドが賑わっている藤井聡太への評価も、
苔むすファンとニワカとではどえりゃ~違うと思うで!

ワシは小学生の頃から、オートスポーツ読者で、月曜夕方のワールドニュースでF1の結果を見るのが楽しみやった。
F1はヨーロッパに根ざす文化で、日本製エンジンや日本人ドライバーなんて考えられへん時代。
その後の、ホンダターボのサプライヤー~フジテレビのF1ブームの中、
一度たりとも日本人ドライバーを応援したことはないし、
エンジンは優れていたがやはりシャーシとドライバーが大事で、
本当の意味でJAPANが勝利したとも、溶け込めるチャンスがあるとも思えない。

山には桜だけ咲きゃエエで、ワシらやサッカーニワカの枯れ木は、日当たりの邪魔やで伐採しようゼ!

でも、今夜は真剣に観るで~

サッカーニュース P63 グループH最終戦

W杯のグループ戦も今日で終わり。最後に登場するのが(厳密には
グループGの方がキックオフが遅い)我らが日本。普段は愛国心な
ど感じることもない賀茂も4年に1度だけは「オレも日本人だ」と実感する。

さて試合はというとドイツの敗戦に見られるように、勝ち星のな
いチームが牙をむくと恐ろしい。日本は根気よくポーランドの攻
めをしのがなければならない。またなんとしても先制点を奪いたい。
勿論追加点を上げられればいいがなかなかそこまでは望めまい。
スコアは1-0ないし1-1と予想。

*****

サッカーは数あるボールゲームの中でも選手たちの自主性が重要
な競技であり、試合が始まってしまったら監督にできることはあ
まりない。その点が野球やバスケットボール、バレーボールなど
と違う点だ。

それとプレーのスパンが長く、ボールも選手も動き続け静止する
ことがあまりない。これも静止した状態からのプレー開始が基本
の他競技と大いに異なる点で、慣れない人がスタジアムに行って
サッカーの試合を熱心に見ると非常に疲れる。

多くのスポーツで観戦にはルールの知識が必要だが、常に状況が
変化し続けるサッカーはその上にイマジネーションが求められる。
サッカー選手にはプレーを選ぶイマジネーションが必要だが、サッ
カーファンにはプレーを理解するイマジネーションが必要だと云える。

まあ、そんな小難しいことを云わなくても、例えば今夜の試合で
ボールを持った香川が次にどんなプレーをするか(=パスかドリ
ブルか、パスだとしたら誰に出すのか)を予想するだけでも興趣
が増すはず。お試しあれ。

2 - 2 P7  ブラックアウト

シュートですが スポーツニュースを はしごしたら見れました

ちなみに 台湾のりんご新聞
日本で読めませんが 台北では読めます 
あるんですね こんなこと

2 - 2 P6  ブラックアウト

あらやだ… 日本国内限定の動画 と同じことですか…

因みにこちらからではアメバは観れません。残念無念。 ⇐ こちらの方がもっと悲劇だとおもいます。

2 - 2 P5  ブラックアウト

酒仙様(つらよも)>管理人さんの情報
日本ではブロックされてます<

ソダネー

なんでやねん!

2 - 2 P4

https://www.foxsports.com/soccer/video/1262882883582

サクッとハイライトを2分でど~ぞ。

2 - 2 P3

スヤスヤ寝ており 朝のニュースで知りました

録画はありますが 特に見たくもない
なんでだろう

2 - 2 P2

快挙喜ぶべし。

マスター様>いやはや

アメリカだと、日曜の朝10時ー正午(夏時間)で御座いましたか?

愚は、月曜の朝0時から午前2時、観て居りました。諦めたころに追いつく、見甲斐のあるゲームで御座いました。(録画ではこの面白さは有りませぬ。結果を知らぬ環境なら別。)

解説陣が、通常の国際試合番組のように、芸人同然に希望的観測だけで燥ぎたてているよりも比較的客観的に観ていて、確かにセネガルのサッカーに緻密性か知性か、つまり集中力が欠け始めたこと、それ故日本がもう一点取れる可能性が有ったということも、そうだろうなとは思いました。

無論セネガルとて地力からの加点チャンスが有ったことは同じ。

本田が得点したので、株を取り戻したし、新監督も面目を施したのは、良かったと申しませう。

(しかし体力体格で明らかに劣る日本人集団が、別の能力を精一杯に駆使して勝つ或いは引き分けにする。日本人がかつて経験して来た色々な国際競争場面を思い出すと様々な感懐が心を過ぎりまする。)

2 - 2

…いやはや…

サッカーニュース P62

おそれいりやは台東区

コロンビアに勝つとは・・・我が不明を恥じるばかりです。

あそこでワンタッチロビングパスを出すかぁ!
大迫を追って50メートルをスプリントするかぁ!
相手選手3人を引き連れて走り切った後、こぼれ球を正確に枠内に
蹴るかぁ!

と、香川には驚くばかりです。(でも後半ちょっと運動量が落ちて
しまったのは残念)。

次はセネガル、マネをどうやって封じるか・・・監督の手腕の見せ
どころだけど、ニアンもいるし、セットプレーの時はクリバリのヘ
ディングも要注意。それに足の遅いやつが一人もいない。困った
相手だ。

サッカーニュース P61

>>>サッカー視聴率
>>>48.7%
>>>スポンサーが つくわけだ 

同意。

昨夜の渋谷スクランブル交叉点の報道
熱狂具合を見ると、
日本の若者は 
何かに飢えていて
手っ取り早く連帯感を感じられる居心地のいい空間を
求めているのかも。

サッカーは格好のビジネステーマになるということか。

(あの加計氏がW杯中のどさくさに紛れての短時間会見も、
         うまく?  サッカーを利用している)

☆それにしても 
 下馬評をひっくり返しての勝利は嬉しい限り。
 まさか、次も勝ってしまう----- なんてことは 無い 無い・・・

サッカーニュース P60 道頓堀

>>> 呆れた。未だに下水が合流しているらしい
半年前に通りました 以前と比較し少しはましですが 
飛び込む気には なれません

サッカー視聴率
48.7%
スポンサーが つくわけだ 

サッカーニュース P59(続) 道頓堀

呆れた。未だに下水が合流しているらしい。

サッカーニュース P59

酒仙様>またもや 道頓堀ダイブ

いいじゃないですか。

>アホにつける 薬はない

アホの内では見込みが有る方で御座いますよ。大多数の徳悪政治家や悪徳役人よりよっぽどマシなことは勿論として、日本の政治を改めるのは、彼等に舐め切られているデモもストライキも出来ぬ標準的な賃金労働者達には全く期待できなくなって居り†、或る程度の身体的能力と度胸と向こう見ずな所が有る比較的単純な男達が最後の頼りやも知れませぬ。

道頓堀、水を綺麗にするヨロシ。以前のままということはないだろうなー?

† 中途半端に豊かになったから、社会改革どころか労働条件向上と待遇改善のための闘争能力を失った。一方で財界側は、勤労者が「労働生産性が低い割に高賃金を貪っている。」と思い、安倍内閣を押して労働法制の改悪を推進させている。

サッカーニュース P58

またもや 道頓堀ダイブ

アホにつける 薬はない

サッカーニュース P57

おめでとうございます

サッカーニュースP56

やっと勝った感じ。
だが、こういうのが、今後、結構良かったりして。

誰かが、今回のコロンビアはよくないと云っていたと思うが。
ザックだったかな。

プラス、始まって早々にPKで1点くれて、おまけに10人ハンディー。

しかし、その後の前半はひどかった。
ハーフタイムで、指示があって、やっと普段の日本(ワレ)に返った。

サッカーニュースP55

日本代表 各位 殿

0-2で負けるとの予想 申し訳ありませんでした m(_ _)m

勝った!

よかったよかった

おやすみなさいzzz

サッカーニュースP54

日本のパス。下手だなぁー。ど酷い感じ。
どうなってるの。地に足がついてないみたい。
太陽の位置と関係あるのかな。

コロンビアの応援団。なぜあんなに多いのかなぁー。
麻薬カルテルが金を流している?(笑い)

サッカーニュース P53

なんだか ファウル フリーキック 与えて 1:1の同点で前半を終えたようです。

全く予想していなかった展開です。 11対10ですよ! しっかり作戦を練り直して後半に備えて欲しい。

ニッポンは良くやっているしそんなに悪くないと感じますが、コロンビアの身体能力が高そうです。 あと、勝つことを前提に集まった観客の応援も大きい(たぶん)。

寝てしまったらすみませんzzz

サッカーニュース P52

見てると 相手
コンタクトの時の 倒れ込む ジェスチャーが大きい

まだ 愛国心はあります

サッカーニュース P51

>>>PK成功・香川、なんだか夢を見ているような展開です・・・

コロンビア10人 日本11人 今のところ 「カミカゼ」が吹いている。

贅沢は言わない  
  何とか --- 引き分けに持ち込んでくれ!

サッカーニュース P50

開始早々のハンド、一発退場! PK成功・香川、なんだか夢を見ているような展開です・・・

油断するな! これからだ!!! みんな、怪我をするんじゃない!

サッカーニュース P49

>>>久々に寿司屋で引っ掛けて帰ってきました。 イワシ、コハダの青魚、もちろんイカ、季節外れのアマエビ、そして最近好きになったマグロの中トロ、うまかった!!!

いいですなあー よだれが出そう 涙

適当にヒマつぶししながら 待ってます
愛国心の続く限り応援しますが ベッドの準備 出来てます 大笑

サッカーニュース P48

よこやり賀茂さん、酒仙さん、こんばんは。

久々に寿司屋で引っ掛けて帰ってきました。 イワシ、コハダの青魚、もちろんイカ、季節外れのアマエビ、そして最近好きになったマグロの中トロ、うまかった!!!

P46は、初めて聞いたことも多く、そういうこともあるのかな、と。

ソースを示せませんが、トルシエがホジッチ監督の電撃解任に際し、日本では国家予算ではなくスポンサーが主にサッカー界を支えている、なのでスポンサーが力を入れている選手を遣わないとならない。 など。 全く知りませんでした。 (前にも投稿していたらすみません)

ホジッチ監督は、私には一所懸命やっているようにみえていました。 だけど、これもソースを示せませんが、アルジェリアやコートジボアールの監督で成功した、それを今回の日本にも求めた、外出禁止や昼寝・早寝の強制など。 相手は年俸何億円も稼いでいるプロです。 中学生ではない。 その管理体制に選手が反発した。 また、縦パス一辺倒の戦術に対し、パスを重視する提言を行った香川が外された、と言う記事も記憶がありました。

ニッポンの選手を活かせる監督を選ぶべきです。 私は個人的には、オシム、ホジッチ、もっと前のオフトも旧ユーゴスラビアだったか? フィジカルが強いし熱いので好きだった。 ニッポンに合うか合わないかはあるでしょうね。

あと1時間でキックオフ? もう寝いけど、NHKでやるので観て応援します! 頑張れ、怪我の無いように、赤いor黄色い紙をもらわないように・・・

サッカーニュース P47

コメント拝読しました

100% 納得出来ました

サッカーニュース P46 別スレの話題に関連して

4年に1度のビッグチャンスですから、一般紙(賀茂はスポーツ紙
は読まないので分かりません)や雑誌が総体的に楽観的なのは販
売戦略上やむを得んでしょう。スポーツ記事が「提灯持ち」にな
るのは仕方ないかと思います。スポーツイベントが新聞社にとっ
ては重要なマーケティング材であるのは当然のことですから(囲
碁将棋もそうでしょう)。

ただいくらビッグチャンスやレアなイベントであっても多少は抑え
ろよという意見はアリでしょう。例えばいくら主催社とはいえ朝日
などは「甲子園100回目」ということで1年近く前から長々と高校野
球の特集記事を掲載し続けており、最近では全面体裁で取り上げる
過熱ぶり。あれもマーケティングの観点から必要やむを得んのでしょ
うが露骨さには少々辟易しています。まそれが嫌なら購読を止めろっ
て話ですけどね。

テレビの取り上げ方はよく知りません。が、フジTVのW杯番組を見れ
ば推して知るべしでしょうか。日本語が不自由なリトバルスキ(通訳
付けてやれよ)や×××が不自由な小柳ルミ子に何を期待してるんです
かね。

賀茂はサッカー日本代表に関するマスメディアの楽観主義には与しま
せん。今回は(も)3戦全敗はあり得ると見ています。何しろスタメン
(と予想されている選手)の多くが前回も選ばれていた面々であり、
4年前から「進化」した選手はおらず「上積み」はまったく期待でき
ません。

イングランドが苦しみながらも1点差で勝利をもぎ取りましたが先発に
前回のレギュラークラスは一人もいませんでした。日本同様ブラジル大
会のグループリーグで敗退した後大幅な世代交代を断行。エースのハリ
ー・ケインは24歳です。勿論まだ彼らが成功したとは断言できませんが、
今回の結果がどうであれ今のチームを土台に次のカタール大会ではさら
に強力なチームになって出てくると思います。

日本サッカー協会にはそうしたビジョンがない。4年ごとに海外から監督
を引っ張って来てはチーム作りを丸投げしてしまう。云ってみれば4年ご
とにチーム作りをリセットしなおしているのです。しかも事前リサーチ
の問題か監督の考え方・基本戦略が分かってないままチョイスするから、
ハリルホジッチのようにある意味それまでの日本サッカーを否定してし
まうような人物も選んでしまう。

日本人に限定する必要はありませんが「ビジョン」に基づいた人選をして
ほしいものです。

サッカーニュース P44-3

よこやり賀茂さん、御返事と解説をどうもありがとうございます。

GKが3人の意味がわかりました。 そうか、怪我をしたりレッドカードになったら確かに終わりだ! 

それと、サッカー&ラグビーは交代が無かったのですか?! それはあまりにも過酷だ。

岡崎の怪我が治っていないとか、本田の調子が悪すぎる、とか心配もありますが、どうか思い切り戦って欲しい。

サッカーニュース P45 W杯グループAほか

ロシアは強かった。
ウルグアイはコンディションが悪すぎる。いくら決勝トーナメント
を見据えた戦い方でもあれじゃ足元をすくわれかねない。早く調子
を上げて行った方がいい。
アジア代表はなかなか勝てませんな。
今夜はこの後、イエロが緊急登板のスペインとポルトガルの1戦が
あるけど仕事の都合で録画観戦に。
ところでスペインが負けた場合、大会直前に監督を交替させた会長
はどんな責任の取り方をするんだろうか。デヘア、イスコ、カルバ
ハルなど有望な若手を発掘、育成し、前回W杯で予選リーグ敗退し
たスペインの立て直しを図ったロペテギの功績は大きく手腕も確か
なものだった。だからこそジダンの後のレアルマドリードを任され
ることになったんだろう。
やっぱりW杯はロペテギに任せるべきだったと後悔しなければよいが。

サッカーニュース P44-2

越中さん

FIFAのレギュレーションで、W杯本大会に出場するチームのメン
バーは23人、そのうち3人はゴールキーパーでなければならない
と定められています。これは2002年のW杯日韓大会から採用され
たものです。

◆GKが専門性の高いポジションであり、他のポジションと違って
誰でもがプレーできるものではないこと
◆GKが怪我をする可能性が高いポジションであること
◆反則を犯した場合レッドカードの対象になりやすく(つまり得
点機会の阻止になりやすく)、レッドカードを受けた選手は少な
くとも次試合は出場できない。そのためGKが2人だけであれば、
次試合ではGKの控えがベンチにいない状態になる。

といったところが理由として考えられます。要は専門でない選手
がGKのポジションに入ることでゲームの質が下がることを防ぐ狙
いがあるということです。

滅多にあることではないですが、控えを含めGKが2人とも負傷す
るという事態は実際に起こったことがあります。

交代枠3人の件は、「3人まで認められるようになった」というの
が適切な見方でしょう。ご存知でしょうがサッカーもラグビーも
以前は選手交代が認められませんでした。選手が負傷して退いた
場合も残った選手で試合を続けなければならなかったのです。し
かしサッカーのプレーが高速化したりプロ化によって試合数が増
えたりで、例えば負傷した選手が交代できずプレーを続けざるを
得ないと選手生命に関わる事態が起こり得ることなどから、交代
を認めるようになったという経緯(歴史)があります。(良し悪
しは別にして)多数の交代を認めるアメリカ系のボールゲームと
は考え方が根本的に違うのです。

サッカーニュース P44

よこやり賀茂さん、こんばんは。

実は私、v.s. スイス の後半ちょっと、と、v.s. パラグアイの1点獲られた辺りから全部をTVで観ていました。 解説者の一方的ニッポン贔屓があるにせよ。

スイスは別格に強い、パラグアイはやる気が無い(?)。 というか、珍しく古豪パラグアイは今回のW杯に出場できない? ということは2軍のような選手が相手だったのか??? 「切れ」が無いし南米らしいパフォーマンスも感じられなかった。 名物ゴールキーパーの居た国ですよね?

私が思うに、「何故こんな極端な2チームを直前の練習試合に選んだのか」なのです。

v.s. パラグアイ戦はいい試合だったと思います。 順に、おそらく長友、吉田、長谷部、あともう一人ディフェンスの選手。 これまで守備の要と思われた(私の主観ですが)選手を先発しなくても十分に(?)行けた。

v.s. スイスに関しては、後でnet情報を観た限りでは、偶然私が観ていたところだけニッポンがちょっとよかったそうです。 あのメンバーが先発では、緒戦に勝つのは無理。 本田があまりにも悪かっただけかもしれません。

私は、蹴球ニッポンには頑張って欲しい。 くれぐれも怪我の無いように祈ります。

追加;

キーパーが3人、というのは前々から疑問です。 どうせキーパー全員出られない、たぶん怪我もしない。 3試合で終わる可能性=高い 決勝まで勝ち上がる=低い、けど

それならFWの選手を1人でも多くしておいた方が相手は嫌なのでは? かつてドイツのGKオリビア・カーン(?)が前のW杯で控えで一杯学んだ、と聞いたことがありますが。 3人しか選手交代を認めないのはちょっと理解できません。

サッカーニュース P43

日本 4-2 パラグアイ

ようやく勝ったは勝ったけど今回の勝利は手放しでは喜べない。
最大の理由はパラグアイが緩かったから。パラグアイはW杯本大
会出場を逃し、現在は2019年のコパアメリカ(南米選手権)、
2020年の東京オリンピック、2022年のW杯を目指すチーム作り
4年計画をスタートさせたところで選手も若いしチームの熟成度
も低い。そのため昨日の試合でも緩いプレーが多かった。

先ずボールを奪われた後の高いポジションからのプレッシングを
あまり掛けてこなかった。また自陣での守備も緩く、例えば乾の
1点目は左サイドから中央に切れ込んでのシュートだったが、あ
の時のパラグアイのマーカーは乾から離れすぎていた。(W杯で
対戦する相手は絶対にやっている)事前のスカウティングをきち
んとしていれば、あのプレーが乾の得意の一つであることは分か
っていたはずで、本当ならもっと体を寄せ自由にさせないかもう
1人の選手とで挟み込むべきだった。

本大会での相手チームはあそこまで自由にさせてくれることはな
い。逆に云えば、仮にあそこまで乾が自由にプレーできる態勢を
作れるとしたら相当強い相手にでも対抗できる。同じことが香川
が決めたチームの4点目についても云える。

とは云え勝ったことは評価しよう。また右サイドでプレーした時
の武藤、左サイドの乾、守備的MFの山口、柴崎、DFの昌子、植田
は使えることが確認できた。GKは中村がいいと思うがプレー時間
が短かったので断言はできない。

で問題はトップ下だ。前回のスイス戦を見た限りでは本田は使え
ない。と云って即香川とは云えない事情がある。以前から指摘し
ていることだけど(専門家が指摘しないのが不思議なのだが)、
香川はミドルレンジからロングレンジのパスが少ない。また総じ
てパススピードが遅い。昨日の試合で柴崎が何度も見せたおおよ
そ25~40mの速いパスと比べたとき香川のパスが短く遅い点が際
立つ。香川がそのことに気付いて改善できれば、DFライン、3列
目、2列目からパスが出せるようになり日本の攻撃オプションが
増える。

昨日の結果を踏まえた上で現時点で考えられる予想スタメン:

    大迫
 乾  香川  武藤
  山口 柴崎
長友 昌子 吉田 酒井(宏)
     中村

結果的に本田と長谷部はスタメンから外れ、岡崎も途中投入が良い。

ワールドカップ 2018 予想

https://www.bloombergquint.com/pursuits/2018/06/11/goldman-tips-brazil-f...

…は、100万回のシュミレーションの結果、 ブラジル だそ~です。

前回もブラジル推しでしたが、こけましたね。(笑)
…だからトーナメント予想は難しい。

サッカーニュース P42

トゥーロン国際大会2018

U-21日本代表が参加した。戦績は下記の通り。

予選リーグ
 日本1-2トルコ
 日本3-2ポルトガル
 日本1-1カナダ

初戦は逆転負け、2戦目は逆転勝ち、3戦目はドローの勝ち点4で
日本はグループ3位となり、トーゴとの7-8位決定戦に回ることに
なった。

7-8位決定戦
 日本1-0トーゴ

三好のゴールを守り切って勝利。

この年代の絶対的エースと云われた小川が怪我の影響か精彩を欠
いた。かえって1つ下の田川の方がプレーに迫力があった。
SBの橋岡はポテンシャルが高い選手だ。MF中山、DF富安は順調
に進化すれば将来のA代表間違いなし。MF三好は今一つプレーの
確実性を上げてほしい。得点力はあるので、あとは高いポジショ
ンでボールを奪われることがないよう、また相手ゴールに迫った
ときのプレーの幅を広げたい。

今大会はあまり誇れる成績ではなかったが、それでも可能性は感
じさせてくれた。これに今回は招集外となった堂安が加わり、井
手口あたりがオーバーエイジ枠で入れば2020年の五輪は面白くな
りそうだ。また193cmと199cmのゴールキーパーって、ちょっと
ワクワクする。大きく育ってくれ(ってもう十分大きいが)。

代表強化試合
 日本0-2スイス

勝てんなぁ。4バックに戻したけど勝てない。1点目はDF吉田のフ
ァウルでPKを決められる。吉田が非難されてるけど、あれは中盤
で相手7番にいとも簡単に抜かれた酒井高徳の責任も大きい。2点
目は危惧していた通り、シャキリにサイドを抉られゴールライン
ぎりぎりから(それでも余裕を持って)クロスを上げられ、「ヘ
ッドで折り返し→ゴール前で張っていたFWが押し込む」という練習
のようなコンビネーションプレーで決められた。
こうなると4バック+アンカーという「非常手段」を取らなければ
ならないのでは。
となるとやっぱり井手口が必要だよ、西野くん。

ジダン辞める P3

ご教示感謝。大分良く分かりました。

リーダーが、基本的に短いスパンで変わるべきものであるのが、大学教師とは違うので御座いまするな。しかし若手の我儘、自己主張や、(特に任期制にすると)良い方から先にいなくなるなどという問題は、時間の進み方が数倍違う他は存外似て居まする。

あのジダンでもねー、と思ったのが(従来無知だったから)正直な所で御座います。

もう一つは、やはり監督の世界とは見掛けと時間は大違いなれども、人間どこで役職から退くか、無論愚らのような高齢者になれば、勇退・現役引退という問題は誰にも知られておりまするが、そうとは限らず、別の立場に変わるということに直面する事も御座います。潮時を見ると申しまするな。(➡蛇足)

それで、この神さまのような人の去就に、興味を持った一面も御座います。

(蛇足) 駒音の頃幸三さんと言われたか、

♩エンヤラヤーノエンヤラヤー

と書かれて論争に弾みを付けられた。直ぐに、「熟田津に」のイントロだということに気付いたら、串本節の地のもしかしたら旧制高校のご出身で在られたような気配だったことを思い出しまする。すると愚より相当に年長であられるが、外つ国に在わすか?

ジダン辞める P2

他山の石にはならんとは思いますが、見聞きした情報から賀茂なり
の「理由付け」をしてみましょう。

1)今シーズンの国内リーグでレアルマドリードはスタートに躓い
た。C・ロナウドが5試合の出場停止処分を受け、また復帰後も調
子が上がらなかったことも影響し、ライバル・バルセロナに大き
く水をあけられジダンに対してもシーズン終盤まで厳しい批判の
声があった。

2)今シーズン、UEFAチャンピオンズリーグ3連覇という偉業は
達成したものの、国内リーグ、カップ戦とも優勝を逃した。チャン
ピオンズリーグ3連覇で取り敢えず批判をかわすことはできたが、
来シーズンも今シーズンと同じようなチームパフォーマンスであ
ればリーグ制覇はかなり難しい。

3)おそらく来シーズンは今シーズンにも増してリーグ優勝への
期待/圧力は高まる。

4)BBCと呼ばれるレアルの3トップ、ベンゼマ、ベイル、クリス
ティアーノ・ロナウドのうち、ベイルとロナウドに移籍の可能性
がある。現在はジダンの辞任発表で表面的には一旦治まっている
が、W杯終了後に一気に動くだろう。
BBCについては評価してきたジダンだが、その3人のうち2人を失
う可能性があったのだ。

5)こうした状況もあり、またリーガ・エスパニョーラのトップチ
ームの監督という想像を絶するプレッシャーに常に晒される仕事は
常人にとっては無論のこと、常に世界中の注目を集めてきたジダ
ンと云えど長い間続けられるようなものではなかったのだろう。
特に上記のような状況での(ロナウドもベイルもいなくなる可能
性下での)続投には相当の覚悟が要る。

6)以下のリストをご覧いただきたい。
★レアルマドリード
ジダン      2016-2018
ベニテス     2015-2016
アンチェロッティ 2013-2015
モウリーニョ   2010-2013
ペジェグリーニ  2009-2010
ラモス      2008-2009
シュスター    2007-2008
カペッロ     2006-2007
ラモン・ロペス  2005-2006
ルシェンブルゴ  2004-2005
ガルシア・レモン 2004
カマチョ     2004
ケイロス     2003-2004
デル・ボスケ   1999-2003

★バルセロナ
バルベルデ    2017-現在
ルイス・エンリケ 2014-2017
マルティーノ   2013-2014
ビラノバ     2012-2013
グアルディオラ  2008-2012
ライカールト   2003-2008
アンティック   2003
バンガール    2002
レシャック    2001-2002
フェレール    2000-2001

これは21世紀になってからのレアルマドリードとバルセロナの
歴代監督と在任期間である。最長がライカールトの5年間、最短
は1年未満。これは毎年優勝を求められる2大チームの監督がどれ
ほど(特に精神面で)過酷な仕事かを示している。ジダンと云え
どその重圧に長い間耐えることは難しい。

7)そんな状態(来季のチーム構想がはっきりと見えなかったと
ころに)こんなこと(下記参照)があっては辞任という決断も宜
なるかな。
http://news.livedoor.com/article/detail/14819448/

追記:
>選手のわがままを調整して出場者を選ぶのに疲れたということらしい

この指摘は誰がしたものか分かりませんが、ヨーロッパの4大リーグで
監督をやろうと思ったら、選手の我がままごときで疲れていては半年
も持たないでしょう。
監督としてのジダンは一見閃き型に見えながら実は理詰めの指揮采配
だと云われています。しかもそれなりの成績を残している上にあのカ
リスマですから選手も文句は云えんでしょう。

ジダン辞める

ブエノス ノーチェ

ジダンがR・マドリ―の監督を辞めるというのは、かなり突然なようですが、何か教えて下されませ。

愚は、さほど国際サッカー事情に知識や関心が有るわけでは有りませぬが、今回は、ジダンほどの人が、選手のわがままを調整して出場者を選ぶのに疲れたということらしい。となるとスポーツに限らぬ普遍的テーマであり、この際他山の石に致したく存ずるので御座いまする。

祝ご見解発表マタは解禁

世間が田中理事長の発言乃至会見を持って居るのと同様に、と金倶楽部では、その「スポーツの殿堂」の地位にある本スレで、神官格のよこやり賀茂さんの「公式見解」がいつ出るかと、皆待っていたと思いまする。

これまでは「忖度」して、本スレに書くことは皆遠慮していたと思いまする。

いま1CHで、大塚学長が、第三者委員会の設置に基づいて以前より僅かながら内容の有ることを話して居まする。

昨日出た文春によると、大塚氏は内田解任を理事長に強く迫ったが一蹴され、その結果あの一回目の酷い記者会見になったそうな。

●日大学長、関東学連処分に不満にじませる「どうしてあそこまで否定されるのか」
https://www.msn.com/ja-jp/sports/news/

いくら権威が無くても学長の言うべきことかな。

※ 私学の理事長が最低の人種だということはざらに有る。それはゴジェンジェムのように、文科省経由の税金泥棒の利権事業主だから。籠池さんなんかは幼児・児童教育だからまだマシに見える位で、私大の理事長なんぞ世間が想像しているような立派な人物は滅多にいないもの。

学長は建前としては学識を見せて居るべきだが、経営優先の立場からどんどん質が落ち始めて居る。至学館のように理事長が兼務するところも増えて来た。

学長の世間のイメージと実態の「乖離」は、大変なものになりつつあるが、日大は二流私学とは言え、一定のリスペクトをされて来た大学だ。ここまで駄目になって居たとは驚く。一つには「体育会系」に乗っ取られたからということで説明出来るか?

日大は私学助成金80億円と合わせて151億円の助成金を得ているとか。せめて10%でも削減すべきだ。

もう「スポーツ」の範疇は越えた

日大の問題はとうとう行き着くべきところまで行ったな。

★日大教職員組合、アメフト前監督の全役職解任など要求へ
https://www.asahi.com/articles/ASL503VRZL50UTIL017.html

理事長&学長の辞任、常務理事5人全員の解任、内田前監督の全役職
からの解任を要求と云うのだから一揆のようなものか。

★日大の黒い報告書全文を入手 内田前監督の“親方”田中理事長
「暴力団と許永中氏との関係を誇示」
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e6%97%a5%e5%a4%a7%e3%81%ae%e9%bb...

何年か前にネット上で田中日大理事長と暴力団との関係が取り上げ
られて、「えっ!あのヒデが!?」と勘違いして記憶に残った。な
にしろ「田中英寿」と「中田英寿」なんで間違えるわな。

記憶では賀茂が読んだのはこれとは違う記事だったが、当該記事を
再検索できなかったのでこちらのリンクを貼っておく。

★田中理事長と山口組組長のツーショット
http://japa.la/2014/11/19/45990/

ところで本田くん、この問題の根っこの深さを見誤ったかな。

追記
内田氏が常務理事を辞任した。
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%95%e3%83...

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。