これまでの進捗状況

出来た部分

1.探索実装
2.ローカルマシン使用で並列探索
3.対局出来る

これからの部分

1.定跡の組み込み
2.AWS使用で並列探索
3.探索時間配分
4.詰将棋
5.テスト

~~~~~~~~~~

定跡ファイルには 130,182局面 入っていました。

投稿者: webMaster 投稿日時: 日, 10/07/2018 - 13:57 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

学びが足りませんのう

> 静的探索を排除…したいのですが、できるかな?

やっぱり駄目でした。何回でも繰り返す愚か者ですね。打つべし。

…と、なれば残された方策は禁呪しかありませんのう。試行錯誤中。

静的探索を排除

…したいのですが、できるかな?

今晩は…

対局通信部分を作り直しです。打つべし。もっと打つべし。

定跡テスト

定跡だけで指し進めたらこうなりました。

24手

 9  8  7  6  5  4  3  2  1 
ky ke .. ki .. .. .. ke ky a
.. oh gi .. ki hi .. ka .. b
.. fu fu .. fu gi .. fu fu c
fu .. .. fu .. fu fu .. .. d
.. .. .. .. .. .. .. .. .. e
FU FU FU .. FU .. .. FU .. f
.. OH .. FU GI FU FU .. FU g
.. KA GI .. KI .. .. HI .. h
KY KE .. KI .. .. .. KE KY i

{P1: TOTAL=0, FU=0, KY=0, KE=0, GI=0, KI=0, KA=0, HI=0}
{P2: TOTAL=0, FU=0, KY=0, KE=0, GI=0, KI=0, KA=0, HI=0}

これで 12x10秒 = 約120秒 が持ち時間に加算されます。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。