リニア新幹線の構造設計と安全対策

速度、加速度〔加速、減速)トンネル内でのすれ違いを中心にした風圧の検討
等の数値で議論、検討、出来る項目を確認する資料の公開を要求しましょう。
工事に伴う環境問題は結局絶対的基準が乏しい為、充分説明させて頂きました。
補償金問題も解決済みです、等の逃げ口上が目に見えるようです。

1.停止が必要なのは駅に止まる時だけでは有りません、落石、火事、トンネル事故
  等の発生で、緊急に止らざるをえない場合も想定は必要です。
  その場合、どのような制動装置をどのように使って、500km/hから
  150km/hに減速して停止に至る計画だろうか。
  一部資料で、追い越しを考慮したのか、回避線の説明が成された部分を見た亊
  が有りますが事故の場合何処で車輪走行を始めるかは判らず矛盾が感じられる
  説明でした。このわずかな距離で高速運転の傍ら追い抜きをしようとする事に
  無理が有り、途中駅に停車する運行が発車したら最後まで追いつかない間隔
  を取るのが当然だと思います(安易に途中停車を受け入れるべきでは無かった)
2.トンネルのサイズが
  外形14m、車両中心間隔で5.8m車両幅2.9mと公表されていますが
  本当にこのサイズで車両の両サイドに設置される電気系統は、メンテナンス
  スペースを含めて無理無く配置出来るのでしょうか、具体的寸法の公表を!
  又このトンネルに各種のタイミングで上り下りが侵入した時の空気圧による
  横揺れ振動、シミュレーション結果は?
こうした技術資料を第3者専門家が確認出来るレベルで公表すべきでしょう。
JR東海が全額支出でやるのだから問題ない、等と予算の裏付けも取らづ
認可して、既に財政投融資の資金を貸し付けるなどやりたい放題です。
これから計画倒産には特に注意が必要です。

投稿者: NISHIDA422 投稿日時: 水, 05/18/2022 - 21:50 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

歩曼さん応援有難う御座います。

役所やJRなどは何故か新しい事業、工事、が大好きです。
所詮資本主義の構造上、戦争や花火大会のような大型消耗が必要なのは判りますが
安全対策で組織的に手を抜いたり、正確な情報を隠蔽する体質が問題です。
政治家は技術判断出来ないのは仕方有りませんが、かたよった諮問委員会に作為的な意見を出させて物事を運ぶやり方がまかり通る事に、元理系として我慢出来ません。
観光船の調査と言いながら、海水温のDATA確認より、救命胴衣を調べて
お茶を濁す。冬に観光船を出すなら、予備の操縦機能を備えた鋼鉄船しか有りません。
原発再開を狙って、直ぐに止めたら社会がひっくり返るような宣伝をする。
病院その他絶対に電気を止めてはならない所は有りますが、それに準ずる
原子炉を緊急停止した時の崩壊熱を冷やす為の冷却水を送るポンプの為の電源は
誤った安全設計により自動的に停止され、多くの現場職員が命がけで作業しても
水素爆発や炉心溶融を起こすに至ったのです。
蛍の光、窓の雪、とは言いませんが、クーラーでさえ電気では無くガスで働くものが有ります。東電や族議員に騙されないようにしましょう。
リニアは北米のように広くて、地震も無く、竜巻の観測が進んでいる所なら
正しい評価が得られるかもしれません。超電導は面白い現象ですが、磁界の影響を受けるのに、大きな磁界を作る為に利用すると言う微妙な利用法だけに
宮崎での実験線の失敗が徹底的に解明、解決、されている事を祈るばかりです。
(無神論者にこんな事を言わせないで下さい)

リニア

NISHIDAさんのお話を聞くと、どんどんリニアがくだらなく見えて来ますねえ。地下貫通弾丸列車ではディズニーランドのスペースマウンテン類似の娯楽性はあっても、観光とは無縁。名古屋のビジネス的発展に見合う物でも無さげ。

これからでも東北の津波地区に振り向けるヨロシ。
⭕️首都機能移転も含めて文明化は北漸が常識。
⭕️トンネルは政府機関の核シェルターに使える。松代大本営の故事もある。
⭕️技術は、軍事技術として蒸気カタパルトや火薬による発射装置を超える近未来兵器に転用出来よう。
⭕️平和利用も幾らでも有るのではないか。知らねども超電導は超低温技術にも使えるのではなかったか。それならば、ワクチンを備蓄するヨロシ。
⭕️リニア鉄道自体は、これまでの成功を元にして外国に輸出せよ。

因みに東京仙台の新幹線の距離は、東京名古屋と同じ。所要時間は百分だから、リニアで4、50分で仙台に行けるとなると、大変な変化だ。飽和に近い名古屋への付加価値とは桁が違うことになる。途中フクシマにゴマもスレるアルヨ。

(蛇足) ついでにオラが住んでる茨城にも駅作ると良かっぺ。

蛇足の蛇足 そもそもは超低温が超電導に要るのだったかな。ま色々研究開発した筈だから何かの役にたつやろ。

新幹線とリニア新幹線との違い。

新幹線(在来線)は従来の狭軌を広軌に変更して高速化に成功したもので
積雪には弱いものの、ブレーキ能力も判り易く、トンネルもそれ程多く有りませんが、品川ーー名古屋を40分がうたい文句の磁気浮上式リニア新幹線は
80%がトンネル、500km/hから150km/hまでの間の減速は無接触での
ブレーキと言う話で、まさか緊急時でもパラシュートを使う訳ではないでしょうから停止が間に合わない場合どうするのか?
必要性にも問題は有り、でも私はゴミ処理場の必要性は判って居ても近くに作られるのは反対!!等と言っているのでは有りません。地震国日本のアルプスに穴を開けて、それも強度を重視すれば上ぼり、下り、独立したトンネルを作るべき所
経済性に拘ってか一本で上下を通す考え、等、原発でも露呈した安全対策が又しても軽視されているのが腹立たしいのです。
今やTV会議も有り、人が長距離移動する必要性には疑問が有ります。
多分80分短縮しても何人かが揃う為に10~20分時間が掛かれば何にもならない、そんな事は経営者として心配しないのですかね。

北陸新幹線、リニア

前者について。富山駅はどうして取り残されているのでせうか。

以前、新潟県は、土地等を提供しただけの真の通過点(糸魚川駅あれども)で、メリット皆無という話を聞いたことがあります。まあ新潟人はお人好しで欲が無いから、そんなものでございませう。

精神の老化と元々移動が苦手なせいか知らねども、リニアには何故か興味が薄く、まして驚異的な科学技術の成果としてワクワクしたことがありませぬし、川勝氏の賞味期限も切れた感じで、ニュースを知ってもウクライナよりも(精神的距離が)遠い場所の出来事というのが「脳感」ですが、目の前に完成して運用される姿で出現したら、ファンになるやも知れませぬ。気象や地震(被害)予知くらいしか役に立っていないかに見えるスーパーコンピューターの何たらよりはずっと有益やも知れませぬ。

計画を確認した所、2027年に品川〜名古屋が、今までの半分以下の40分になると言う。名古屋のビジネス的発展には役立つのでございませうし、途中はディズニーランドの乗り物のように世界中から乗りに来る人で、観光地としての価値が底上げされるのでせう。一週間前に予約しても取れるかどうかの状態が続きそうです。

技術的な問題についてはお手並み拝見というのが、遠くの住民の立場ですが、安全性は利用者の自己責任として、騒音、電磁波の悪影響、環境破壊は、やって見なければ分からないというのが実態では御座いませぬかなあ。

ただどんなに酷くてもフクシマ程の被害は出ませぬ。大型旅客機の墜落並みの事故は覚悟すべきやも知れませぬが。

更に勉強出来たら補筆しまする。

長野新幹線~北陸新幹線

NISHIDA422 さん、こんばんは。

私の身近で起こったことくらいしか実感していないのですが・・・

8、9年前にこれまで長野新幹線だったのが延伸されて北陸新幹線になりました。 駅で言えば、飯山、上越妙高、糸魚川、黒部宇奈月、富山、高岡、金沢、だと思います。 違ったらすみません。

延伸された頃、私は長野市の少し南で仕事をしていたので、開通した3月某日には長野~富山の2番列車くらいでしょうか、乗りました。

富山駅・・・   最悪!!!   全く完成していない。

少し前に金沢を訪れる機会があって金沢駅も見てきました。 こっちはおそらくほぼ完成していて新幹線が来るのを「待ち構えていた」のです! まぁ当然ですな。

富山駅はあまりにも悲しい状況でした。 以前もと金倶楽部に怒りの投稿を行なっています。 知事と市長が仲が悪いとか富山市民にはどーでもいい。 観光客にたいへん申し訳ない、そんな状況でした。

私はよく利用しましたが、長い間終点だった長野駅は素晴らしい発展を遂げました! 電車に乗る人だけではなく、駅周辺などの住民の買い物や憩いの場になっている。 富山駅にはそんな発想が全く無い。 観光案内を積極的にやるとか免税店を造る・会議場やコンサートホールを造設するとか・・・ 知事も市長も自民系だったはず。 軍師の頭が悪すぎるのでしょう。 富山は大きく信頼を失ったし大損した。

通過点にされるのは辛いです。 最初が悪いと後からいいイメージを持たれません・・・

新幹線、静岡、リニア新幹線

静岡は政令指定都市が二つ(静岡、浜松)も有る本州の臍などとも言われる積雪のほとんど無い土地ですが、JRには馬鹿にされ
、従来は1日30本前後の東京迄70分で行ける”光”が有ったのに今は16本の”光”に減らされ静岡県内には止まらない
”ノゾミ”が”光”の10倍以上通過して行く有様です。もっと悪い事に各駅停車の”コダマ”は走っている時のスピードはあまり
変わらないが、”ノゾミ”の通過まちで何度も止まっている為東京まで90分も掛かるように成った(しかも特急料金は据え置き)
只この件はグチで済みますが
リニア新幹線の件は
 トンネルの崩落は有り得ない(想定外、と呼ぶらしい)、運転士は乗っていない遠隔制御、こんなもの乗れるか!
飛行機事故でも機長の奇跡的好判断で助かった例は数多く発生しているというのに。
何はともあれ、車体と乗客が耐えられる減速加速度の仮定数値とその場合進行方向何Km先の事故に停車が間に合うのか公表して欲しい。
日本は火山も地震も多いのだから、乗客が納得して死ねる
、事故箇所までの距離(又は停止迄の時間)ぐらい知りたい、事故が起きてから想定外と言われたくないです。

リニア新幹線 P2

NISHIDAさん、こんばんは。

私は、鉄道や新幹線は大好きなのですが静岡とかリニアはわかりません。 神奈川に住んでいた若い頃、一回だけ静岡の温泉に宿泊したかな。

大井川やら破砕帯やら。 リニアはほんの少しだけ静岡をかすめ通るだけとも聞きます。 静岡には「害」しかない。

補助金とかあるかもしれないけど、原発同様でrisk v.s. benefit 関係があると思います。

リニアが開通したら乗車してみたいと思っていました。 まぁ 現在本当に必要なのかどうか、それは疑問に思っています。 例えば、本邦ではなくもっと広い国に輸出して売り込むことを前提に実験しているのであれば・・・ 

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。