第67期 名人戦 第4局 羽生善治名人 - 郷田真隆九段 和歌山県高野町「金剛峯寺」

総譜掲載中

http://www.meijinsen.jp/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%89%9B%E5%B3%AF%E5%AF%BA

この所調子がいま一つの羽生名人と我道邁進の郷田九段の対決の場は高野山です。

(戦形予想)郷田九段が後手なので振り飛車はオートパス。いつもの矢倉対決でしょう。

投稿者: webMaster 投稿日時: 金, 05/15/2009 - 06:51 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

ご教示感謝

あの時点でそこまで読んでおられましたか!流石です。
あのときは確か、関根名人の投稿後すぐに羽生名人が▲3四飛を指したので、関根名人ご指摘の変化をあまり深く掘り下げませんでした。
特に「はじめに45同歩も?(47桂を消す)」は、あの時点では意味がよくわかりませんでしたが、今ようやく理解できました。
△4五桂(60手目)~△3三銀(70手目)が本局のハイライトでしたね。すごい応酬でした。
確かに、あそこで▲4五歩は相当読みが入っていないと指せない手ですね。

大山流

47香はその前の

>45同銀、77歩成、22飛成、同金、75角(打ちが抜けていた)
単に77角も?先手飛打ちに何とか耐えられるか?
はじめに45同歩も?(47桂を消す)

の変化で気になっていたもので飛角交換後28飛、39金で受かるかと思ったら47桂でイタタ、、、となるもので偶然発見した。多分羽生も読んでなかったかも?

45歩と指せるのは盤の隅々まで注意が行き届いてる大山くらいのもので普通には無理かも知れん?

封じ手はやはり25銀を考えていたらしいが何かいやな変化があったらしい、、、その後の46歩が出てくれば大正解だったんじゃが?

不調とまでは言わんが予定変更で羽生らしくない気もするが?

関根名人

関根名人も復活されたが,郷田さんも復活されました.あ,目出たいな.

凄い参照数で御座います.中継,解説お疲れ様でした.

関根名人復活?

退院間もなく、体調は万全ではないらしいが、読みの鋭さは相変わらずです。
次の文章は終局直後の関根名人のコメント
「47香に当然58金と逃げたが42角成りがあったか?」
また、以下は、ブランコ様投稿による現地解説のコメント。
「△3三銀をせずにいると先手から4二角成からの一気の攻め込みがあり、後手の攻めが間に合わない」

△4七香の時点で▲4二角成が成立したかは、私の棋力では分からないが、関根名人の終盤の読みの速さ&鋭さは健在である。

最後に

>63手目45銀で用心深い人は45歩と桂か香打ちを警戒して銀を残すが
>駒が前に出る人はしかたない、、、

ここも悩ましい。私などは△4五同銀で3六の銀が働き出したと感じたが、そもそも▲4六歩と突いたのなら、どこかで▲4七銀と引くか、▲5八金(4八金)の一手が必要だったのかもしれない。
先手の3六銀と、後手の3三桂はお見合い状態でどちらも動きが難しかったが、最後は後手の桂馬に軍配が上がったということか!?

承認制

毎日数回は巡回しているので実用上問題は無いはずです...リアルタイムの掲載が望ましい方(あとスレ建てしたい方)は至極簡単な会員登録をお願いいたします。

郷田挑戦者強い

何か変貌したような、強さを感じました。
力を出せば勝てる。こんな気持ちを感じます。

いよいよ、この後が面白そうです。

そうなのか!

>以後は未登録訪問者のコメントは承認制となります。

これは管理人さんの負担が大変になりそう。うかうかと旅行もできなくなりますね。

タイムラグが生じるのはやむを得ないかと思います。

ラグは我慢して欲しいということですね。お手数をおかけします。頑張ってください。

承認制コメント

...のてすと。

以後は未登録訪問者のコメントは承認制となります。よって掲載にはラグが生じますので悪しからず。

時々解除しますのでその際は告知します。

BS放送

例によって福崎さんと井道さんのペアで解説。井道さんが井上和香に似ているとの
好意的なエントリがありましたが、ソウカナー。

でも最初に銀河戦で読み上げや聞き手をやっていた頃は
あかぬけない女の子だというイメージでしたが、最近はよく笑い、声もはきはきと
してきて、TVにもすっかり慣れた様子。これから女流の聞き手として大活躍しそうです。

福崎さんの解説では60手目の△4五桂が勝負手で、68手目の△4七香が勝着の妙手だった
ようです。やっぱりね。郷田さん、強ええや。

我々としては二人に頑張ってもらって、第7局まで縺れることを期待ですね。

検討

棋戦を中継しているときは忙しくてろくに検討できなかったのですが、68手目
△4七香は控え室も、おそらく羽生さんも気が付いていなかった好手だった
ようですね。

この手で郷田さんが勝利を呼び込んだようです。やはりすごい手を読めるんですね。
これまでの不調が嘘のようです。これで調子を取り戻すのではないでしょうか。

おっと、BSの放送開始だ。

テスト

私には、井上和香風に見えたぞ。

テスト

チョットマテー

解説会では

BSの内容のとおり、どちらかといえば先手を持ちたい、で進んできました。8時前まではそうでした。しかし、郷田さんの△4七香から△3三銀で後手勝勢になったのだったように思います。△3三銀をせずにいると先手から4二角成からの一気の攻め込みがあり、後手の攻めが間に合わない、ということでした。

別件.内藤さん、高野山の決戦だったので升田さんのことを語られていましたが、NHK杯蛸島クスクス事件のことを話され、私は大受けでした。どうもそのとき対局者は淡路九段だったんだそうな。

おかえりなさい!

ブランコさん、さぞかし楽しまれたことと思います。私は中継で大変でした。
BSで大盤解説会の模様が映し出されましたが、大勢の人がいたのでブランコさんを
特定できなかったのは残念。たぶん帽子も脱いでいた?

観戦していた感じでは、終盤に郷田さんが直線一気に差し切った印象です。
大盤解説会ではどのような解説がなされたのか、知りたいところ。

総譜(ミスの防止)

棋戦:第67期七番勝負第4局
先手:羽生 善治名人
後手:郷田 真隆九段

▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金
▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩 ▲2八飛 △9四歩
▲9六歩 △7二銀 ▲3八銀 △3四歩 ▲2七銀 △8六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8五飛 ▲6八銀 △7四歩
▲3六銀 △7五歩 ▲5六歩 △3三桂 ▲4六歩 △4二銀
▲6六歩 △7三銀 ▲6七銀 △7四銀 ▲7六歩 △同 歩
▲同 銀 △8四飛 ▲6五歩 △7五歩 ▲6七銀 △6二金
▲5五角 △7三桂 ▲7七桂 △1四歩 ▲1六歩 △5四歩
▲6六角 △6五桂 ▲1五歩 △7七桂成 ▲同 角 △6五銀
▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △7六歩 ▲8六角 △4五桂
▲3四飛 △3一歩 ▲4五銀 △9九角成 ▲5七桂 △6六銀
▲6五桂 △4七香 ▲5八金 △3三銀 ▲4七金 △3四銀
▲同 銀 △6七銀成 ▲同 金 △2八飛 ▲4八金 △7七馬
▲同 金 △同歩成 ▲5二銀 △同 金 ▲7三角 △6一玉
▲8四角成 △6八銀
まで86手で後手の勝ち

一人楽しんできました

反省しました。ほんとです。
特にみなもとさん、お疲れさまでした。
管理人様の業務を軽くするためにこの後総譜でも。

SMIの順番で解説会に。私は何の邪念も妄想もありませんでした が、扇子だめでした(涙)。

後手の勝率

お邪魔します、副社長です。
去年から後手の勝率が高く、本名人戦も連続で後手の勝利。どうしてこんなに後手が強いのか?たまたまなのか?なんでなんでしょう。。。素人ですみません。

改めて3番勝負!

みなもとさん、情報をありがとうございます。 私は全く参加できなかった・・・

途中からは全く追えなくなりましたが、一直線の寄せが決まった感じがします。 和菓子&抹茶の呪は本当だったのでしょうか?! 郷田九段の決断が良かったのでしょう。

改めて3番勝負になりました。望ましい展開です。応援団のみなさんもお疲れさまでした。

68手目

47香に当然58金と逃げたが42角成りがあったか?

同玉、53銀、同金、同桂成、同玉、65桂、42玉に54銀で飛の素抜きを見てどうだったか?

63手目45銀で用心深い人は45歩と桂か香打ちを警戒して銀を残すが駒が前に出る人はしかたない、、、

郷田さん、勝利! (84~86)

△6一玉 ▲8四角成 △6八銀 まで、86手で郷田さんの勝ちです。

郷田さん、珍しく4分も残して勝利しました。最後は即詰ですね。
これで名人戦は4局続けて後手番の勝利です。珍しいシリーズになりました。
第5局はさすがに先手番が勝つのでは?まだ先の事ですが。

▲5二銀 △同金 ▲7三角 (81~83)

控え室で検討されていた手。棋譜コメント。

▲5二銀△同金▲7三角は△6二桂で大丈夫。

△7七同歩成 (80手目)

どうやら、郷田さんの勝ちになったようです。羽生さん、最後の考慮か。

△7七馬 (78手目) ▲同金 (79手目)

どうやら郷田さん、読み切ったか。控え室の検討では▲同金でも▲同角でも
郷田さんの勝ちとなっています。そんなに難しい局面でもない

△4七香(68手目)

先手玉が一気に狭くなった。
相居飛車戦らしい激しい攻め合い。面白い

△3三銀(70手目)
飛車は渡せないが、逃げるようでは・・・

棋譜置き場②

68
△4七香

難解な戦いになってきました。

69ー70
▲5八金 △3三銀

71-77
▲4七金 △3四銀 ▲同銀 △6七銀成 ▲同金 △2八飛 ▲4八金
「郷田勝ちです」という声があがっている、そうです。

巧妙

>65~67
▲5七桂 △6六銀 ▲6五桂

66銀の質を取って53銀?居玉の将棋は疲れる、、、?

凄い手

▲5七桂~6五桂は凄い手です!
弱点である自玉の頭に駒を呼び込んでいます。
互いに玉頭に殺到しそうですが、先手の攻め駒の方が急所に利いているか?

4五桂がいい手に見えましたが。

みなさんこんばんは。

60手目の4五桂は、軽快な感じで感触がいいと思いましたが、羽生名人が読んでいないはずがない。3六銀がようやく4五へ。難しいですが、先に駒得をした後手がゆっくりした展開に持ち込めば(無理かな?)優勢になります。3一歩はいい手ですね。ただ、左翼からの攻めには堅いですが、右翼から攻められるとカベになりそうです。後手はゆっくり飛車を捌けるか。

片上新六段のブログをみてきました。 ついに羽生名人のおやつに和菓子と抹茶が出たようです。 これは郷田九段の勝ちでしょう!

難解

▲3四飛は難しい手ですね。
関根名人が言われたように、△3一歩との交換は、後手が得をしたのでは?
後手陣に離れ駒がなくなったとみるか、左辺が壁になったとみるかは微妙ですが、、、

棋譜置き場 

私の方が夕食休憩です。しばらくコメントを控えて棋譜だけを掲載。

65~67
▲5七桂 △6六銀 ▲6五桂

45桂

外しついでの勝手読みでは

45同銀、77歩成、22飛成、同金、75角、
単に77角も?先手飛打ちに何とか耐えられるか?
はじめに45同歩も?(47桂を消す)

と思ったら手が進んだ。31歩が固い。後手得したか?

▲3四飛  △3一歩  ▲4五銀  △9九角成 (61~64)

金取りに飛車を寄ったところです。これは郷田さん受けるしかない。
ということで△3一歩。なんだか危なっかしい手に見えます。

郷田さんも9九角成で攻め合い勝負ですね。

羽生さん、長考中

BSの内藤9段解説では羽生さん持ちのようでした。少し羽生さんの方がいいのか?

郷田さんの角道もようやく通ったので、これからの勝負のようにも思えますが。

羽生さんがここで長考。▲4五同銀では△7七歩成からの大決戦?それを警戒しているのか。

△7六歩  ▲8六角  △4五桂(58~60)

BSで見ました。いまネットでも更新されました。

郷田さん、攻め合いですね。控え室でも検討されていた手。

棋譜コメントを紹介。

現局面から△7六歩▲8六角△5五歩という順も検討されている。

しかし、郷田さん、60手目は△4五桂でした。

夕食休憩

サンドイッチではなく、野菜の煮物やてんぷら、豆腐とレンコンのおひたしなどを
中心とした精進料理です。タケノコやシイタケや豆腐がおいしそう。

BS2の放送も始まりました。がっ、郷田さんはずっと盤の前に貼り付いている。
夜食を取る気はなさそうです。頭の中が沸騰しているんだろうな。

福崎9段と井道さんの解説も開始。井道さん、少しダイエットした方がいいかも。
こんなことを書いたら即退場かな。

郷田さん、長考

このまま、夕食休憩まで行きそうな雰囲気ですね。△2三歩と打ちたいが、▲3四飛と
寄られて、3三の桂馬が捌けそうになく(3二の金が浮いているため)、従って
角もうまく捌けなさそうです。

△3三桂は28手目の手。これがいまだに負担になっているのは郷田さんの誤算かもしれない。

▲2四歩 △同歩 ▲同飛 (55~57)

羽生さん、郷田さんの角頭を狙ってきました。いつかはあると思っていたが、
このタイミングですか。棋譜コメントを紹介。

△2四同歩▲1四歩と取り込んだときに▲2三歩△同金▲1五桂の筋ができる。

これぐらい分かっていますよお~。しかし郷田さん同歩と取らないわけにもいかない。

あらっ!バタバタと手が進みました。

1筋と7筋で戦い (52~54)

△7七桂成 ▲同角 △6五銀

▲1五歩を△同歩とは取らなかった。取れば▲1三歩 △同香 ▲6五桂 △同銀
▲2五桂の攻め筋がありそうです。

控え室では「後手の駒に勢いが出てきた」とのことですが、相変わらず角が使えない。
これで後手が良くなるとは思えませんが…

狙い?

桂馬を入手して、▲1四歩~2六桂の筋を狙っているのではないでしょうか?
歩の枚数が足りない気もしますが。

▲1五歩 (51手目)

▲同桂の一手ではないと思っていましたが、思いもかけず端歩を突っかけていきました。

う~ん、不思議な手だ。何が狙いなのか、しばらく考えてみます。

fdさ

fdさ

△6五桂 (50手目)

郷田さん、桂を跳ね出しました。羽生さん、ここで小考。同桂の一手ではなさそう。
結局同桂と取るかもしれませんが。

戦いが始まった (48~49)

△5四歩 ▲6六角

△5四歩は突きたいところ。▲6六角はここしか行き場がない。
どうやら桂交換になりそうですね。▲1五桂を避けた△1四歩だったのか?

▲1六歩 (47手目)

やっぱりね。簡単には△1三角とは出させないという手ですかね。

それに他に有効な手も見当たらないし、両者、様子見といったところか。

△1四歩 (46手目)

郷田さん、端歩を突きました。こちらから角を活用する狙いか。

私もこの手は考えていました。角を使わないことには、郷田さんもうまくない。
しかし、羽生さんも郷田さんの角を封じ込めるために、端歩を突き返すかもしれない。

早くなってきました (43~45)

おやつを食べて元気になったのかな?

▲5五角 △7三桂 ▲7七桂

どうやら激闘が開始されそうです。両者とも居玉のままだが、大丈夫なのかしら。

▲6七銀 △6二金 (41~42)

当然この一手です。棋譜コメントを紹介。

“ここから△6五銀としたときに、「▲2四歩△同歩▲2五歩があるかもしれません」
と阿久津七段。以下△2五同歩▲同銀△同桂▲2二角成△同金▲2五飛で
金銀両取りがかかる。”

おっ!ここで郷田さんは金を活用してきた。よさげな手に見えますが。

午後のおやつ

羽生さん、▲6七銀の一手だと思うのですが、なかなか指さない。もしかして、おやつを
食べている?

両対局者の15時のおやつは杏仁豆腐とホットウーロン茶
おいしそうな杏仁豆腐の写真がアップされております。うえに葉のついたイチゴが
のっています。ほんまにおいしそうや。一番下にはアイスクリームが入っている
ようですね。

突っ張り

▲6五歩は突っ張った手ですね。
△7五歩には、▲6六角ということでしょうか?
局面が緊迫してきました。

▲6五歩 △7五歩 (39~40)

ほぼ1時間かけて羽生さんが指しました。角筋を通して当然の一手ですが、
なぜこんなに時間がかかったのかな?

郷田さんの△7五歩に対する対応を考えていたんですかね?
と書いていたら、郷田さんは早速△7五歩。
これからは早くなりそうです。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。