第67期 名人戦 第5局 羽生善治名人 - 郷田真隆九段 秋田県秋田市「秋田キャッスルホテル」

総譜掲載

http://www.meijinsen.jp/

2-2は観戦ファンとしては理想的な展開となってきました。不調と危ぶまれた郷田九段は名人戦には見違えるように復調...それとも名人戦のみに集中なのか?第4局では羽生名人にいい所が無かったので次回での奮起を期待します。

立会:島 朗九段
毎日副立会:豊川孝弘七段
朝日副立会:行方尚史八段
記録係:鵜木 学三段

投稿者: webMaster 投稿日時: 土, 05/23/2009 - 00:59 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

名人位

前提として、小生がかんがえる現在の超一流棋士は次の通りである:

羽生名人、谷川九段、森内九段と佐藤九段である。

超一流棋士でない方が、時の第一人者の名人戦に挑戦し、あと一歩まで迫ったが、名人位に手が届かなかった二つの例がある。

一番目は、1975年の大内九段が中原名人に挑戦した場合である。3勝2敗とリードし、第6局は負けたが、最終第7局は、一日目に大内九段が勝勢であった。当時この局面からアマ初段の方でも勝てるといわれた局面であった。しかし大内九段はしくじり千日手となった。別に日に指した第7局は中原名人の完勝であった。

二つ目は、1992年高橋九段が中原名人に挑戦した例である。3勝1敗とリードした。これから高橋九段は3連敗した。

成功したのは、1982年加藤九段が中原名人から名人位を奪取したときである。

郷田九段は超一流棋士でない。3勝2敗とリードしたが、これからが正念場である。今年度負け越している羽生名人の不調が気になるが、いずれにしても名人位が富士山の頂上とすると、今四合目か五合目に到達しただけのように思える。

ではどうすれば?

まず24飛が成立しているのか?銀私案として(単なる思い付き)23歩、34飛に33歩か33銀。
飛を逃げると88角成で一時間で終了してしまう。
角を取るしかなく飛角交換。それから駒組みに移り角打ちに注意(22歩から31角くらいしか見えないが?)すれば飛を警戒する先手が苦しいか?

23歩に25飛と角成りに85歩で止めるのも考えられるが飛を取る間に金銀桂香を取られてダメかも?

郷田名人も悪くもないが強い羽生も見たいか、、、?

郷田9段

これで4連勝のはず。完全に復調したか。やれやれというところです。

負け越しで横綱ということにならなくてよかった。

やはり大局観か

関根名人も羽生さんの大局観を心配しておられる。

関西の将棋界では、久保、山崎、畠山の勉強会で既に昨日のうちに
結論が出ていた模様。羽生さんの大局観に問題があったか。

いままでBSを観ていました。郷田さんの落ち着きが勝因のようです。
う~ん、羽生さん、どうしたのかな?

お疲れ様、、、

やはり大局観が少しおかしくなってるような気もする?

はじめの24飛が意表を突かれたか?33桂が緩手、23銀は悪手の気も?
立て直すのに一日かかり解説のしようもなかった。
悪手の後はいくら羽生でも粘りがきかん。

渡辺3連敗のときのような開き直りがあれば、、、?

心労

中継,評論お疲れ様でした.

>(羽生さん)対局過多で疲れているのかなあ

そんな情けない人ではないと信じて居りまする.もし不調,乱調であるとすれば他に重い心労があると思いとう御座いまするな.

郷田勝った,勝った,バンザーイ.(ちとはしたないかしらん.)

感想戦後

*73手目、郷田九段がずっとよしと言われていた局面から羽生名人が追い込んで、五分五分ではないかとも言われていた局面。残り時間は郷田58分、羽生1時間9分。ここから羽生名人は(1)△3二龍と逃げました。以下▲4六馬右△4五銀▲3五馬△3四銀▲2六馬△2五銀▲3七馬右と郷田九段が千日手模様を回避して、優位に立ちました。代わりに(2)△1四龍が優ったようで、これならばまだ先の見えない戦いが続いていたようです。

だそうです。羽生さん、執念で持ち直してきた場面での逸機、残念でした。でもファンとしては、その場面まで来たことがよかったです。

※めずらしい夜中のかぶりです!

感想戦

越中さんの言う通り、郷田さん圧勝、羽生さん完敗の一戦でした。名人戦でこれだけ大差の
将棋は珍しい。BS放送の最後の方で中村さんと行方さんが言っていた通り、最後には羽生さんの指す手が無くなってしまった感じですね。郷田さんの2枚の馬に完封されてしまった。

最近の羽生さん、どうも大局観が狂ってきているようで心配です。この前の王位戦、対渡辺戦
でも、最終盤に指し手を間違い即詰み。本局でも序盤30手目△2四銀と飛車の方を取り、
郷田さんの▲5三角成を許し、馬を作られてしまったこと。74手目、△3二龍と引き、龍が
隠居状態になったこと。駒が前に出る棋風の羽生さんなので、てっきり△1四龍と思っていた
のですが、意外でした。

う~ん、やっぱり、対局過多で疲れているのかなあ。ちょっと心配です。

おっと、

みなもとさん、ブランコさん、ありがとうございました! また、お疲れさまでしたぁ~っ!

久々に盤駒を出して並べました。 時々、こいつらも出してやらないと怒るかもしれませんね。

・・・ホントに終わっちゃったんですか?

序盤に戻って、中盤になって・・・ 終わってしまった・・・ 郷田九段の中押し勝ち。

逆転は難しいと思っていましたが、この一局はほとんど将棋になっていませんね・・・ それだけ郷田九段が充実しているとも言えますが。

これだけ大差なのも名人戦では久々ではないでしょうか。 仕方が無いとも言えますが、私個人としてはこんな結末に「なり易い」戦型を避けて頂き、相矢倉とかオーソドックスな対抗型にして欲しいとすら思います。

まあ、羽生名人があと2連勝するかもしれないし、郷田新名人もいいと思います。 次は濃密な内容を期待したいです!

終っていた

申し訳ない。総譜の続き(ミスの防止対策、92~137完)でもどうぞ。

△6一玉 ▲2六馬 △6三歩 ▲3六馬 △6二金▲8七銀 △5三歩 ▲9六歩 △7二玉 ▲6八玉 △5二龍▲6六馬 △6四飛 ▲4六歩 △9四歩 ▲7五馬 △4四飛▲4七銀 △5一龍 ▲4五歩 △5四飛 ▲4六銀 △3二金▲6五馬 △2五歩 ▲5八金 △2四飛 ▲3四歩 △同 飛▲3五銀 △8四飛 ▲3四歩 △同 銀 ▲同 銀 △同 飛▲3五銀 △2七銀 ▲4六馬 △3五飛 ▲同 馬 △3六歩▲4四歩 △5四銀 ▲4七馬 △4四歩 ▲3四歩
まで137手で先手の勝ち

郷田さん、勝利! (128~137)

△2七銀 ▲4六馬 △3五飛 ▲同馬 △3六歩 ▲4四歩
△5四銀 ▲4七馬 △4四歩 ▲3四歩

羽生さん、力尽きました。郷田さん、29分を残しての堂々の勝利です。
とりあえず、棋譜報告。

帰宅して盤駒を並べました。

みなさんこんばんは。

みなもとさん、ブランコさん、本当にありがとうございます。 自宅に帰り、今115手まで盤駒を並べました。もう頭の中では全く並びません・・・

これ、羽生名人が何とか戦える形に修復してきた感じがします。期待通りの展開か? やっぱりプロのトップは簡単には良くならないし、みっともなく負けることも無い。 しかし、素人とか小学生が喜びそうな将棋だ! が、これが奥ゆかしい。

例えば、この一局が「経済効果は5000万円です」と言ってみた、とします。将棋を知っているかどうかは別として、おっさんを中心に「何だそりゃ~ぁ」となるのではないかと思います。 私にはそれくらいの価値があります。

一瞬で終盤に突入と思いきや、序盤に逆戻り。 「一瞬の終盤」で優勢だった郷田九段には、萎えず腐らず立ち直って欲しいところです! 羽生名人は、懐が深いからな~ 追い上げる気迫は一番でしょう。

贅沢な要求で申し訳ありませんが、棋譜を下さい!!!

棋譜(125~127)

▲同 銀 △同 飛▲3五銀

*「ここで投げるのもひとつの手ですか。どんどん形勢が離れていきますからね。しかしここまでがんばった人だから、投げないんだろうなあ」(中村九段)
「「去年の森内-羽生の大逆転より、逆転のイメージがわいてこない」(東京・将棋会館で観戦中の佐藤紳哉六段)

だそうです。途中がわかりませんが。
すいません。用事が入りました。
終局に間に合うかどうかです(涙)。

うろちょろ飛車 (116~127)

羽生さんの飛車が四段目を行ったり来たり、お馴染みうろちょろ飛車となり果てています。
それにしても指し手が早い。

△2五歩 ▲5八金 △2四飛 ▲3四歩 △同飛 ▲3五銀
△8四飛 ▲3四歩 △同銀 ▲同銀 △同飛 ▲3五銀

郷田さんの手厚い指し手が目立ちます。
ありゃ、またブランコさんと被ってしまった。私はこれから夕食休憩。
ブランコさん後をお願いします。

棋譜(116~124)

△2五歩 ▲5八金 △2四飛 ▲3四歩 △同 飛
▲3五銀 △8四飛▲3四歩△同 銀

早指し (103~115)

両者ともとても早い。とりあえず棋譜報告。

▲6六馬 △6四飛 ▲4六歩 △9四歩 ▲7五馬 △4四飛
▲4七銀 △5一龍 ▲4五歩 △5四飛 ▲4六銀 △3二金
▲6五馬

郷田さんがじわじわと羽生さんの陣に迫っている感じです。

テレビ映り

>豊川流おやじギャグ

愚も別の競技でボランティアをやった大合同イベントで見掛けたときの豊川さんよりも随分いい男に映ってましたな.ギャグは控え目だったようで御座います.

それよりも清水さん,大分顔がすっきりして,霊様が棋界一の美人といった意味がギャグでなく分かるような気もしました.もっとも霊様の好みとは離れる方向かも知れませぬ.まあさすがに女流第一人者ではありましたな.

盤駒出して並べながら観戦しましたが,(清水さんの真似をして?!)将棋の中身には触れませぬ.歩歩歩

無論千日手にはドキッとしました.

そうそう,本局は郷田さんのほうがテレビ映りで羽生さんに勝っていましたな.カメラが横からだからいいのでせうか.

また忙しくなってきた! (92~102)

対局再開。バタバタと手が進んでいます。忙しいことになってきた。

△6一玉 ▲2六馬 △6三歩 ▲3六馬 △6二金 ▲8七銀
△5三歩 ▲9六歩 △7二玉 ▲6八玉 △5二龍 

羽生さん、居玉は解消したが、依然とした悪形のまま。郷田さんには指したい手が一杯。
▲6八玉には「いやあ、カラい!」と控え室の声。羽生さんも根性の粘り。

夕食のサンドイッチ

写真がアップされました。カツサンドとミックスサンドですね。
美味しそうですが、量が少ない。本当に二口、三口で食べ終わりそう。

ほんの束の間の休憩という感じです。

BS放送中に

32手進みましたか。いやあ、ものすごく忙しかったです。放送終盤で中村さんも行方さんも
郷田さん良し、で一致していました。羽生さんに思わしい指し手がないようですね。

羽生さんも自陣の凝り形をなかなか解消できないようです。コマネチか…
豊川流おやじギャグがぴったりかもしれません。

途中まで総譜(~91)

棋戦:第67期七番勝負第5局
先手:郷田 真隆九段
後手:羽生 善治名人

▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲3四飛 △3三角 ▲3六飛 △2二銀 ▲5八玉 △8四飛 ▲2六飛 △8八角成 ▲同 銀 △4四角 ▲2四飛 △3三桂 ▲5五角 △2三銀 ▲4四角 △2四銀 ▲5三角成 △2七飛 ▲2三歩 △5二歩 ▲7五馬 △4四飛 ▲8二歩 △同 銀 ▲1八角 △2五飛成 ▲6三角成 △7一金 ▲6六馬 △9四飛 ▲2二歩成 △同 金 ▲2六歩 △同 龍 ▲6五馬 △6二歩 ▲3六馬 △1五龍 ▲7七桂 △3五銀 ▲1八馬 △8三歩 ▲4三馬 △2四龍 ▲3六歩 △4四銀 ▲2八馬 △4五銀 ▲2五歩 △2三龍 ▲5五馬 △3四銀 ▲4四馬引 △4三歩 ▲2六馬 △2五銀 ▲3五馬 △3四銀 ▲2四歩 △3二龍 ▲4六馬右 △4五銀 ▲3五馬 △3四銀 ▲2六馬 △2五銀 ▲3七馬右 △2六歩 ▲3八銀 △2四飛 ▲4六馬上 △8四飛 ▲3七桂 △3四銀 ▲3五歩 △2三銀 ▲3六馬

夕休

今回は郷田さんも6時2分には休憩に入ったそうです。
サンドイッチタイムです。
残りは48分-34分
わたしも、7時半まで中座します(涙)。

棋譜は前進です(82~91)

△2六歩▲3八銀△2四飛▲4六馬上△8四飛▲3七桂△3四銀▲3五歩△2三銀▲3六馬

でも銀が撤収してしまった。
郷田よしにまた傾いているような感じです。

回避(81)

▲3七馬右

みんな絶賛。
郷田さん、大好きです!今後も何があっても一生応援します。
しかし郷田さんには勝ち筋が見えているのかも知れませんし、羽生さん・郷田さんの将棋は何があってもおかしくないと見ます。

豊川さん、ウヒャー (74~78)

△3二龍 ▲4六馬右 △4五銀 ▲3五馬 △3四銀

羽生さんは龍を引きました。ちょっと意外。▲4六馬右に豊川さんがウヒャーの声。
△3四銀に控え室は大騒ぎ。「8割、9割千日手です」(村山五段) ウヒャー!!!

ひょっとすると2(74~80)

千日手???
*千日手が成立した場合、規定によれば1時間以内に指し直し。
ぎゃあああああぁぁぁぁぁ...

△3二龍▲4六馬右△4五銀▲3五馬△3四銀▲2六馬△2五銀

ひょっとすると

逆転かも。
そうならすごい将棋です。
*NHK衛星放送には、豊川七段が登場。羽生名人の緩急自在の指し回しに言及した後、「後手持ち」の見解。

素人目に、先手が馬2枚だけなのに対して、後手は桂と銀もよく利いてきました。

▲2四歩 (73手目)

龍の頭を歩でたたいた局面。龍は3二か1四か。後手も忙しい局面。

早すぎる

もう訳が分かりません。
(頭の中の盤面が消えました)
あとは、みなもとさん&ブランコさんのコメントで雰囲気を感じ取るようにしよう

早い! (72手目)

△3四銀

両者とも残り時間をかなり意識しているのではないかとの意見。
そうかもしれない。とにかく忙しいです。

忙しい (68~71)

両者とも指し手が早くなってきました。中継泣かせです。

△4三歩 ▲2六馬 △2五銀 ▲3五馬

郷田さん、ちょっとやりそこなったかという、中村さんと島さんの意見です。

△3四銀 (66手目) ▲4四馬引 (67手目)

相変わらず郷田さんの指し手が早い。BSでは島さんが登場。彼の形勢判断では、五分五分では
ないかとのこと。解説者によって意見が分かれております。

郷田さん、指し手が早い (62~65)

△4五銀 ▲2五歩 △2三龍 ▲5五馬

羽生さんの△4五銀に対して間髪をいれず、▲2五歩、そして△2三龍に対してもすぐに
▲5五馬。読み筋なのかな。BSは文字通り、ライブ中継なので忙しいです。

つまり

羽生さんは2二の金、4四の銀、7一の金、8二の銀、9四の飛をなんとかしないといけない。
盤上で唯一有効な駒が2四の龍ですが、これだけでは如何ともしがたいですね。

5二と6二の歩も情けない形。どうやればいいんだろう?棋譜コメントを紹介。

「後手陣は不満を言ったらキリがありません。羽生名人はどうやってまとめるのか。
普通の棋士ではまとめられません。はっきり言って」(中村九段)

▲2八馬 (61手目)

馬の利き筋を変更しました。指したい手がほんまに山ほどありますね。

羽生さんの方は気になるところが山ほどある。

△4四銀 (60手目)

控え室の検討通り、こちらの方に逃げました。次は▲3七桂が予想されていますが、
郷田さんどうするか?中村さんの解説によれば、指したい手が山ほどあるそうです。

BS放送開始

中村修9段の形勢判断によれば6:4で郷田さんが良さそうとのこと。

なにせ羽生さんの陣形が酷すぎますからね。郷田さんが時間に追われて慌てなければ
勝利をものにできると思います。郷田さん、時間との戦いか。

なるほど

△3五銀~△2四竜で後手の駒も働いてきましたね。
あとは9筋の飛車が世に出てこれば、駒の損得はないだけに簡単ではないか!?
ただ、後手は5,6,8筋に歩を打てないので、攻めはかなり限定される。。。

△2四竜 (58手目) ▲3六歩 (59手目)

控え室で推薦されていた手。どうやら長い戦いになりそう。

夜霧よ~今夜も有り難う~ いやあまり有り難くない。

そうこうしているうちに、59手目▲3六歩。控え室では▲3八金が検討されていたが、
これは当たらなかった。

熟考の末(58~59)

△2四龍

有力といわれている24竜としました。
*「厳密に言えば先手がいいんでしょうけれど、流れなどを考えれば僕は後手を持ってもいいかな、と思います」(豊川七段)

▲3六歩

といきましたが、控え室ではじっくりと38金か、と言われていたようです。

やられた

偏食&アクジキコメントによって私の客観的コメントが阻害されてしまった!

△8三歩(56手目)

後手の歩がどんどん後退している。
しかし、これだけ低く構えられると、先手も攻略するのは容易ではない。
ただ、後手からの厳しい攻めがないので、先手は慌てずジックリと指すのが大切。

後手徹底抗戦(55~57)

▲1八馬△8三歩▲4三馬

後手は52、62、83と歩を打ちました。

*ここで(1)△4六歩▲同歩△3六歩はじっと▲4八銀で、後手動きすぎか。有力とされているのは(2)△2四龍、以下▲3六歩△4四銀▲3五歩△同銀▲3四歩ならば、△4二歩▲5四馬引△3四龍▲8一馬△3六歩が変化の一例で、これは後手がいい。

昼ごろのことを思えば後手にとって夢のようなコメントです。

午後のおやつ

午後のおやつは、両者ともにフルーツの盛り合わせ。ええと、マンゴーとサクランボ(佐藤錦?)、
アメリカンチェリーとブラックベリー?小さい奴が何かちょっと分からない。

△3五銀 (54手目)

予想されていた手。かなり難しい戦いになってきた。棋譜コメントを紹介。

「夜の戦いも相当に盛り上がるんじゃないですか」(島九段)

持ち直したというよりは

△5二歩、△6二歩と涙涙の辛抱をしているので、2枚の馬だけでは、先手も簡単に攻めきれないだけに見えます。
後手からの攻めはないので、先手はジックリと攻め駒を補充していけば十分ではないでしょうか?

▲7七桂 (53手目)

6五の馬にヒモをつけながら、桂馬を跳ね出したところ。次は△3五銀が予想されています。

羽生さんがやや持ち直したか?

持ち直したか(53)

▲7七桂

という意見があります。

おそまきながら

昼食の写真を見てみました。羽生さんはシーフードパスタで、エビが何匹もでんと乗っかって
おります。谷川さんならアレルギーを起こしそう。他にサラダとケーキのデザート付。

郷田さんは稲庭うどんですが、他にもライスとてんぷらの盛り合わせやおひたし、おしんこ
つき。なかなか豪勢ですな。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。