「なせば成る・・・」について

平田篤胤 とありますが、上越に旅行したとき知ったのですがこれは上杉鷹山の句ではありませんか?

Wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%9D%89%E6%B2%BB%E6%86%B2#.E4.BA...

ちなみに竜王戦で有名な「龍言」は上杉景勝と直江兼続生誕の地、六日町にあります。

投稿者: high 投稿日時: 土, 07/31/2010 - 09:57 categories [ ]

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。

...と言う訳で(?)

ここの標語(?)も掲載してから3年超ですので、これを機に刷新しますか...

high様、ご指摘ありがとうございました。以後間違い・疑問点を発見したらお知らせください。

番外編

「なせば成る、なさねば成らぬ何ごとも…」のフレーズを聞くと見ると
「そ~れがロボットロボ根性♪」と脳内自動再生される特撮大好き少年だったワタクシです

http://www.youtube.com/watch?v=TkN90_iS9CM

出典について

上杉家文書(国宝)と出典が明らかであり、上杉神社に鷹山像とともに歌碑があるとのことです。

鷹山像 奥に歌碑が見える
http://ameblo.jp/jazzbluecafe/image-10393783709-10314700074.html

歌碑
http://ameblo.jp/jazzbluecafe/image-10393783709-10314700075.html

出典論争を拝見して

名言や金言は、原出が他にある(日本の場合はしばしば漢籍)ということも多々ありますので、あまり突っ込んで考えても仕方がないと思います。武田信玄の風林火山も出典は孫子ですし、中国の韓信将軍の「狡兎死して走狗烹られ、飛鳥尽きて良弓蔵われ、敵国破れて謀臣亡ぶ」も范蠡の言を改変したものですが、韓信将軍の例の方が有名になっています。その人「も」言った、書いたという事実があれば、それで充分なのではないでしょうか。

わっほんとだ!

すいません。
なせば・・・ は辞世の句ではなく「遺言・御遺訓」と書かれていました。
反省しました。ほんとです!

辞世は

平田篤胤の辞世は
「思う事の一つも神に勤めをへず けふや罷るかあたらこの世を」
で、これは間違いないと思います。

更なる探求

http://porta.ndl.go.jp/service/servlet/Result_Detail?meta_item_no=I00001...

『米沢藩主上杉鷹山公(1751~1822)の遺訓の中に、「なせば成る なさねばならぬ何事も 成らぬは人の なさぬなりけり」とあります。』

『国学者、平田篤胤(1776~1843)の歌に「為せば成り為さねば成らず成る業を成らずと棄つる人のはかなさ」』

...あ~面倒じゃ。別のものに変えようかな?

high様、ようこそ!

ここでは

http://sekihi.net/stones/4375

「なせば成る、なさねば成らぬ何ごとも、ならぬは人のなさぬなりけり」 平田篤胤...とありますので...はて?

上杉鷹山
「生せは生る 成さねは生らぬ 何事も 生らぬは人の 生さぬ生けり」
「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり」

...とは微妙に言葉使いが異なり、更に調べると本歌は

武田信玄
「為せば成る 為さねば成らぬ 成る業を 成らぬと捨つる 人のはかなさ」

...となるらしい。むむむ...

わっほんとだ!

highさん初めまして。海神ブランコです。

でも別のところで、この句は平田篤胤氏の辞世の句とも書いていました。

コメントの表示オプション

お好みの表示方法を選択し、「設定の保存」をクリックすると、表示方法を変更することができます。